各球団が来季に向けて秋季キャンプで現有戦力の底上げを図る中、トレードも補強戦略の1つだ。今年は開幕前に巨人とヤクルトの間で田口麗斗と廣岡大志のトレードを敢行。ロッテはシーズン途中にトレードで獲得した国吉佑樹、加藤匠馬が優勝争いを繰り広げるチームに不可欠な戦力として活躍した。

 復活が待たれる阪神・藤浪晋太郎は依然として他球団の評価が高い。高卒1年目から3年連続2ケタ勝利とエース格として稼働したが、制球難に悩まされて投球フォームを崩すと、その後の17〜20年の4年間で計9勝のみ。

 今年はオープン戦で快投を続け、プロ9年目で自身初の開幕投手に抜擢されたが、制球が不安定で4月下旬に登録抹消された。その後は救援に配置転換されたが結果を残せず、9月に登録抹消されて以降はファーム暮らし。21試合登板で3勝3敗4ホールド、防御率5.21と不本意な結果に終わった。

「パリーグの複数球団が調査していると聞いています。藤浪は巨人からロッテに移籍して輝きを取り戻した沢村拓一(レッドソックス)と重なる部分があります。制球難は技術的な問題が当然あると思いますが、精神的な部分も影響しているように感じます。環境を変えることで劇的に変わる可能性がある。あれだけのスピードボールを投げられる投手はなかなかいない。同期入団の大谷翔平(エンゼルス)に引けを取らない潜在能力を秘めているので、このまま伸び悩むのは惜しい」(スポーツ紙デスク)

 他球団が今季途中にトレードで調査をしていたのがソフトバンク・武田翔太だ。高卒ルーキーの12年に8勝1敗、防御率1.07をマーク。15年に13勝、16年に14勝とエースへの階段を順調に駆け上がっていたように見えたが、近年は度重なる故障に加えて好不調の波が激しく、先発ローテーションに定着できていない。今季は12試合登板で4勝5敗、防御率2.68。7月10日にファーム降格すると、再昇格しないままシーズンを終えた。

「縦に大きく割れるドロップカーブ、縦と横の2種類のスライダーを軸にした投球スタイルで良い時は手も足も出ない。ソフトバンクは先発の軸として稼働したマルティネスが退団したので、武田をトレードで出すことは考えづらいですが、他球団に行けばエースで復活する可能性を秘めた素材です。出血覚悟で欲しい球団は多いでしょう」(スポーツ紙記者)

 野手では俊足巧打が持ち味のDeNA・神里和毅の評価が高い。プロ2年目の19年に自己最多の123試合出場で打率.279、6本塁打、15盗塁をマークするなどリードオフマンとして打線を牽引したが、昨季は88試合出場で打率.191、4本塁打、15打点、4盗塁。中堅のレギュラーを桑原将志に奪われ、楠本泰史、関根大気も台頭している。

 外野の中で神里の序列が下がっているが、走攻守3拍子揃ったプレースタイルでこのまま出場機会が失われるのは惜しい。最下位に沈んだDeNAは投手陣の再建が急務になっている。先発陣は大貫晋一の6勝が最多とコマ不足が深刻だ。神里をトレードで放出して、先発要員を補強する可能性は十分考えられる。

 楽天から巨人に加入したウィーラー、高梨雄平が新天地で輝きを取り戻したように、トレードで野球人生が大きく変わる可能性がある。今オフに野球ファンが驚くトレードが成立するかもしれない。(安西憲春)