日本シリーズも終わり、プロ野球は年間の表彰と契約更改、来季に向けての動きが話題となる時期となった。チームの命運を握ることが多い外国人選手も退団、新入団、移籍含めて様々な動きが出てきているが、今年の活躍が目立った選手と、期待に応えられなかった選手をそれぞれ3人ずつ選定してみたいと思う。今回はパ・リーグ編だ。

*  *  *

■パ・リーグベスト3: マーティン(ロッテ)

成績:116試合97安打27本塁打75打点4盗塁 打率.233

 打率こそ2割台前半ながら、27本塁打、75打点と来日3年目にしてキャリアハイとなる数字をマークし、チームを牽引する存在となった。シーズン前半は2番、夏場以降は4番と打順は変わっても持ち味である思い切りの良さを発揮。選球眼が良く、しっかりと四球(パ・リーグ7位タイの70個)を選んでチームのチャンスを広げることもできる。また少し不用意なプレーはあるものの強肩を生かした外野の守備と、積極的な走塁でも目立つ存在だ。シーズン終盤に自打球による右足の骨折で離脱したものの、早期に復帰する献身的な部分も光った。

■パ・リーグベスト2:マルティネス(ソフトバンク)

成績:21試合9勝4敗0セーブ0ホールド 防御率1.60

 2018年に来日して日本ハムに入団すると、いきなり10勝をマーク。その後は故障で低迷して昨シーズン限りで退団したものの、ボールの力が評価されてソフトバンクに入団。コロナ禍で来日が3月下旬となったが、5月からはローテーションの一角に定着してチーム2位となる9勝をマークする活躍を見せた。また敗れはしたものの、東京五輪でもアメリカ代表として決勝戦での先発も任されている。コンディションの問題なのか、明らかに日本ハム時代よりもボールの勢いはアップした印象を受ける。阪神のスアレスとともにパドレスとの契約合意が報じられているが、今年の調子を維持することができればメジャーでも活躍が期待できそうだ。

■パ・リーグベスト1:レアード(ロッテ)

成績136試合127安打29本塁打95打点0盗塁 打率.262

 昨年は腰を痛めてわずか39試合の出場で6本塁打に終わったが、今年は復調しホームラン、打点ともにリーグ2位という見事な成績を残した。三振が多く、淡白な面はあるものの、高い弾道で打ち上げる打球が持ち味で、故障に苦しんだ昨年以外は常に30本前後のホームランを記録している。守備は年々動きが悪くなっており、今年はファーストでもリーグ最多となる11失策を記録しているのは少し気がかりだが、右の大砲が不足しているチームにとってはまだまだ貴重な存在となりそうだ。

■パ・リーグワースト3:ダーモディ(西武)

成績:11試合0勝2敗0セーブ0ホールド 防御率5.13

 チームに手薄な左の先発候補として入団。初先発となった5月3日のオリックス戦では先発で5回を投げて無失点と好投したものの、徐々に打ち込まれる試合が増えて6月には登録抹消。8月にはリリーフとして一軍再昇格を果たしたものの、中継ぎとしても結果を残すことができずに1年で退団となった。150キロ前後とスピードはあるものの、リズムが単調で数字ほどの威力が感じられず痛打を浴びる場面が多かった。またタイプとしてもこれまでのキャリアもリリーフだったのが、開幕当初は先発として起用されたことも本人にとっては不運だったと言えそうだ。

■パ・リーグワースト2:ディクソン(楽天)

成績:38試合18安打4本塁打15打点2盗塁 打率.167

 2018年にレッズでメジャーデビューを果たすと、翌年にはデトロイト・タイガースで97安打、15本塁打をマークするなど活躍。内野も外野もこなすユーティリティプレーヤーで、なおかつパンチ力もあるということが期待されて楽天が獲得したが、打率2割を大きく下回る成績に終わり、わずか1年で退団となった。パワーもそれなりにあったものの、外国人選手としては際立つほどではなく、守備での貢献度も決して高くなかった。どんな役割を期待しての獲得だったかがよく分からないという印象だ。内野も外野もそれなりに選手が揃っているチーム事情だからこそ、現有戦力にはないような明確な武器を持っている選手を狙うべきだった。

■パ・リーグワースト1:カスティーヨ(楽天)

成績:33試合16安打1本塁打3打点0盗塁 打率.225

 キューバでは若手の有望株として早くから知られた存在で、2013年にアメリカに亡命すると、翌年レッドソックスと7年間の超大型契約(7250万ドル※現在のレートで約82億円)を結び話題となった。しかしサラリーキャップの問題もあって起用法に恵まれず、メジャー通算83安打、7本塁打という寂しい数字となっている。それでも高い潜在能力を評価されて昨年オフに楽天が獲得したが、開幕当初から故障が続き、一軍ではわずか1本塁打、3打点と日本でも期待を裏切る結果となった。年俸自体は高額ではなく、出来高を手厚くしての契約だったものの、ディクソンとともにほとんど戦力とならなかっただけに、チームの外国人戦略は大きな課題と言えるだろう。

 セ・リーグ以上に野手は苦戦した印象で、目立ったのはロッテのマーティンとレアードだけ。混戦の中でロッテが2位に滑り込んだのも、この2人の活躍があったからと言える。またソフトバンクが4位に沈んだのもデスパイネとグラシアルの2人が故障で低迷した影響が大きかった。来季は既に西武が外国人選手の一新を発表しており、ロッテ以外は顔ぶれが大きく変わる球団が多くなりそうだが、その活躍度がペナントレースの行方も大きく左右することになりそうだ。

(文・西尾典文)

【セ・リーグ編はこちら】→助っ人「ベスト3」と「ワースト3」を選出 今季の働きを査定!【セ・リーグ編】

●プロフィール
西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員