熱狂と波乱に満ちた2021年シーズンが幕を閉じた。今季も開幕前の期待を上回る活躍を見せた選手が多くいた一方で、不振に喘ぎ、思うような結果を残せず、年俸に見合った成績を残せなかった選手、球団、ファンの期待を大きく裏切った選手たちもいる。プロならば批判も致し方なし。ズバリ、2021年の “ワーストナイン”をセ・パ両リーグで選出したい。以下はセ・リーグ編。/パ・リーグ編に続く→“年俸5億の男”は今年も…期待外れだった選手たち【ワーストナイン2021 パ・リーグ編】

*  *  *
<投手>
■菅野智之(巨人)

 シーズン19試合に先発登板して6勝7敗、防御率3.19。これが“並”の投手の成績ならば「及第点」を与えられるかもしれないが、球団史上最高額となる推定年俸8億円の男の成績と考えた場合は、「合格」からは程遠く、キッパリと「期待外れ」と言い切れる。オフにポスティングシステムでのメジャー移籍を目指して複数球団と交渉したが、合意に至らずに残留。その影響とは言わないが、5月の右肘違和感からコンディション不良が続き、前半戦だけで計4度に渡って出場登録を抹消され、東京五輪出場も辞退することになった。後半戦は登板10試合中7試合でクオリティースタート(6回以上自責3以下)を達成し、CSではファーストステージの阪神戦では好投したが、続くファイナルのヤクルト戦では6回途中5失点で降板。「8億の男」の看板通りの働きはできなかった。

<捕手>
■小林誠司(巨人)

 正捕手奪回へ意気込んだプロ8年目だったが、開幕から控えとして戦況を見つめ、そのまま二軍降格すると、ファームでも打率1割を切る極度の打撃不振。ようやく6月に一軍復帰を果たし、9月以降に出番を与えられて最終的に64試合に出場したが、スタメンマスクはその半分以下の27試合で、通算打率は.093(75打数7安打)で1本塁打、3打点。守備力の高さは認めるところで、前年の10試合出場、打率.056(18打数1安打)、0本塁打、0打点よりは「マシ」だったが、依然として推定年俸1億円は「高過ぎる」と言える。

<一塁手>
■中田翔(巨人)

 日本ハムで後輩選手への暴力事件を起こして出場停止処分を科された後、無償トレードで巨人に加入。この時点ではまだ巻き返しのチャンスがあり、巨人加入2試合目で移籍後初アーチを放ったが、その後はサッパリで、最終的に巨人で34試合に出場し、打率.154、3本塁打、7打点。優勝争いをしていたチームの救世主としての期待を裏切り、むしろ中田加入後にチームの成績が急降下し、V逸の象徴的な存在となった。中田個人としても日本ハム在籍時と合わせてもシーズン7本塁打に終わり、10年続けた2ケタ本塁打が途切れる結果となった。

<二塁手>
■阿部寿樹(中日)

 パンチ力を秘めた打撃でレギュラーに定着。2019年に129試合出場で打率.291、7本塁打、59打点、2020年も115試合に出場して打率.257、13本塁打、61打点と結果を残してきたが、今季は打撃不振に故障も重なって出場66試合止まり。打率.209で5本塁打、16打点と苦しみ、チームの貧打の原因の一人となった。オフの契約更改では20%減の推定年俸3600万円でサイン。立浪和義新監督を迎える来季は、自身の今後を大きく左右する勝負のシーズンになる。

<三塁手>
■堂林翔太(広島)

 昨季の活躍は幻だったのか。シーズン111試合に出場して打率.279、14本塁打、58打点で“覚醒”したはずだったが、今季は元の姿に戻って再び低迷。開幕戦で2安打を放ったのがピークと言える働きで、出場70試合で打率.190で本塁打なしの5打点という不甲斐ない成績に終わった。甲子園ではエース兼4番として活躍。プロ入り後も真面目に練習を続け、ようやく11年目に“恩返し”することができたが、一度スランプに陥るとなかなか抜け出せない傾向は変わらず、再び球団の“悩みの種”へ。トレード説も浮上するが、果たして……。

<遊撃手>
■田中広輔(広島)

 リーグ3連覇に大きく貢献した鯉のリードオフマン。昨季は前年の不振を脱出する形で112試合に出場して打率.251、8本塁打、39打点で出塁率.351をマーク。オフには推定年俸1億5000万円での2年契約を結んで「再興」を誓ったが、開幕直後から打率1割台と低迷してレギュラー落ち。10月にはプロ8年目で初めて故障以外での2軍落ちも経験。出場81試合で打率.206に終わり、28安打、2本塁打、8打点、1盗塁と自己ワーストの数字が並んだ。小園海斗が成長した今、生き残りをかけた戦いに向かうことになる。

<左翼手>
■梶谷隆幸(巨人)

 4年契約で総年俸8億円(推定)の大型契約でFA加入。新たなリードオフマンとして期待されたが、5月に左太もも裏の違和感、7月には右手甲に死球を受けて骨折。さらに、9月には腰痛を発症し、10月下旬に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けるなど、度重なる故障に泣かされた。今季成績は出場61試合で打率.282、4本塁打、23打点、11盗塁。「試合に出れば」結果を残したが、例え故障であっても試合に出ることができなければ、やはり一流選手とは呼べない。来季は「何がなんでも結果」を残さなくては、原辰徳監督のチーム作りへの批判がより一層高まることになる。

<中堅手>
■神里和毅(DeNA)

 俊足巧打が持ち味で、プロ2年目の2019年には123試合に出場して打率.279、6本塁打、35打点、15盗塁をマーク。リードオフマンとしてチームの“新たな顔”になると、昨季も出場80試合とやや出番を減らしながらも、打率.308、3本塁打、17打点、7盗塁と存在感を見せていた。しかし今季は、打率.191、4本塁打、15打点、4盗塁。出場88試合ながらもスタメンは17試合で、中堅のレギュラーを桑原将志に奪われる形となった。甘いマスクのイケメンぶりで女性ファンも多いが、このままでは“それだけ”で終わってしまう恐れがある。

<右翼手>
■平田良介(中日)

 本来ならば“強竜打線”をけん引する存在にならなければいけないはずだが、出場わずか21試合で打率.155(58打数9安打)、0本塁打、4打点。昨季も出場55試合で打率.235(166打数39安打)、3本塁打、17打点という不本意な成績で今コーナーの“ワーストナイン”に選出されたが、今季も開幕から不振が続き、7月には体調を崩して「異型狭心症」と診断されえるなど、コンディションも整わずにレギュラー獲得後としては自己最低の数字に終わった。オフには1億5000万円の大幅ダウンの年俸3000万円(推定)で契約更改。巻き返しなるか!?

パ・リーグ編に続く→“年俸5億の男”は今年も…期待外れだった選手たち【ワーストナイン2021 パ・リーグ編】