毎シーズン飛躍が期待されながら、ここまでプロでは目立った成績を残せていない楽天のオコエ瑠偉。プロ7年目を迎え、かつてのスター候補生は正念場を迎えている。

 今季もここまで一軍での出番はなし。所属する楽天も首位を走っており、なかなかチャンスが回ってくる気配はない。チームは5月に入り4連敗を喫するなどペースは落ちたが、それでも外野の布陣は新加入の西川遥輝、島内宏明、辰己涼介とスタメンが固定されており、つけ入る隙がないように見える。

 とはいえ、4月21日に二軍の試合で放ったホームランが話題となるなど、オコエは今でもファンたちから“ロマン”を抱かれる選手であることも間違いない。今シーズンは5月23日終了時点で二軍戦で打率5割(20打数10安打)と好調だが、一軍で必要とされる時はくるのだろうか……。

「(ホームランの)当たりだけ見ればさすがのパワー。しかし見るたびに打撃フォームが変化する。核となる打撃フォームをベースに多少のマイナーチェンジはあっても良いが、さすがに変わり過ぎ。定まった形がなく身体能力に頼ったスイングなので崩れた際に修正が難しい」(在京球団編成担当)

「高校時代やプロ1年目はゆったりと構えボールを呼び込んで打ち返していた。最近はグリップの位置などをコロコロ変える。打席内での動きも多い。腰を落ち着け1つの形で打撃を作る気持ちがなさそうに感じる。性格的なムラが打撃にも見え隠れする」(楽天担当記者)

 現在は二軍で結果を残しているものの、課題が打撃なのは明白だ。プロ入り2年目には41試合の出場ながら打率.300、3本塁打、11打点、5盗塁と将来的な主軸になることを予感させたが、その後は成績が下降。パワーはあるものの、確実性については長年改善が必要とされてきた。

 その打撃ではいまだにフォームが定まらず、今後大きな成長は期待するのは難しい状況。しかし、遠投120mといわれる強肩、50m走5秒台の俊足には魅力が溢れている。これからもプロでやっていくには“強み”をいかに生かすのかが重要となってくるだろう。

「打撃だけ見れば一軍レベルとは言い難い。しかし高校時代から話題の強肩と俊足には魅力がある。また甲子園で活躍した選手への注目度は抜群に高い。二軍で本塁打を放ったことが大きく取り上げられるくらいですから。今後は守備固め、代走要員などなら生きる道はあるはず」(楽天担当記者)

「昨年終盤の凡プレーの印象が強いが、守備自体は堅実。強肩と俊足が球界屈指なのは間違いない。試合展開次第では全試合で起用できる究極のユーティリティプレイヤーになれる可能性もある」(在京球団編成担当)

 守備では昨年10月14日のソフトバンク戦、8回二死満塁の場面で守備固めとしてセンターの守りに就いていたオコエは、内野への返球で軽率なミスを犯し、全ての走者の生還を許してしまった。石井一久監督も「しっかりと早く内野に返していくのが鉄則なところが、できていなかった」と苦言を呈したプレーの印象が強いが、俊足を生かした守備は球界屈指の存在になれるポテンシャルを持つ。昨年は田中将大が思わず帽子をとって感謝のポーズを見せる超ファインプレーも見せている。

「石井監督はオコエのような意外性ある選手は好きなタイプ。(10月14日の軽率なミスの)翌日に登録を抹消されたことで懲罰という見方もあるが、そのような意図はなかった。気分の波はあるが素晴らしい選手であることは誰もが知っている。監督自身が一番期待しているはずです」(楽天関係者)

 そして、守備以外でもオコエを生かすため、実現の可能性は別として“投手起用プラン”も出ているという。かつては阪神時代の野村克也監督が外野手の新庄剛志をピッチャーに挑戦させたが、オコエがマウンドに上がることはあるのだろうか。

「仮に敗戦処理だったとしても、マウンド上で注目を集めれば性格的に調子に乗ることができる。石井監督はビッグボス(日本ハムの新庄監督)以上に常識にとらわれないことが好きな人。可能性はゼロではない」(楽天担当記者)

「今すぐマウンドに上がっても150キロ近い球速は出せるはず。大差がついてリリーフ投手陣を温存したい時に投げさせれば良い。それ以外では守備固め、代走に専念させる。適材適所の起用で輝くはずで気分が乗ってくれば打撃にも好影響を及ぼすかもしれません」(在京球団編成担当)

 打撃で開花することは現状ハードルが高いが、やはり俊足と強肩を生かした守備力は素晴らしいものを持っている。また、性格にムラがあることも打撃に影響していると言われているだけに、「目立つこと(投手起用)」をさせるなどして気分を乗せるという方法は“アリ”かもしれない。ここに来て首位を快走していたチームの勢いが落ちているが、オコエが一軍に呼ばれることはあるのか。空気を一変できるプレーができる選手なだけに、近いうちに声が掛かるかもしれない。