沖縄、北海道、兵庫など高校野球の地方大会は既に開幕している地区もあるが、7月からはいよいよ全国で甲子園出場を目指す戦いが本格化することになる。ドラフト候補となる選手にとっては大きなアピールの場となるが、この夏の活躍次第で急浮上する可能性を秘めた選手について探ってみたいと思う。今回は野手編だ。(※「投手編」はこちら)

*  *  *
・葛西凜(青森・八戸工大一)捕手 181cm75kg 右投右打

 同じ東北地区の捕手では選抜にも出場した田代旭(花巻東)と山浅龍之介(聖光学院)の知名度が高いが、もう1人この夏急浮上の可能性を秘めているのがこの葛西だ。旧チームから不動の正捕手として活躍。捕手としては少し細身だが、フットワークの良さと地肩の強さを兼ね備えており、スローイングの安定感は高校生では上位だ。バッティングもバットコントロールとリストワークの良さが光り、昨年秋の東北大会では投手編で取り上げた田村朋輝(酒田南)からも2安打を放っている。攻守に力強さが出てくれば高校からのプロ入りも見えてくるだろう。

・内藤鵬(石川・日本航空石川)三塁手 180cm100kg 右投右打

 今年の高校球界を代表する右のスラッガー。1年秋から不動の4番となり、2年春の県大会では5試合で5本塁打を放っている。高校生離れした体格とパワーで打球の速さと飛距離は圧倒的で、力任せではなくスイングに柔らかさがあるのも長所だ。緩急への対応には少し課題が残るものの、巨漢でも体の回転が鋭く、内角の速いボールも上手くさばいて引っ張ることができる。春の県大会は左肩の怪我で出遅れたものの、北信越大会では完全復活。6割を超える打率を残し、決勝戦ではホームランも放つなどチームの優勝に大きく貢献した。夏は厳しいマークが予想されるが、豪快な一発に期待したい。

・イヒネ・イツア(愛知・誉)遊撃手 182cm84kg 右投左打

 抜群の運動能力が魅力の大型ショート。両親はナイジェリア出身で、一つ一つの動きに躍動感があり、三遊間の深いところからもノーステップで強いボールを投げられる肩の強さを誇る。またバッティングも全身を使ったフルスイングは迫力十分。内から振り出すことができるスイングの軌道も悪くなく、センターを中心に鋭い当たりを放つ。攻守ともにまだまだ粗削りな部分はあるものの、スケールの大きさがあり、そのポテンシャルの高さは計り知れないものがある。夏はノーシードで、1回戦から強豪校との対戦が続く厳しい組み合わせとなったものの、レベルの高いチームを相手にどんなプレーを見せてくれるかに注目だ。

・三塚琉生(群馬・桐生第一)外野手 182cm88kg 左投左打

 北関東ではナンバーワンの呼び声高い左の強打者。昨年夏は2番に入りながら、豪快なスイングでヒットを量産し、5割を超える打率を残して注目を集めた。新チームからはクリーンアップを任せられると、秋の県大会決勝では満塁弾(走者を追い越して記録はタイムリー)を放つなどチームの優勝に大きく貢献。選抜出場は逃したものの、春の県大会でもホームランを放ち、その長打力を存分に見せつけている。少し重心を低くした構えから小さい動きでタイミングをとり、ぶれの少ないスイングで豪快に引っ張るバッティングは迫力十分。順調に体も大きくなっており、それに伴って打球の速さや飛距離も確実にアップしている。左打ちのスラッガータイプとしては全国でも屈指の存在である。

・井坪陽生(東京・関東一)外野手 177cm86kg 右投右打

 この春大きく評価を上げてきた強打の外野手。昨年秋までは力はあるものの崩されやすいという印象が強かったが、バットを高く上げて構えてボールを長く見られるようになったことで対応力は確実に高くなった。リストの強さが魅力だが、それに頼り過ぎることなく下半身も使って豪快に引っ張ることができる。軽く振っているようでもヘッドが走り、長打力も申し分ない。春の関東大会では4試合で放った6安打が全て長打(うち本塁打1本)と見事な成績を残し、チームの準優勝にも大きく貢献した。投手も兼任しており、センターから見せる強肩も魅力だ。東京の野手では最注目の存在であり、この夏の活躍次第では一気に上位候補となる可能性もあるだろう。

(文・西尾典文)

【投手編はこちら】ドラフト戦線に急浮上するのは? この夏に“大化け”の可能性秘めた高校生5人

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。