6月26日まで千葉県のカメリアヒルズCCで行われた国内ゴルフ女子ツアーのアース・モンダミンカップで、26歳の木村彩子が初優勝を飾った。しかし、その週で最も大きな話題となったのは、木村が最終日に6打差をひっくり返した大逆転劇ではなく、初日に発生したトラブルとなってしまった。

 そのトラブルは23日の第1ラウンドで起こった。大西葵とそのキャディを務める大江順一氏が前半17番をプレー中に、ミスショット後の対応を巡って口論。18番のティーショットの後、大西がキャディの交代を求める事態が発生した。

 当初は大江氏の"職場放棄”などとも報じられたが、その後に大西から交代を告げられたという話もあり、情報が錯綜。JLPGAも「現在調査中」と話すにとどまっており、今後の展開に注目が集まる。

 ゴルファーとキャディといえば、松山英樹と進藤大典の名コンビにように、ゴルフバッグを担いで18ホールをともにするだけでなく、グリーンの傾斜や風を読んだり、最適な攻め方を一緒に模索し、ゴルファーの様子を見ながら随時キャディがアドバイスを送っているイメージがある。しかし、海外に目を向けると、今回の件のようにゴルファーとキャディの関係がラウンド中に壊れてしまうケースも見受けられる。

 2019年の全米オープン。メジャー通算3勝のジョーダン・スピースは、キャディのマイケル・グレラーにひどい言葉を投げかけたのがテレビ中継に乗ってしまい批判の的となった。ペブルビーチの8番パー4で、ショットを池に入れてしまったスピースは、次に打ったボールもグリーンをオーバー。呆れた様子で「2球連続でパーフェクトだよ、マイケル。1つは池に入って、1つはグリーンオーバーだ」というコメントがテレビ中継で放送されてしまったのだ。

 わかりやすい皮肉をキャディにぶつけてしまったスピースは、好青年のイメージが強かっただけに視聴者から批判の声が出ることとなった。しかし、幸い二人の間に亀裂が入ることはなく、今もコンビは継続している。

 そして、再びペブルビーチで行われた今年のPGAツアー(AT&Tペブルビーチ・プロアマ)でもう1つのエピソードが生まれた。スピースが危険な崖の上から左足下がりの状態でのショットをしようとした際にグレラーは「3回は止めようとした」というが、結局スピースはショットを敢行。幸いに事故が起こることもなかったが「次に同じことがあったら、ボールを手に取って海に投げ込む。そうすれば打てないだろう」とグレラーはパートナーを思いやる気持ちを見せている。スピースもグレラーの忠告を聞き入れなかったことを「後悔している」と語るなど、2人の現在の関係性が良好であることがうかがい知れる。

 一方で悲しい別れの道を歩むこととなったコンビもいる。オーストラリア人ゴルファーのロバート・アレンビーは2015年のPGAツアー、RBCカナディアンオープンのラウンド中にキャディのミック・ミッドルモを解雇した。

 発端は、前半13番のパー5でアレンビーがクリークに入ったボールを打とうとした時にクラブをミスジャッジし、最終的にトリプルボギーとなってしまったこと。その後ハーフターンした際にアレンビーは、ラウンド途中にも関わらずミッドルモに解雇を言い渡した。

 ホールアウト後、アレンビーは「3〜5カ月にわたって、毎週のように同じようなミスが起きていて、キャディが助けになっていなかった。挙句、彼は私に『勝手にしろ』と言ってきた。だから、彼に『キャディをやる資格はない』と話したんだ」と釈明。

 一方ミッドルモも「クラブ選択の議論で怒りを買ってしまい、悪いキャディだと言われた」と怒りを吐露。容姿を侮辱するような発言もあったようで、「超えてはいけない一線があると思う」とコメントしている。

 完全な喧嘩別れとなってしまった両者。そのラウンドの後半は、名乗り出たギャラリーがバッグを担いでプレーをしたが、9オーバー81でホールアウトし、その後棄権する結果となった。

 プロゴルフの世界において、ゴルファーはキャディを雇用する立場。当然、キャディが“出過ぎたこと”をしてはいけない。しかし、ゴルファーにとってキャディはプレー中に唯一アドバイスを求めることができる大切な相手でもある。バッグを運ぶ雑用係ではなく、二人三脚のパートナーとして優勝を目指すのが本来あるべき姿だろう。