エンゼルスの大谷翔平の去就を巡り、例年以上に注目を集めたMLBのトレードは、大谷の残留という結果でその幕を閉じた。

 8月2日の締め切り直前まで大きな動きをみせた今年のトレード市場。特に今夏は、大谷と同じく注目を集めたフアン・ソトが、期限当日にワシントン・ナショナルズからダルビッシュ有を擁するサンディエゴ・パドレスに、2対6の超大型トレードで移籍して大きな話題となった。

 優勝を狙う上位球団の大型補強ばかりが目立つトレードだが、主力を手放した相手球団も有望な若手選手が得られる機会という面もあり、アメリカでは結果の分析が盛んに行われる。例えば、データ分析サイト『ファングラフス』は、トレード期間が終わった翌日に、今回のトレードの勝者と敗者を取り上げ、その取引内容を振り返る記事を掲載した。

 同記事は、ソトを獲得したパドレスを「熱狂的でインパクトがあった」と述べ、「今年一番の勝者だ」と称した。パドレスに移籍したソトは、7月16日にナショナルズから球界最高の15年総額4億4000万ドル(約582億円)という残留オファーを断ったことが報じられ、「トレードされるだろう」という予想から全米の注目を集めた。ソトは、若干23歳ながら、メジャー4年で通算119本塁打を残し(8月4日時点)、昨季はナ・リーグMVPの最終候補にも選ばれた実力の持ち主。トレードに出されることが決まってからは、期間中に多くの球団が参戦。そして、その争奪戦を制したパドレスを記事は、「今後数年球界で最高の球団になるための扉を開けた」と、その積極性を高く評価した。

 一方、大谷を残したエンゼルスの評価はというと、「災害級」と同記事には書かれている。また、「意味のある悪化を遂げた」と痛烈に批判もされている。エンゼルスは今回、大谷という球界のスターを球団に残せたわけだが、なぜこれほど厳しい評価を受けるのか。その理由は、次のように述べられている。

「球団は、大谷翔平との契約が終わる来年に向けた改善をしなかった。彼らは主力外野手と最高のクローザーを引き換えに、数年先の有望株と5人目の先発投手を得た。(エンゼルスが)大谷を今後も維持するつもりがあるのなら、彼の周りを壊すというのは奇妙だ。(クローザーの)イグレシアスのトレードは、私からすれば実に恥ずかしいものであった。彼を残したくなかったのなら、なぜ再契約(4年総額5800万ドル/約77億円)したのか。放出した外野手マーシュについても同じことが言える。現時点で才能のある選手を多く抱えるにもかかわらず、将来に向けて中途半端な動きをするのは、私には理解できない」

 エンゼルスは、他のメディアからも低評価を受けている。スポーツメディア『ジ・アスレチック』は3日、今回のトレードを振り返りながら全30球団をABC評価で採点する特集を掲載。その中でエンゼルスについて、「売り手市場をうまくできなかった」とし、「C−」の評価を付けた。 また、記事はクローザーのイグレシアスの放出を「最低の動きだ」と批判し、「大谷を放出すれば、ソト獲得のためにパドレスが提供したような、(有望株の)パッケージを受けることができた」とも言及するなど、大谷残留の結果をマイナスに捉えた。

 エンゼルスは、多くの球団から大谷のトレード打診を受けていた。特に、ニューヨーク・ヤンキースとパドレスが真剣であった、と『CBSニュース』が伝えている。しかし、これらのオファーを全て断っている。これはオーナーのアート・モレノ氏の意向だと推測されている。そして、エンゼルスは代わりに3選手を放出し、総額5900万ドル(約78億円)の年俸削減できた。しかし、現地メディアはこれを「大谷のための資金を捻出しただけ」といい、この中途半端な動きに大きく肩を落とした。

『ジ・アスレチック』の記事には他にも興味深い採点がある。例えば、鈴木誠也を擁するシカゴ・カブスには「D」が付けられた。これは、エンゼルスよりも低い評価だ。

 カブスは8月4日時点で、41勝62敗の成績で所属するナ・リーグ中地区の最下位と大低迷。プレーオフ進出は早々に諦めた様子で、主力のイアン・ハップ外野手とウィルソン・コントレラス捕手がトレードで放出されると予想されていた。両選手ともそんな空気を察し、トレード期限前では最後の本拠地戦(7月26日)を終えた後に、球場のファンに別れを告げていた。しかし、両選手は結局カブスに残留している。2人とも残留を喜んでいるのだが、『ジ・アスレチック』は、「カブスはトレード可能な上位2選手を動かせず、4人の救援投手でわずかなリターンしか得られなかった」と述べ、「将来を大きく改善する機会を逃した」と批判した。

 カブスの地元メディア『ダ・ウィンディ・シティー』も「期待していた動きがなかった」と、この結果に失望する。同メディアは今回のトレードで起こり得る様々な展開に期待するコラムを掲載した。中には、「鈴木誠也をトレードに出すべき」(7月22日掲載)と訴えるコラムもあった。

 鈴木は、今年3月にカブスと5年総額 8500万ドル(約113億円)の大型契約を結んだばかり。『NBCスポーツ』からも「今季なにもかもがうまくいっていない中で、カブスが唯一成し遂げた成功は、鈴木を獲得したことだ」(7月20日掲載)と言われるほど、地元で人気がある。『ダ・ウィンディ・シティー』は、なぜこのようなコラムを書いたのか。その内容は、読むと案外納得のいくものであった。

 同記事はまず、「カブスは最低なシーズンを過ごし、どういうわけか年々悪化している」とカブスの状況を憂いながら、「鈴木をトレードに出すことを検討すべき」と訴える。それもカブスの現状に理由があるようで、記事にはこう書かれている。

「カブスは鈴木と5年契約を結んだが、鈴木が最高の価値を持つ今トレードに出すことは賢明であるかもしれない。カブスは、鈴木を抱えている間に良い(強い)球団になるつもりがなく、鈴木もケガをしやすい兆候をすでにみせている。鈴木はトレードで多く(の選手)を獲得できるタイプのプレイヤーだ」

 鈴木は5月25日の試合中に左手薬指を痛め、6月を全休したが、7月は復帰後の21試合で、4本塁打を含む23安打9打点と波に乗った。しかし、カブスは前述の通り低迷中ということで、記事には「鈴木はカブスではポストシーズンに行くことが出来ない」と書かれ、「トレードで放出することが、鈴木とカブス双方にとって最善である」という持論が記述されていた。

 契約して間もなく、突拍子もない主張にも見えなくもないが、この記事に書かれていることは大谷の状況によく似ている。事実、今回のトレード期間中にあれだけ大谷の去就が騒がれていたのも、結局は所属するエンゼルスの弱さにある。

 今回、現地の野球ファンからは、「大谷を解放してあげて」と訴える声が多く出ていた。そして、鈴木が入団したカブスもエンゼルスと同じように低迷中だ。どちらもポストシーズンから遠く離れた場所におり、両球団とも今年のトレードは「失敗」している。鈴木のトレードは、結果として全く実現しなかったわけだが、全盛期を迎える選手を低迷する球団が抱え続けるのは大きな損失である、と『ダ・ウィンディ・シティー』は訴えたのだ。

 MLBのトレードは、莫大な利益を得る球団がいる一方で、最大のチャンスを逃す球団もいる。大谷と鈴木が所属するそれぞれ球団は敗者になった。トレード期間中の失敗は、将来の勝利も逃すことにも繋がる。今後ますます活躍が期待される大谷と鈴木。はたして、彼らがMLBで報われる日は来るのだろうか。(澤良憲/YOSHINORI SAWA)