突然だが、アマチュアゴルファーの皆さんは女子プロのドライバーの飛距離がどのくらいかご存知だろうか? 飛ばしというと男子プロのそれをイメージし、クラブ革新が進んだ現代は300ヤード以上の飛距離を出すことが「飛ばし屋」と感じるのかも知れない。

 現地時間7日に閉幕した海外女子メジャーのAIG全英女子オープン(スコットランド、ミュアフィールド)、2019年大会に続く2度目のメジャー制覇を狙った渋野日向子は、最終日を1イーグル、3バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの71でホールアウト。惜しくも逆転Vはならず単独3位に終わったが、渋野の最終日のドライビング・ディスタンスは295ヤードを記録していた。

 テレビなどで大会をご覧になった方ならお分かりの通り、ミュアフィールドのフェアウェイは固く、しかも強風が吹いていたため、この飛距離がそのまま渋野の飛びとはならない。とはいえ、渋野の4日間の平均飛距離は267ヤード。優勝したアシュリー・ブハイ(南ア)が257ヤード、2位のチョン・インジ(韓)が250ヤードだったことを考えると、いずれにしても渋野の好プレーはその飛距離も影響を与えていたと言えるだろう。

 あまり注目を浴びることはないが、メジャーの舞台で平均250ヤード以上飛ばしているように、女子の飛距離も年々増加傾向にある。チタンドライバーが誕生した1990年代、女子の飛ばし屋といえば英国のローラ・デービーズだった。1996年のデービーズの平均飛距離は262.6ヤード。これは、今季のドライビング・ディスタンスに当てはめると47位に相当するもので、四半世紀でかなり飛距離アップしていることがうかがえる。

 では女子の飛ばし屋と言えば、どんなプレーヤーを思い浮かべるだろうか? かつては先のデービーズがその筆頭。98年などにランキングトップに立ったキャロライン・ブレイロック(米)も飛距離で話題になった。

 そして、飛ばしと言って忘れてはならないのが福嶋晃子だ。1999年からUSLPGAツアーを主戦場にした福嶋は、ツアー2勝を挙げているが、それ以上に圧倒的な飛距離で本場のファンを魅了。2001年に飛距離ランクで2位になると、翌2002年には平均269.3ヤードを飛ばし、ドライビング・ディスタンスでトップに君臨した。

 それ以降の飛距離合戦は、アニカ・ソレンスタム、ソフィ・グスタフソンのスウェーデンコンビとブリタニー・リンシカム(米)が牽引する。2006年にはカーリン・シェーディン(スウェーデン)が284.5ヤードの平均飛距離をマークし、女子も280ヤードがアベレージという世界に突入した。

 女子ツアーの平均飛距離トップが290ヤードを超えたのは昨年のこと。2019年から参戦するオランダのロングヒッター、アネ・ファンダムが19試合の平均で290.8ヤードを記録した。さらに同ツアーにはビアンカ・パグナンガナン(フィリピン)という飛ばし屋もいる。2020年の飛距離ランクは1位で、2021年はファンダムに次ぐ2位。日によってはアベレージで300ヤード超えを達成しており、シーズンを通じた平均300ヤードオーバーも現実味を帯びているのだ。

 また飛ばし屋としては、地元アメリカのレキシー・トンプソン、ネリー・コルダ、ジェシカ・コルダもコンスタントに270ヤード以上の飛距離を稼ぎ出しており、今季はドライビング・ディスタンス15位までが平均270ヤード以上。今季の国内トップの穴井詩が260.2ヤードだから、日米女子ツアーのパワーの差は歴然としている。

 では海外選手に飛ばしで圧倒されている日本勢はどうだろうか。飛ばし屋の女子プロとしてゴルフファンがまず思い浮かぶのが、上記で述べたようにUSLPGAツアーでも活躍し、本場のトッププロを凌駕する飛ばしを見せた福嶋だろう。しかし、近年はその福嶋に負けないロングヒッターが生まれている。

 その筆頭に挙げられるのは笹生優花だ。昨年の全米女子オープンを制した笹生は、今季のドライビング・ディスタンスで6位の273.4ヤードを飛ばしている。そのスイングは、笹生が憧れというロリー・マキロイ(北アイルランド)に“激似”で、男子顔負けの安定性と切れ味鋭い振り抜きが特徴。現在の国内女子プロの中で笹生以上に飛ばせる選手はいないだろう。

 笹生とともに米ツアーを主戦場にしている畑岡奈紗も、国内では飛ばし屋の部類に入る。今季の平均飛距離は264.3ヤードでUSLPGAツアーでは33位だが、国内ツアーに当てはめるとトップの数字だ。身長158cmとUSLPGAツアーの中では小柄と言えるが、2017年は251.1ヤードとなっており、そこから10ヤード以上の飛距離アップに成功。ツアーでの活躍の影にはティーショットの成長もあると言えそうだ。

 国内ツアーに目を移すと穴井、葭葉ルミらがロングヒッターとして有名だ。ドライビング・ディスタンスのスタッツを発表するようになった2017年以降、この二人は常にランキングのトップ争いを演じており、今季も1位は穴井で260.2ヤード、2位は葭葉の254.8ヤードとなっている。

 この他、黄金世代の原英莉花、勝みなみもアベレージが250ヤードを超え国内ツアーでは飛ばし屋として知られる。勝は、身長157cmだが筋力トレーニングに積極的に取り組んでおり、2017年は242.9ヤードのアベレージだったが、2020−21シーズンは平均254.3ヤードと大きく飛躍。原は身長173cmと体格に恵まれており、今後もさらに飛距離アップするポテンシャルを秘めているのだ。

 このように女子ゴルフの世界では、USLPGAツアーで300ヤード間近、国内では260ヤードを超えるところまで飛距離を伸ばしてきている。渋野が2度目のメジャータイトル獲得まで目前に迫ったが、国内プロの飛ばしがさらに向上すれば、日本勢の海外メジャー優勝のチャンスはさらに広がることだろう。