今年は阪神が良くも悪くも“らしさ”を発揮している。開幕9連敗とスタートで大きくつまづき、借金が最大16まで膨らんだ。ところが4月の後半に6連勝を果たすなど徐々に調子を上げ、オールスター戦を前に借金を早々と完済した。

「勝率5割からの後半戦はシーズン開幕と思ってやって欲しい。首位ヤクルトは強い。でも1つずつ勝ち星を積み重ねて差を詰めていくしかない。開幕からヨーイドンで9連敗したということは逆も考えられる。優勝の可能性は残っている」(阪神関係者)

 阪神は前半戦終盤の流れのまま、後半戦も好調を維持。甲子園でのヤクルト戦を皮切りに、続く巨人、広島と3カード連続で勝ち越しに成功。チームの雰囲気は最高潮で、新型コロナウイルスの感染で大量の離脱者が出たヤクルトとは対照的に上がり目要素も多い。8月9日終了で首位ヤクルトから8.5ゲーム差の2位につけている。

「(勢いこそあるが)逆転優勝はかなり難しい。しかし08年は最大13ゲーム差をつけていた巨人にひっくり返されたこともある。同じことが阪神にできないこともない。そうなった場合、矢野燿大監督は『阪神の神様』の仲間入り。急転直下、監督留任ということも考えられる」(在阪テレビ局スポーツ担当)

 阪神は08年、岡田彰布監督の下で前半戦は快調に白星を重ねた。一方で巨人は開幕から苦戦したものの、9月には引き分けを挟んで12連勝。阪神は10月に首位を明け渡し、そのまま優勝を許してしまった。仮に阪神が今季、同じような大逆転を演じることができれば、矢野監督は開幕直後の“戦犯”という評価から一転、名将として名を残すことになるだろう。

「08年は屈辱以外の何物でもない。メークレジェンドと呼ばれ巨人の原辰徳監督にとっては大きな勲章になった。今季の阪神が同様の逆転優勝を果たせば、矢野監督は伝説を作れる。阪神の神様といえばランディ・バースが有名だが、肩を並べる存在になれる」(甲子園に訪れていた阪神ファン)

「神様、仏様、バース様」。阪神ファンの中でいまだに名前が出るのは、球団唯一の日本一となった85年の助っ人外国人。矢野阪神が今季、奇跡の大逆転優勝すれば「神様、仏様、矢野様」と呼ばれるようになると語るファンもいる。

 だが、今でこそチームの調子は上がってきたが、シーズン前に今季限りでの退任を発表した矢野監督に対しては否定的な声もある。

「今年はもうアカン。矢野さんが開幕前に退任発表したことで、野球の神様の逆鱗に触れた。同じプロ選手なので調子の良い時は勝つでしょうが今のままでは先がない。監督を変えてイチからやり直すべき。誰でも良いから、まずは監督を変えて出直し」(尼崎中央三丁目商店街にある某店の店主)

「日本一早いタイガース優勝マジック」を掲示することで有名な商店街のファンは好調のチームを冷静に見ている。同商店街では今年も3月に「優勝マジック143」を点灯させたが、7月2日にヤクルトが「優勝マジック53」を点灯させた時点で外されてしまった。

「戦う前から辞める言う奴がおるか?(次期監督候補として名前が挙がる)岡田、鳥谷敬、藤川球児、そして落合博満……。OBじゃなくても良いから監督を変えること。現実的には岡田の下で鳥谷や球児が勉強して、将来の監督になるのが一番良い。(平田勝男二軍監督は?)あの人は二軍で若手を厳しく鍛え上げる役割が合ってる」(前出の尼崎中央三丁目商店街にある某店の店主)

 阪神ファンの間でも温度差はあるようだが、次期監督をめぐっては様々な情報が入り乱れている。岡田氏の再登板、鳥谷氏や藤川氏といった元スター選手だったOBの登用、そして中日監督として実績を残した落合氏など、多くの名前が挙がっている。

「現実的にはかつて指揮した岡田氏の再登板が有力。05年リーグ優勝など結果も残しており実績は十分。(現役時代の)日本一メンバーとして変わらず人気があるのも大きい。鳥谷、藤川両氏は指導者経験がないのが不安要素。結果を残せなかった場合、指導者としての出足から悪い印象がついてしまう。落合氏に関しては体調面の不安が指摘される」(在阪テレビ局スポーツ担当)

 阪神は1935年創設の伝統球団ながらリーグ優勝は5回で、日本一は1回きり。歴史のある球団ではあるが、決して頂点に立った回数で考えると名門とはいえない。それでも球界屈指のファン数を誇り、勝たずとも人気を維持してきたチームだ。ファンも「ただ勝てば良い」と考えている人ばかりではない。

「球団改革、立て直しをするなら岡田元監督や落合氏でもわかる。でも阪神は“らしさ”を追求しても良いのかもしれない。大逆転優勝した場合、何もなかったかのように矢野監督続投の方が、面白いかもしれない」(同在阪テレビ局スポーツ担当)

 シーズン序盤から半ばあきらめムードも漂った阪神だが、ここに来て優勝の可能も浮上してきた。果たして今年、阪神の大逆転優勝はあるのか。また、仮にそれが実現した場合、次期監督の人事に影響はあるのか。シーズンの終盤へ向け、ファンを中心に議論はさらに熱を帯びそうだ。