いよいよベスト8が出そろった夏の甲子園。休養日を1日挟み、準々決勝の4試合は18日に行われるが、これまでの戦いぶりから優勝の行方と見どころを探ってみたいと思う。

 まず最大の注目はやはり3度目の甲子園春夏連覇を目指す大阪桐蔭(大阪)だ。旭川大高(北北海道)との1回戦では序盤で3点をリードされる展開となったものの、2本のホームランなどで逆転勝ち。改めて初戦の難しさは感じたが、ここぞという場面で長打、ホームランが飛び出すあたりはさすがというべきだろう。続く聖望学園(埼玉)との2回戦は25安打、19得点で大勝。3回戦の二松学舎大付(東東京)戦も中盤以降は相手の粘りに追加点を奪うことはできなかったが、4対0と危なげなく勝利している。

 強打がクローズアップされることが多い大阪桐蔭だが、今年のチームの強みは安定した投手陣にある。センバツで優勝を果たした後、春の大阪府大会と近畿大会、そして夏の大阪大会とここまでの甲子園と公式戦20試合を戦っているが、失点はわずかに17で、0点に抑えて勝った試合は12を数える。単純に計算すると1試合で1点とるのも難しいということになるのだ。旭川大高との試合で3失点を喫したエースの川原嗣貴も二松学舎大付戦では完封勝利としっかり調子を上げてきている。安定感では川原以上のものがある前田悠伍(2年)と、この夏大きく成長した別所孝亮(3年)も控えており、この3人から大量点を奪うことは考えづらいだろう。

 そんな大阪桐蔭に勝つ方法となれば、やはりロースコアの展開に持ち込むというのが現実的である。参考になるのは今年のチームが公式戦で唯一の黒星を喫した春の近畿大会決勝の智弁和歌山(和歌山)戦だ。この試合で智弁和歌山は1回に先頭打者ホームランと、タイムリーエラーで3点を先制。その後の反撃を小刻みな継投でしのぎ、3対2で逃げ切っている。そして大きなポイントとなったのが長打を防いだことだ。4回までには3本のツーベースを浴びたが、5回以降に許した4安打はすべて単打となっている。

 大阪桐蔭はノーアウト一塁だと意外とオーソドックスに送りバントをしてくることが多く、そこでしっかりアウトをとるということも当然重要になってくる。長打を多く許さないだけの投手陣と、きっちりした守備で最少失点に食い止めるということが大阪桐蔭に勝つための絶対条件となりそうだ。

 ではこのような条件を満たすチームの候補としてはどこが挙げられるだろうか。投手陣の強さという意味ではやはり近江(滋賀)と仙台育英(宮城)の2校を推したい。センバツ準優勝の近江はエースの山田陽翔(3年)の存在がやはり大きい。ここまで3試合に先発し、24回を投げて34奪三振をマークしており、長打は5本しか打たれていない。センバツの決勝戦は準決勝で左足に受けた死球の影響で早々に降板となったが、万全な状態であればある程度大阪桐蔭打線を抑え込むことも期待できるだろう。

 ただ問題なのは大阪桐蔭と対戦するまでに山田の状態が維持できるかという点だ。ここまで既に376球を投じており、3回戦ではそれまでの2試合と比べてストレートの平均球速は落ちていた。理想は準々決勝で山田を温存して勝ち上がることだが、これまでの試合を見るとそれは考えづらい。打線が奮起して、山田の登板イニングを減らすことができるかが重要になりそうだ。

 力のある投手の数という意味では仙台育英が圧倒的だ。初戦の鳥取商(鳥取)との試合では5人の投手が登板し、全員が最速142キロ以上をマークして零封。続く明秀日立(茨城)との試合は終盤までリードを許す苦しい展開だったが、4人の継投で逆転勝ちをおさめている。山田ほど突出した投手はいないが、全員がストレートの速さだけでなくコントロール、変化球のレベルも高い。左右の異なるタイプを揃えているというのも強みだ。チームを指揮する須江航監督も打倒・大阪桐蔭のために投手を整備してきたと話しており、準決勝以降で対戦が実現すれば面白い展開になる可能性は高いだろう。

 準々決勝で大阪桐蔭と対戦することになった下関国際(山口)も侮れない。左の古賀康誠(3年)から右の仲井慎(3年)への継投というパターンが確立されており、チーム全体での守備の意識の高さも目立つ。初戦で富島(宮崎)の好投手、日高暖己(3年)を攻略してきたことも大きな自信となっているはずだ。

 チームとしての総合力を考えると、やはり大阪桐蔭が頭一つ以上リードしている感は否めない。しかし一発勝負のトーナメントでは何が起こるかわからないというのもまた事実である。残る7試合全てが持てる力を十分に発揮した好ゲームとなることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。