各球団100試合以上を消化し、ペナントレースもいよいよ大詰めの時期となってきた。故障や新型コロナウイルス感染によって主力が離脱することも多いが、逆に開幕前の期待を良い意味で裏切る活躍を見せている選手がいることもまた事実である。そんな今シーズン嬉しい誤算となっている選手について、上位の球団を中心にピックアップして紹介する(成績は8月18日終了時点)。

 まずセ・リーグの首位を走るヤクルトでは長岡秀樹の名前が挙がる。八千代松陰高から2019年のドラフト5位で入団。1年目から二軍では多く起用されていたものの、昨年までの2年間で一軍では11試合に出場して1安打という数字しか残っていない。しかし今年はオープン戦でアピールして開幕スタメンを勝ち取ると、いきなり4安打をマーク。その後も新型コロナウイルス感染で離脱した時期はあったものの、ショートのレギュラーとして出場を続け、チーム4位となる91安打を放つ活躍を見せているのだ。

 体はそれほど大きいわけではないが、思い切りの良いスイングでヘッドの走りは素晴らしいものがあり、ここまで7本塁打と長打力も備えている。ショートの守備も失策数は10と少なくないが、球際の強さと速くて正確なスローイングも魅力だ。一方で課題となるのは確実性と出塁率の向上。積極的に打ちにいくスタイルのため三振は多くないが、その分四球も少なく、出塁率は.267にとどまっている。持ち味である思い切りの良さに加えて、しっかりボールを見極めることができる技術もついてくるかが、今後の注目ポイントとなりそうだ。

 佐々岡真司監督就任以降では初となるAクラス入りの期待がかかる広島ではリリーフ右腕の矢崎拓也を挙げたい。2016年のドラフト会議で田中正義(創価大→ソフトバンク)、佐々木千隼(桜美林大→ロッテ)の“外れ外れ”ではあったものの、1位指名で慶応大から入団(当時の姓は加藤)。1年目にはプロ初登板、初先発となったヤクルト戦で9回ワンアウトまでノーヒットピッチングで初勝利をマークする華々しいデビューを飾っている。しかしその後は制球難で二軍暮らしが続き、昨年までの5年間で挙げた勝利はデビュー戦の1勝のみ。

 そろそろ去就が心配される状況となっていたが、今年は開幕直後からリリーフとして一軍に定着すると、ここまでチーム2位となる36試合に登板して2勝1セーブ10ホールド、防御率1.89という見事な成績を残しているのだ。38回を投げて18四球とコントロールはまだ万全とは言えないが、イニング数を上回る39奪三振をマーク。150キロ前後のストレートに加えて鋭く落ちるフォークが大きな武器となっている。残りのシーズンもセットアッパーとしてフル回転の活躍に期待がかかる。

 パ・リーグの首位を走る西武は12球団トップのチーム防御率をマークしているように投手陣の奮闘が目立つが、中でも嬉しい誤算となっているのが先発では與座海人、リリーフでは水上由伸である。與座は2017年のドラフト5位で入団したものの、肘の故障で1年目のオフにはトミー・ジョン手術を受けていきなり育成契約となった経歴を持つ。3年目の2020年には支配下に復帰したものの、昨年までの一軍通算成績は3勝5敗1ホールドと決して目立つものではなかった。しかし今年は開幕ローテーション入りを果たし、1試合はリリーフに回った試合もあったが、5月以降は先発に定着。7月30日のソフトバンク戦ではプロ初完投、初完封を飾るなどここまでチームトップの9勝をマークする大活躍を見せている。

 一方の水上は2020年の育成ドラフト5位で入団すると、1年目の5月には支配下登録され、ルーキーイヤーの昨年も29試合に登板。今年は開幕から勝ちパターンの一角に定着すると、7月には月間MVPを受賞するなどここまで49試合に登板して4勝26ホールド1セーブ、防御率0.94という圧巻の成績を残しているのだ。昨年もルーキーながら活躍を見せていただけに飛躍は期待されていたが、それでもここまでの大活躍を予想していたファンは少なかったはずだ。ちなみに新人王の権利も保有しており、このまま成績を伸ばせばその可能性も高いだろう。

 最後に上位チームではないが、やはり松本剛(日本ハム)に触れないわけにはいかないだろう。プロ入り6年目の2017年には115試合に出場して110安打を放ちレギュラー獲得かと思われたが、その後は故障もあって低迷。昨年も47試合の出場で24安打に終わっている。しかしプロ11年目の今シーズンは開幕戦で2安打を放つと、憑き物がとれたかのようにヒットを量産。7月19日に自打球を受けて左膝を骨折して長期離脱となったが、それでも歴史的な投高打低と言われるシーズンで2位以下を大きく引き離す打率.352をマークし、首位打者争いを独走しているのだ。

 8月16日には一軍復帰を果たし、翌日には早速2安打を放つなど故障の影響を感じさせないバッティングを見せている。ビッグボスこと新庄剛志監督も松本の首位打者、最多安打獲得を後押しするとコメントしており、タイトルに向けてはチームが最下位に沈んでいるというのもプラスとなりそうだ。

 毎年のように新たなスターが出てくるプロ野球だが、それほど注目されていなかった選手がいきなり活躍するのも大きな醍醐味の一つである。今後も良い意味で期待を裏切る選手が出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。