プロ野球のドラフト会議まであと約3週間となり、各球団の動向や候補選手についての報道も多くなる時期となってきた。今年は本命らしい本命は不在という印象で、近年多かった事前の1位指名公表も少なくなることが予想されるが、各球団どんな選手を狙うべきなのか。補強ポイントと、その選手がチームにマッチするかという点から探ってみたいと思う。今回は現在セ・リーグでBクラスの巨人、広島、中日の3球団だ。

*  *  *

【中日】

 立浪和義新監督が就任し、期待が高かった中日だが最下位が決定的となっており、今年も苦しいシーズンとなった。昨年のドラフトでは長打力不足を解消するためにブライト健太、鵜飼航丞の強打者タイプの大学生外野手2人を指名したが、ともに確実性に大きな課題を残しており、一軍の戦力となるにはまだ時間がかかりそうな印象だ。若手野手では岡林勇希がブレイクし、土田龍空も成長を見せているが、根尾昂が投手に転向となり、石川昂弥も故障続きとなると、やはり今年も野手中心の指名と考えるのが妥当ではないだろうか。

 そこで筆頭候補として推したいのが内藤鵬(日本航空石川・三塁手)だ。西武のところでも紹介したが、その長打力は高校生ではナンバーワンであり、今年の候補全体を見ても長距離砲としての素質の高さはトップという印象を受ける。仮に内藤を1位で指名できたとしても、大砲候補はプロで苦しむケースが多いだけに、もう1人くらいは高校生の強打者タイプを狙いたい。

 石川、ブライト、鵜飼も右打ちだということを考えると左打者が狙い目になりそうだが、2位で残っていれば狙いたいのが西村瑠伊斗(京都外大西・外野手)だ。体はそれほど大きくないが、ミート力は高校球界でも1、2を争う存在で、技術で遠くに飛ばすことができる。足と肩も高水準で、広い外野を任せられるポテンシャルも備えている。下位で狙えそうな選手では田中多聞(呉港)も面白い。少し確実性には課題が残るが、大型でパワフルなスイングは高校生離れしたものがある。肩の強さがあるのも魅力だ。

 投手では高橋宏斗を筆頭に若手に楽しみな選手は多いが、主力はベテランも多いだけにこちらも柱となれる人材は必要だ。2位で西村が残っていなければ、その枠でスケールのある投手に切り替えるのも一つの手だろう。候補としては先発タイプなら青山美夏人(亜細亜大)、リリーフタイプなら橋本達弥(慶応大)が面白い。青山は長身と長いリーチでボールに角度があり、力を入れた時のストレートの勢いは目を見張るものがある。また未完成な部分も目立つが、スケールでは大学生投手でトップクラスだ。橋本は東京六大学を代表する抑え投手。150キロに迫るストレートにフォーク、カットボールと決め球を複数備えている。ともに完全な即戦力という感じではないが、2年目から一軍の戦力になれるだけの潜在能力は十分にありそうだ。

【広島】

 5位の広島は森下暢仁、栗林良吏、森浦大輔など即戦力を期待して獲得した投手がしっかり戦力になっている印象が強い。一方で野手は坂倉将吾、小園海斗の成長はあるものの、鈴木誠也の抜けた穴は大きく、昨年社会人の右打者を獲得はしているが、やはり強打者タイプは必要になるだろう。

 高校生であれば内藤鵬(日本航空石川・三塁手)ももちろん候補だが、脚力のある選手を重視するチームであることを考えると少しマッチしないようにも感じる。そこで候補として推したいのが森下翔太(中央大・外野手)だ。東海大相模時代から評判の強打者で、1年春には早くも大学日本代表に選ばれている。その後は少し苦しんだ時期が長かったが、今年の春は打率3割をクリアし、課題の確実性も向上してきた。全身を使ったフルスイングで広角に長打を放つことができ、脚力と肩の強さも備えている。また今年は死球による骨折から早期に復帰するなど体の強さを見せているところも広島向きの選手と言えそうだ。

 前述した通り、投手陣は確実に補強されてきているが、高校卒の若手となると遠藤淳志と玉村昇吾しか一軍の戦力になっておらず、二軍まで見ても2年目の小林樹斗くらいしか有望株は見当たらない。そうなると高校生のスケールのある投手を狙いたいところだが、候補としては斉藤優汰(苫小牧中央)、門別啓人(東海大札幌)などが挙げられる。斉藤はたくましい体格から投げ込むストレートが武器で、スピードはコンスタントに145キロを超える。まだ粗削りではあるが、今年の高校生投手ではスケールの大きさはナンバーワンと言えるだろう。

 門別はオリックスのところでも紹介したが、スピードだけでなく総合力も高いサウスポー。将来の先発候補として期待できるだろう。大学生でも将来性とスケールを重視するなら仲地礼亜(沖縄大)が面白い。高校時代は無名ではあったが、大学で急成長した本格派右腕で、昨年の大学選手権でも好投している。森下に次ぐエース候補として狙いたい存在だ。

【巨人】

 4位に沈む巨人は数字的には投手成績が課題のようにも見えるが、今年プロ初勝利をマークした投手が8人出ていることからも分かるように、今後の成長が楽しみな投手は少なくない。一方で野手は坂本勇人、丸佳浩、中田翔など中心選手にはベテランプレイヤーが多く、数年後には大きくメンバーを入れ替える必要があり、若手の有望株は必要不可欠な状況となっている。

 そんな中で9月28日には早くも浅野翔吾(高松商・外野手)の1位指名を公言したが、これはチーム状況を考えても非常に理解できる選択と言える。右打ちの外野手で支配下の選手は外国人のウォーカーを含めて2人しかおらず、内野も含めてもパンチ力のある若手は多くない。浅野自身は中距離打者を目指すと話しているが、東京ドームが本拠地であればホームランを量産することも期待できるだろう。

 ただ、巨人は抽選に外れ続けており、その時の選択も重要になってくる。過去には野手を外して投手に切り替えたこともあったが、チーム事情を考えるとやはり外しても野手を狙いたい。そこで、指名されず残っていれば推したいのが松尾汐恩(大阪桐蔭・捕手)だ。将来の正捕手候補としても当然魅力的な人材だが、巨人としては坂本の後釜候補として考えたい。地肩の強さとフットワークは抜群で、長打力十分のバッティングも高校生ではトップクラスだ。浅野、松尾ともに指名できないケースでも中日のところでも挙げた西村瑠伊斗(京都外大西・外野手)や、イヒネ・イツア(誉・遊撃手)など高校生のスケール型の選手を狙いたい。

 投手は前述したように楽しみな若手が多いが、リリーフの手当てはしておきたい。4位以降で残っていれば検討したいのが小孫竜二(鷺宮製作所)だ。今年で大学卒3年目だが、短いイニングであれば球威で圧倒することができ、課題だった制球力も確実に向上している。リリーフなら早くから戦力となる可能性は高い。大学生であれば才木海翔(大阪経済大)も好調時のストレートは目を見張るものがあるだけに、セットアッパー候補として面白いだろう。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。