マジックが点灯しながらも、最終戦に敗れてまさかの2位となったソフトバンク。2017年からは日本シリーズ4連覇を達成しているが、レギュラーシーズンの成績だけを見ると過去5年間でリーグ1位となったのは1回だけであり、常勝軍団、巨大戦力という印象は徐々に薄れている。またシーズン終了を待たずに長年チームを牽引してきた松田宣浩の退団が発表され、エースの千賀滉大も海外FA権を行使してのメジャー移籍が噂されるなど、2010年代に栄華を誇ったチームも過渡期を迎えていることは間違いないだろう。

 ここから再びパ・リーグ、球界の盟主へと返り咲くためには様々な課題があるが、一つ気になるのが選手の年俸におけるコストパフォーマンスの悪さだ。5月にプロ野球選手会が発表した年俸調査ではソフトバンクの平均年俸は7002万円で3年連続トップとなっており、最下位である日本ハムの2817万円と比べると実に倍以上の開きとなっている。また、これはあくまでも選手会に加入している日本人選手だけの金額であり、外国人選手まで含めるとこの差はさらに大きくなるだろう。

 そして大きな疑問となっているのがその査定の甘さだ。昨年オフに行われた契約更改において、1億円以上の年俸となった選手と昨シーズンの成績を並べてみると、以下のようになっている(金額は推定。年俸が変動しない複数年契約や減俸のない複数年契約の選手は除く)。

千賀滉大:6億円(前年比+2億円)
13試合 10勝3敗0セーブ0ホールド 防御率2.66

嘉弥真新也:1億6000万円(前年比+2000万円)
58試合 1勝0敗0セーブ19ホールド 防御率4.71

和田毅:1億5000万円(前年比±0円)
18試合 5勝6敗0セーブ0ホールド 防御率4.48

武田翔太:1億5000万円(前年比+9000万円)
12試合 4勝5敗0セーブ0ホールド 防御率2.68

石川柊太:1億2000万円(前年比+4000万円)
28試合 6勝9敗0セーブ0ホールド 防御率3.40

柳田悠岐:6億2000万円(前年比+1000万円)
141試合 155安打28本塁打80打点6盗塁 打率.300

中村晃:2億4000万円(前年比±0円)
139試合 113安打8本塁打56打点1盗塁 打率.245

甲斐拓也:2億1000万円(前年比+4500万円)
143試合 92安打12本塁打44打点6盗塁 打率.227

松田宣浩:1億5000万円(前年比−3億円)
115試合 83安打14本塁打47打点5盗塁 打率.234

 特に他球団のファンは、これを見て妥当だと感じる人は少ないのではないだろうか。千賀も二桁勝利はマークしているものの、登板数自体は13試合と、1年間の約半分しかローテーションを守っていないことになる。メジャー移籍に対する強い要望を抑え込むには致し方ない部分はあると思われるが、この成績で2億円アップするというのは他の球団では考えられないだろう。さらに驚かされたのが武田だ。防御率こそ2点台ながら、4勝5敗という成績に終わったにもかかわらず、大幅アップとなっている。

 これは2022年中に国内FA権を獲得することを見越してのことであり、4年という複数年契約も結んでいるが、成績を考えれば異例のことであることは間違いない。また年俸がダウンしない複数年契約を結んでいる森唯斗(4億6000万円)と今宮健太(2億9000万円)も相当な高給取りとなっている。唯一松田だけが大幅ダウンとなっており、これは年齢を考えてとのこともありそうだが、全体的に見ても、他球団と比べて査定が甘いのではないかという声は出てきてもおかしくないだろう。

 ソフトバンクはとにかく使うところにはお金を使うという印象が強く、多くの育成選手を抱えていることも、二軍、三軍の施設を充実させていることも他球団との差別化となっていることは確かだ。育成選手からは千賀、甲斐、石川などが主力となっており、投資に対するリターンももちろん出ている。

 その一方で、育成で芽が出なかった選手に対しても、グループ会社への就職を必ず斡旋するなど、選手としての条件は悪くてもチャレンジしやすい環境を整え、一定の成果を出した選手には他球団と比べても好条件を提示するなどしているが、それによって選手にも甘えが出ている部分もあるのではないだろうか。先述した高額年俸の選手たちの今シーズンの成績を見ても、年俸に見合うだけの活躍をした選手は皆無と言ってよいだろう。

 もちろんチームを強くするためにはある程度の金額を投資することは必要だが、今のソフトバンクを見ていると無駄に高い年俸を払っているという感は否めない。チームを立て直すためにも、このあたりの査定についても再度見直していく必要はありそうだ。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。