ベテランの去就を巡り、明暗が分かれる形となっている。

 ソフトバンクを今季限りで退団した39歳の松田宣浩は、巨人への入団が決まった。今月15日に都内のホテルで行われた会見では、「とにかく試合に出てチームに貢献したい。今年は1本もホームランを打つことができなかったので、東京ドームで1本、1日も早く打ちたい。その中で、無意識に『熱男』が出たらいいんじゃないかと思います」と宣言。会見に同席した原監督は「みんなに愛され、野球に対するガッツを非常にまぶしく感じていました。日本シリーズでも数度、痛い目に遭わされました。松田選手ワールドみたいなものがしっかりある。誰も立ち入ることのできない聖域。そういう選手はいそうでいない。敵陣にいながら眩しく見えていた」と評した。

 松田は会見の中で本職の三塁だけでなく、今季主にソフトバンクで守った一塁、さらに外野に挑戦する意欲を明かした。出場機会を増やすためにはなりふり構わない。実績十分のベテランがこういった貪欲な姿勢を示すことで、チームにもたらすプラスアルファは大きい。

 ソフトバンクを取材するスポーツ紙記者は、「松田がいるだけでチームの雰囲気が引き締まる。常に声を張り上げ、ナインを鼓舞してベンチを活気づける選手はなかなかいない。今季はプロ17年目で初のノーアーチに終わったが、大きな故障をしたわけではないないし。体はまだまだ動く。代打での起用が多くなると思いますが、あれだけ振れる打者が控えているのは相手からしたら不気味でしょう」と期待を寄せる。

 巨人が松田を戦力として獲得したことは事実だ。一方で、チームの雰囲気を良い方向に変えられるキャラクターにも期待していることは間違いない。ベテランになり球団の構想から外れた選手は周囲に与える「影響力」も、他球団に評価される上で重要な要素となる。

 松田と対照的に、去就が決まっていないのが巨人を退団した山口俊、中日を退団した平田良介だ。山口は35歳、平田も山口と同学年で1988年の早生まれの34歳。共にNPBでの現役続行を望んでいるが、朗報は届いていない。

 山口に関しては、「まだまだNPBで通用する」という声が少なくない。今季は1試合登板で1試合登板に終わったが、2019年に15勝を挙げて最多勝を獲得。同年オフにポスティング・システムでメジャーに挑戦した。横浜(現DeNA)時代は守護神で活躍し、通算112セーブを挙げるなど先発、救援で起用法が幅広い。器用な選手で多彩な変化球を駆使し、打者を抑える術を持っている。

 平田は近年度重なる故障で出場機会を減らし、今季は51試合出場で打率.200、1本塁打、10打点。来季の戦力構想から外れたが、不完全燃焼だったため現役続行の道を選んだ。

「山口は新しい環境に溶け込むのに時間はかからないと思うが、若手の模範になるタイプかと言うと疑問は残る。使い勝手のいい選手だが、全盛期に比べると直球の強さがかなり落ちているし、他球団は獲得に慎重になっているのだと思う。平田は貧打が深刻な中日でチャンスは与えられていた。今季はスタメン出場は少なかったが、途中出場で結果を残していれば状況は変わったでしょう。NPBの他球団でプレーするのは厳しいかなと感じますね」(スポーツ紙デスク)

 山口と平田。置かれた状況は厳しいが、手を差し伸べる球団は現れるか。(今川秀悟)