来年3月に行われるワールドベースボールクラシック(WBC)。3大会ぶりの優勝を目指す侍ジャパンは強化試合を行い、大谷翔平(エンゼルス)も出場する意思を表明するなど徐々に大会に向けて盛り上がりを見せてきている。そこで今回は現時点でのベストメンバーを考えてみたいと思う。メジャーでプレーしている選手や、このオフにメジャー移籍を目指す選手は出場できるか不透明ではあるが、そういった選手も出場が可能なものとして選出した。また、日系人メジャーリーガーの参加も噂されているが、今回は対象からは外している。

*  *  *

【投手】14人
大谷翔平(エンゼルス)
ダルビッシュ有(パドレス)
山本由伸(オリックス)
佐々木朗希(ロッテ)
千賀滉大(ソフトバンク)
宮城大弥(オリックス)
今永昇太(DeNA)
伊藤大海(日本ハム)
青柳晃洋(阪神)
平良海馬(西武)
大勢(巨人)
田口麗斗(ヤクルト)
松井裕樹(楽天)
栗林良吏(広島)

【捕手】3人
甲斐拓哉(ソフトバンク)
森友哉(オリックス)
中村悠平(ヤクルト)

【内野手】7人
岡本和真(巨人)
牧秀悟(DeNA)
山田哲人(ヤクルト)
菊池涼介(広島)
村上宗隆(ヤクルト)
源田壮亮(西武)
中野拓夢(阪神)

【外野手】6人
鈴木誠也(カブス)
塩見泰隆(ヤクルト)
吉田正尚(オリックス)
近藤健介(日本ハム)
近本光司(阪神)
牧原大成(ソフトバンク)

 先発投手は大谷、ダルビッシュ、山本、佐々木の4人。全員が三振を奪う能力が高く、制球力も備えた日本のエースと言える存在である。メジャーの2人は登板に対する所属チームからの規制、佐々木は若さとコンディションという不安要素はあるものの、状態さえ問題なければ失点は計算できる。過去の大会と比べても豪華な先発陣と言えそうだ。

 第2先発として選んだのが千賀、宮城、今永、伊藤の4人。こちらも先発に入ってもおかしくないだけの実力の持ち主で、今シーズンも見事な成績を残している。千賀は前回のWBC、伊藤は昨年の東京五輪での経験も大きい。もし千賀がメジャー移籍によって参加が難しい場合は山岡泰輔(オリックス)、戸郷翔征(巨人)、高橋宏斗(中日)なども候補になりそうだ。

 セットアッパーは平良、大勢、松井、田口、クローザーは栗林を選んだ。平良、大勢、松井の3人は三振奪取能力の高さ、田口は抜群の制球力が光る。栗林は昨年の東京五輪でもフル回転の活躍を見せており、現時点では日本で最高の抑え投手と言えるだろう。

 そして重要になりそうなのが変則投手として選んだ青柳だ。昨年の東京五輪では悔しい結果となったが、過去の大会を見ても他の国にいないこういうタイプの投手は非常に重要である。アンダースローの与座海人(西武)も候補だが、ボールの勢いはやはり青柳が上回っているだけに、東京五輪での悔しさを晴らす活躍を期待したい。

 捕手は甲斐、中村の守備型の2人に打撃も期待できる森の3人。正捕手は経験を考えるとやはり甲斐になりそうだ。今年は大きく成績を落としているのは気がかりだが、守備の安定感はやはり申し分ない。森は代打やDHでも期待したい。

 内野はファーストが岡本と牧、セカンドが山田と菊池、サードが村上、ショートが源田と中野という想定で選出。岡本はサード、牧はセカンドも守ることができ、貴重な右打者である。また中野は二遊間のバックアップと代走要員としても心強い。ショートは坂本勇人(巨人)ももちろん候補だが、今年の状態を考えるとやはり源田が妥当と言えそうだ。

 外野はライトが鈴木、センターが塩見と近本、レフトが吉田と近藤という布陣を想定した。吉田と近藤は守備に不安が残るだけに近本が守備固めとして起用されることになりそうだ。そして重要になるのがユーティリティーの牧原だ。今年は外野を守ることが多かったが内野もセカンド、サード、ショートを守れる。足のスペシャリストとして周東佑京(ソフトバンク)も入れたかったが、守備を考えると現時点では牧原の方が貴重な存在になりそうだ。

 ベースとなるスタメンは以下としたい。

1番 塩見(中)
2番 大谷(DH)
3番 村上(三)
4番 鈴木(右)
5番 吉田(左)
6番 岡本(一)
7番 山田(二)
8番 甲斐(捕)
9番 源田(遊)

 大谷から山田まで安定してホームランが期待できる選手が並び、塩見、源田の機動力も期待できる。今までは“スモールベースボール”で戦うことが多かったが、過去2大会は得点力に苦しんだことが多かっただけに、今大会は打ち勝つ野球をぜひ見せてもらいたい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。