ワールドカップ(W杯)カタール大会で、日本は2試合を終えてグループEの2位につける。勝ち点は3。ただし、第3戦のスペイン戦の結果いかんで、首位にも最下位にもなる状況だ。つまりラウンド16進出も、グループステージ敗退も、どちらもあり得る状況にある。

 スペインに勝つことは簡単ではない。第2戦のスペイン対ドイツはここまで消化した試合の中でも屈指の内容だった。球際の激しさ、切り替えの速さ、その中でもブレない技術の高さ。代表レベルでこれほど連動性と組織力、技術をぶつけ合う試合はそうはないだろう。

■「スペイン決勝T進出100%だ」

 スペインメディアも、その内容には自信を持っていた。試合翌日、日本代表の練習に訪れた記者を直撃した。日本対スペインはどんな試合になると予想するか、と。

「日本はグッドチームだけど、スペインが多くの時間でゲームをコントロールすることになるだろう。そうなったら日本は難しい試合を強いられることになる」

 スペイン「Marca」紙のファン・カストロ記者はそう指摘し、「スペイン優位は動かない」とも。日本に勝ち目はあるのか?

「カウンターで何度かチャンスを作るかもしれない。ひょっとするとゴールも決めるだろう。でも、今大会のスペインは調子がいい。日本が勝つ確率? それはわからないが、スペインが勝つ確率ももちろんわからない。でもスペインが決勝トーナメントに進む確率は100パーセントだよ」

 スペインにとって警戒すべき選手は?

「カマダ。フランクフルトで良いプレーをしている。彼は要注意だ」

 昨シーズンのUEFAヨーロッパリーグで、鎌田大地が所属するフランクフルトと準々決勝で対戦したバルセロナ。ホームの1stレグを1−1で引き分けながら敵地カンプ・ノウの2ndレグを3−2で制し、合計スコア4−3として準決勝進出を決めた。その後に準決勝でウェストハムを下し、決勝でレンジャーズを破って大会を制した。その記憶がカストロ記者にあるのだろう。

「わからないのは、タケがあまり使われていないこと。レアル・ソシエダでとてもいいシーズンを過ごしているし、彼の実力をスペインはわかっている。使われないのならわれわれにとってはいいことかもしれないが、日本はなぜ彼を常に起用しないの?」

 久保建英はここまでドイツ戦の前半のみのプレーに留まっている。スペイン戦では先発が予想されるが、同国の記者にとっては主軸を担うべき存在ということなのだろう。

■鎌田と遠藤と堂安と

 一方、1戦目を終えたあとにドイツ人記者、コスタリカのテレビディレクターにも日本代表の印象について話を聞いてみた。

「まだ1試合終わっただけ。内容的には日本が勝ったというより、ドイツが負けたという印象だね。多くの記者が後半、日本がフォーメーションを変えたことをドイツの敗因に挙げていたけれど、後半もドイツはチャンスを作れていた。どちらかと言えば自滅したと思う。日本がどこまで行くか? まだ1試合終わっただけで、判断はできない。先のことを考えるのは早すぎる。ドイツはダメだと思うけれどね」

 ドイツのテレビ「ZDF」のハンス・デクスン記者は、日本の印象よりも自国の不甲斐なさをそう嘆いた。日本の選手で印象に残った選手を聞くと、「カマダは良い選手だ」と名前を挙げつつ、「でも、ブンデスリーガの上位クラブでプレーしているわけではない」と注釈をつけた。

「ワタルは良い選手ですよ。私たちのキャプテンだし」と

 横からそう口を挟んだのは、ドイツ「ARD Radio」のメリーナ・ダフナーさん。ただ、デクスン記者によると、彼女はシュツットガルト出身で「ひいき目」があるとのこと。するとメリーナさんの同僚、アルミン・レーマンさんからも突っ込みが入る。

「ドーアンはフライブルクだ」

 堂安律が所属するフライブルクはブンデスリーガ2位でリーグ中断を迎えた。「それは今だけ」とデクスン記者も返答。首位バイエルン勢が中心のドイツの優位を強調したが、日本に1敗を喫し、最終節で逆転が可能であるものの、2戦を終えて4位であるのは紛れもない事実だ。

■コスタリカから力強い握手

 コスタリカのテレビ「Canal7」のディレクター、リベラ・チャベス・マルコ・ヴィニシオさんは日本に対するリスペクトを語った。ドイツ戦勝利を受けて「日本は素晴らしい。育成年代のチームの大会も取材したことがあるが、若い世代からしっかり育てて強化につなげていると感じます。それはコスタリカも見習いたい部分ですし、その成果がドイツとの試合に表れたのでしょう」と称賛。「このグループの中で日本は決勝トーナメント進出に値する」と対日本戦を前に語っていたが、結果は0−1で日本が敗戦。試合後にかわした握手は、妙に力強かった。

 グループステージで連勝を飾ったのは、フランス、ブラジル、ポルトガルの3カ国だけだった。日本にはそのチャンスがあったが、W杯はやはり甘くはなかった。実現していれば、世界に大きなインパクトを与えられたと思うとコスタリカ戦の戦いぶりは何とも悔やまれる。

 ただ、まだすべてが終わったわけではない。日本はドイツ戦の結果がフロック(まぐれ)ではないと、スペイン戦の結果をもって世界に証明できるか――。

(ライター・佐藤 景)