森友哉(西武→オリックス)、伏見寅威(オリックス→日本ハム)、嶺井博希(DeNA→ソフトバンク)のFAによる移籍が決まり、残る大物は近藤健介のみとなっているが、FAの人的補償や現役ドラフト、新外国人など各球団の来季に向けての補強はまだ続くことになりそうだ。

 そんな中でここへ来て気になるニュースが飛び込んできた。巨人のメルセデスが今シーズン限りで退団する見込みだと報じられたのである。メルセデスはメジャー経験はなく、2016年に巨人がドミニカ共和国で行ったトライアウトに合格して翌年育成選手として入団。2018年に支配下登録を勝ち取ると、ここまで実働5年で29勝をマークし、昨年の東京五輪ではドミニカ共和国代表の銅メダル獲得にも貢献している。

 今年は5勝7敗と負け越してはいるものの、防御率は3.18という数字は立派である。中盤以降に球威が落ちるスタミナ面の不安は課題だが、来年で29歳という年齢的な若さを考えてもまだまだ成長の余地は残されているのではないだろうか。何よりも5年間一軍の戦力としてプレーし続けてきた経験は貴重であり、先発投手が不足している球団にとっては非常に魅力的な人材である。本人が来年も日本でのプレーを希望するのであれば、複数球団による争奪戦となることも十分に考えられるだろう。

 そしてメルセデス以外にもこのオフに退団となった外国人選手で、まだ活躍の余地がありそうな選手は確実に存在している。投手で面白そうなのが、先日DeNAからの退団が発表されたロメロだ。来日1年目の昨年は後半戦に調子を上げて5勝3敗、防御率3.01を記録。今年はコントロールに苦しみ、シーズン終盤には中継ぎに配置転換となったものの、前年を上回る6勝をマークしている。

 150キロを超えるスピードがある割にストレートの被打率が高く、制球力には課題が残るものの、カットボールやツーシームなど小さく動く変化球は威力があり、強気に内角を攻める投球は魅力だ。またシーズン最終登板は崩れたものの、リリーフになってからは4試合連続で無失点と好投を見せており、急な配置転換にも対応していたことはプラス要因だ。来年で29歳と年齢的に若いのもメルセデスと同様に魅力である。

 野手で可能性を感じるのがヤクルトを自由契約となったキブレハンだ。2017年にはMLBのレッズで115試合に出場して9本塁打を放っている右の強打者で、今シーズン開幕後の4月にヤクルトと契約。故障で長期離脱していたサンタナの代役として期待されたが、29試合の出場で6本塁打、打率.241という成績に終わり、シーズン終了後に退団が発表された。

 確かにシーズンの数字だけを見ると物足りないが、8月27日のDeNA戦では1試合で3ホームランを放っているように、ハマった時の長打力は目を見張るものがある。また二軍でも30試合の出場ながら打率.326と好成績を残しているのも好材料だ。強打者タイプの外国人が欲しい球団が獲得に動くことも十分に考えられるだろう。

 実績のある野手として名前が挙がるのはロッテを退団する見込みと見られているレアードだ。2015年に日本ハムに入団すると、2年目には39本塁打でホームラン王を獲得するなど中軸として活躍。2019年にロッテ移籍後も貴重な長距離砲として度々チームの勝利に貢献した。

 今年はなかなか調子が上がらず、故障で長期離脱した2020年を除いて来日後最低の成績に終わったものの、それでも15本塁打を放つなど長打力は健在だ。来年で36歳となる年齢とコンディション面は不安要素だが、体調さえ問題なければまだまだ30本近いホームランも期待できるはずだ。基本的な年俸を抑えて出来高を手厚くする契約などが可能なら、獲得を検討する余地はありそうだ。

 今年はロメロ(ロッテ)が先発として活躍し、オフには中日がかつてプレーしていたアルモンテを再度獲得するなど、日本でのプレー経験がある選手を見直そうという雰囲気があることも確かだ。それだけにここで挙げた以外にも他球団でブレイクする選手が出てくることを期待したい。(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文 1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。