巨額の投資トラブルが発覚して芸能活動を休止していた「TKO」の木本武宏(51)が1月23日、相方の木下隆行(51)とともに都内で会見を行った。

 昨年7月に投資トラブルが発覚して以降、約半年ぶりに公の場の姿を見せた木本。まず一人で会見に臨んだ木本は、冒頭に深々と頭を下げながら謝罪。この時期まで会見が遅れた理由として「詐欺の可能性が高いかもしれないので、もっと詳細に調べた方がいいと弁護士から言われた」「連絡が取れない関係者もおり、会見をすることで刺激してより悪い状況になるのを避けるため」などと釈明した。

 その後、これまでの経緯を報告。木本は2017年頃に仮想通貨にハマり、暴落したことをきっかけに仮想通貨仲間からFXトレーダーのA氏を紹介されたという。次第にA氏にお金を預けてトレードを任せるようになり、10人近くの友人も紹介。ところが、何カ月か経つとA氏と連絡が取れなくなったという。

 さらに、A氏の被害に遭った投資仲間たちと話し合っているうちに、同じくA氏にお金を預けていたというB氏と連絡を取り合うように。もともと、B氏は木本の10年来の友人でもあり、「最近不動産投資でうまくいっている」とのうわさも耳にしていた。そのB氏からも不動産投資を勧められ、わらにもすがる思いで木本自身やA氏への投資仲間、別の知人の計4人でB氏にお金を預けたものの、最終的にこちらも連絡が取れなくなってしまったという。

 A氏絡みのトラブルでは最大で1億7000万円もの被害があったが、そのうち6000万円はすでに返ってきているという。投資仲間に対しては、木本自身の車や腕時計、家財などを処分して弁済。現在はA氏からの返済もスタートしているそうだ。

 一方、B氏絡みのトラブルについては最大で5億円の被害があり、そのうち1億6000万円はすでに返って来ている状況。さらに最近はB氏と連絡がついて、今後の返済計画も確認できているらしい。

 なお、自身が出資した額はトータル2000万円ほどで、出資仲間から手数料を取ったり、商売にしていたといった疑惑は否定した。さまざまな協力者の援助を得て、現在の債務は1億5000万円まで圧縮されたという。

 報道陣からの質疑後は、約3年前にパワハラ騒動で世間を騒がせた相方の木下が登場。2人で改めてそれぞれの不祥事を謝罪すると、今後は木本も芸能活動を再開し、コンビとして2人で活動していくこと、それに伴い公式サイトをオープンしたこと、2月5日に大阪でトークライブを開催することなどと発表した。

 会見はトータル1時間半近くにも及んだが、民放テレビ局の情報番組スタッフはこう振り返る。

「木本さんは古巣の松竹芸能を辞めており、サポートするスタッフも少なく、会見前は準備や仕切りも含めて『大丈夫なのか』と不安視する声もありました。でも、終わってみれば大成功だったのではないでしょうか。会見で木本さんはトラブルの経緯を細かく、丁寧に説明していましたし、報道陣からの質疑にもきちんと対応していました。後半では相方の木下さんも登場し、2人とも厳しい状況の中ではあるものの、コンビで頑張っていくという意思も感じられました」

 実際、会見の最後には報道陣から拍手も起こるなど、現場の空気としては比較的好意的な雰囲気だったようだ。

 だが一方で、SNS上では「緊張感が感じられない」「本当に反省しているのか」など厳しい意見も散見される。

 芸能ジャーナリストの竹下光氏はこう語る。

「相方の木下さんと一緒に会見をするのであれば、改めて別の機会を設けた方が良かったのではないでしょうか。実際には、最初に木本さん一人が会見に臨み、投資トラブルに関して説明。その後に木下さんが登場して2人そろって今後の活動などの話をする……といった形で、当人たちはメリハリをつけたつもりかもしれません。ただ、世間の人が会見の報道を目にした際には、さも木本さんが謝罪会見中に笑顔を浮かべていたり、ガッツボーズをしたりしていたような印象を与えてしまいます。木下さんとのセットでの会見は失敗だったと思います」

 さらに、バラエティー番組を手がける放送作家は、今後の厳しい状況を指摘する。

「B氏絡みの投資トラブルに関しては詐欺の可能性が高く、いまだ解決したとは言い難い状況ですし、刑事告訴となれば再び注目を集めることになる。昨今のテレビ業界はとにもかくにも“事なかれ主義”が浸透しているので、テレビ復帰はかなり厳しいと言えるでしょう。また、木本さんは会見が遅れた理由を話していましたが、一方では騒動の渦中に女性誌の単独インタビューには応じているわけです。その点には矛盾を感じました。今回の会見に対する一部厳しい報道などを目にすると、記者会見より先に女性誌の単独インタビューを受けたことで、他のメディアから反感を買ってしまった感じもありますし、少なくとも前途洋々という雰囲気ではありません」

 会見で「僕たちは今崖っぷちです。というか崖から落ちてます」「50代に突入して情けない姿、それを見て笑ってもらいたい」など謙虚に再起への思いを語っていたことに、記者からは同情の声も声も上がっていた。「とにかく苦労してるおっさん」(木本談)の巻き返しはあるのだろうか。(立花茂)