女性が男性から性的サービスを受ける女性向け風俗店。コロナの影響で利用者が減っていると思いきや、一部の人気キャストは例外で、連日「予約満了」が続いているという。女性は何を求めて男を「買う」のか。人気コラムニストの妹尾ユウカさんが実際に女性向け風俗店を利用したと聞き、ルポを書いてもらった。そこには男性が風俗店で女性を買う時とは異なる理由があるようで――。



*  *  *
 今回、私が利用した女性向け風俗のホームページには21名の男性キャストの宣材写真が並んでいた。年齢は21歳〜35歳。男性向け風俗店のホームページと同様に、プロフィールには身長体重といった外見を表す情報に加えて、普段の職業や趣味、特技、夢や目標という項目があった。利用客はこの中から好みの男性を選び、スケジュールを確認して予約に至るのだか、人気ランキング上位のキャストはコロナ禍で、人と人が気軽に会いにくくなった現在でも"ご予約満了"の文字が目立った。
 
 そもそも、私が女性向け風俗店を利用しようと決めた理由は、なにも「男に飢えていた」からではない。作家・中村うさぎさんが風俗店で働いた経験が綴られた『私という病』という本に「男は風俗に性的幻想を買いに来てる。妻や彼女には出来ないことを求めてやってきている」と書かれてあり、「では女性は何を求めて男を買うのか?」という疑問に対する答えを知りたかったからだ。

 新宿区・歌舞伎町の路上。待ち合わせ場所に現れたAさん(21)は白のボウタイシャツに黒のジャケットを羽織り、髪の毛は茶髪でイマドキの若者らしく、可愛らしい顔立ちの青年だった。待ち合わせ場所からホテルへと向かう道中では、自ら何度も車道側に回ってエスコートをしてくれる姿が印象的だった。

 料金は120分コースで22000円。ホテルへ到着すると、彼は「出会えた記念に受け取って下さい」と一輪の薔薇の花をくれた。その後、サービス前のカウンセリングが行われたのだが、紙ではなく携帯の画面を見せてきたので「紙ではないんですね」と私が呟くと「紙を持っていると親にバレる可能性があるので」と彼は言った。普段は都内の大学に通う大学3年生だという彼は、女性向け風俗で働いていることを親には秘密にしているらしい。大学の友人らには既にバレているが、「とくに気にしていない」と話した。

 カウンセリングシートには自分のS度・M度を記入する欄があり、他にも性感マッサージでされたい希望プレイ・NGプレイ、照明の明るさの好み、BGMの有無の希望や曲のジャンルまでもこちらの要望を丁寧に聞いてくれた。これまで男性と性的行為をする際に、こういった趣味嗜好を相手から詳しく聞かれることはなかったため、少し戸惑った。それと同時に、自分が普段いかに男性の趣味嗜好に合わせた性的行為を行っているかを痛感した。私は彼に対して、どちらかといえば「攻めてみたい」という気持ちはあったが、「私よりも歳下の男性に対して、その欲をぶつけるのはいかがなものか」と思い、"キャストにおまかせ"に丸をつけた。

 それ以降はドラマや映画のカップルのように穏やかな会話をしながら一緒に入浴し、ベッドに移って性的サービスが施される。もちろん本番行為などは一切なし。受けることのできるサービスは男性向けヘルスと似た内容だろう。ちなみに入浴に関しても、"一緒に入る、別々に入る、途中から一緒に入る"といった選択肢の中から選ぶことができた。私は、普段は絶対に男性と一緒にお風呂には入らないのだが、せっかくなので一緒に入ることにした。

「彼はなんでこの仕事をしているのだろう」

 入浴後、いざベッドを前にすると突然、そんなことが気になった。とはいえ、これから性的サービスを受ける人間が「なんでこの仕事をしているの?」と尋ねるのはどこか偉そうでもある。そして、何より「風俗嬢に対して説教をする中年オヤジみたいだな」と感じたので、聞かないことにした。

 カウンセリングの際に私は"キャストにおまかせ"を選択したので、部屋を少し薄暗くした後に彼の方から丁寧に攻める姿勢を取ってくれた。普段、私はいわゆる「大人のおもちゃ」を使った性的行為を好まないのだが、その理由と言えば、食わず嫌いのようなものである。なので「これはいい機会かも」と思い、彼がカバンから取り出したおもちゃで性的サービスを受けてみることにした。日頃、私は恋愛やセックスにまつわるコラムを書いているので、「中イキが出来ない」「セックスを気持ちいいと思ったことがない」といった性に関する相談を女性から寄せられることがよくあるのだが、こうした女性向け風俗でプロに任せれば解決することも可能に思えた。 

 普段、彼を指名する客は28歳〜60歳と年齢層が幅広く、性的サービスなしで利用する客も多いという。先日も1日貸し切りをした客と泊まりがけでテーマパークへ行ってきたそうだ。料金は15万円と、決して安価ではない。だが、繰り返し利用する女性の心情は決して理解し難いものではなかった。

 性的サービス以外の面でも、歩くスピードや会話の内容など、細かいところから終始女性側のペースや好みに合わせてくれる。普段、一般の男性とデートなどをする際は、食事をする店や会話の内容など全てにおいて互いに歩み寄らなくてはならない。しかし、この時間は男性と過ごしながらも自分らしくいられる気がする。もしかしたら"寂しい人"に思われてしまったかもしれないが、どんな話も肯定的に聞きながら寄り添ってくれる男性というのは心強くあたたかかった。

 コロナ禍でありながらも女性向け風俗に需要がある理由について尋ねてみた。すると彼は「外に出かけづらい状況で、娯楽のひとつとして使っていただいているという印象です。ホテルとか閉鎖された空間で二人で楽しめるサービスなので、大勢の人がいるような場面にならないという点では、安心感があるのかもしれません」とにこやかに答えてくれた。

 帰りは手を繋いで待ち合わせた場所まで二人で歩いた。「本当にどこにでもいるカップルのようだな」と、ほっこりとした気分。あくまでも「疑似」ではあるのだが。

 男性向け風俗には自分の性的欲求を処理したいという目的のみで来る客が大半だと聞くが、女性向け風俗に行く客は、理想の彼氏像のようなものを現実化してくれる彼らとのひとときに癒しを求めているのだろう。人間関係の構築が、以前よりもちょっと難しくなったコロナ禍の今、なおさらかもしれない。

◆妹尾ユウカ
せのお・ゆうか/1997年8月生まれ。一児の母。コラムニスト。ツイッタ−のフォロワー数は7万5千人(2021年4月現在)。