一律に「オンラインにしろ」というわけにはゆかないし、一律に「対面に戻せ」というわけにもゆかない。最適の組み合わせは大学が決めるべきだ――大学に対して対面授業実施を求める文部科学省の姿勢を、内田樹氏はこう批判する。現在発売中の『大学ランキング2022』(朝日新聞出版)から紹介する。



*  *  *
 大学はがんばっていると思う。オンライン授業そのものは技術的には20年くらい前からやろうと思えばできたけれど、大学教員たちはほとんど関心を持たなかった。授業は対面で行うべきという思い込みがあったからである。「謦咳(けいがい)に接する」という。師の身近にいて、その息遣いに触れなければほんとうの教育は成り立たない。多くの教員たちはそう思い込んでいたと思う。

 オンラインをしようにも、コンピューターを使いこなせない者も年配の教員には多かった。しかし、コロナ禍を奇貨として、日本の大学教員のコンピューターリテラシーは短期間に驚くほど向上したと思う。教員同士でオンライン授業に必要なコンテンツの作り方や講義の進め方を教え合い、スキルは高くなった。

 これまで大学では、学生は主体的に自学自習すべきだという前提があって、高校までのように教員が一人ひとりの学生をケアするという発想がなかった。だから、廊下で教員に質問したり、オフィスアワーに研究室のドアをたたいたりする学生には親身な指導をするが、そのような積極性を欠いた学生には手を伸ばさずにきた。学力もあり、知的好奇心もありながら、いまひとつ積極性に欠ける学生たちをいわば切り捨ててきたのである。

 オンライン授業のおかげでそういう学生たちと教員の間にもコミュニケーションが成立するようになった。彼らからすれば教員に個体識別され、個人的な質問に答えてもらえるというのはこれまでになかった経験だった。その結果、学期途中で脱落する学生は減り、平均成績も上がった。これまでそういう「積極性の足りない学生」を大学は組織的にネグレクトしてきたことがオンライン化によって可視化されたのである。

 教育上オンラインにアドバンテージがあるという点はいくつも挙げることができる。ゼミや論文指導でも、研究室で対面するとなると、時間を合わせるのがたいへんだが、Zoomならば教員も学生も自分の家で、空き時間にできる。

 以前なら「授業を休むしかない」という状況でも授業が受けられるようになった。例えば、体調が悪くてとても大学に行く元気はないけれど、自宅のこたつから授業を聴くくらいならできるということだってある。授業のある日と就活のセミナーの日が重なったけれど、移動途中の喫茶店でパソコンを開いたら授業に間に合ったということだってある。

 教室でまわりの学生と交流する機会は失われたが、逆にまわりの学生と自分を比較して優劣を気に病むというストレスはなくなった。教員が一部の学生ばかりと親しくして、自分は無視されているのではないか……というような親疎の差を意識するということもなくなった。

■固定的なレギュレーションで大学の手を縛ってはならない

 いま、文部科学省は対面授業を増やすように大学に要求しているようだが、対面とオンラインの比率については大学の自己裁量に任せてよいと思う。大学によって学生に何をどう教えるかはずいぶん違う。一律に「オンラインにしろ」というわけにはゆかないし、一律に「対面に戻せ」というわけにもゆかない。最適の組み合わせは大学が決めるべきだ。

 学生たちはキャンパスに行くことができず、学生同士の交流もなく、部活も停止しており、ある意味で大学教育は危機的な状況にある。どうやってその欠損を補うか、できることは大学ごとにずいぶん違う。文科省は大学にフリーハンドを与えるべきだ。固定的なレギュレーションを定めて大学の手を縛るということをしてはならない。

 もちろんオンラインには限界がある。オンラインは本質的にon demand である。学生は「メニュー」から「料理」を選ぶしかない。しかし、実際のキャンパスでは、学生たちは予測もしない出会いを経験し、受けるつもりのなかった科目を履修し、入るつもりのなかったクラブに勧誘されて、大学生活に「巻き込まれる」。それがある意味で大学生活の最も豊かな部分である。このby accidentの出会いだけはオンラインでは創り出すことができない。それはどうしても対面授業によってしか担保されない。

 オンラインと対面をどう組み合わせて、ハイブリッド授業の仕組みを作り上げるか。そのための創意工夫がいま大学に求められている。

■内田樹(うちだ・たつる)
神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長。1950年生まれ。東京大学文学部卒。東京都立大学大学院人文科学研究科修了。著書に『サル化する世界』『直感はわりと正しい 内田樹の大市民講座』など。

(構成/小林哲夫)

※『大学ランキング2022』より