ギャンブル好きで知られる直木賞作家・黒川博行氏の連載『出たとこ勝負』。今回は、光通信の接続工事について。

*  *  *
 去年の秋、NTTから封書が来た。《「フレッツ・ADSL」サービス終了のお知らせ》とある。2023年1月31日をもってサービスの提供を終えるため、光通信を勧める内容だった。

 なにごともものぐさなわたしは放っておいた。2023年になってから考えればいい、と。

 三月、パソコンの調子がおかしくなり、パソコンマスターのMさんに直してもらったのだが、そのとき、「このネット環境はめちゃくちゃ遅い」「いまどき、ADSLを使うてるひとは珍しい」といわれた。

 そういえば、ネットフリックスで映画を観ているときもよくフリーズする。Mさんに訊くと、光通信にすればそれも解消するだろうということだったから、わたしは俄然やる気になり、四月のはじめ、NTTに電話をして『フレッツ光ネクスト』というものを申し込んだ。

 光通信の接続工事は五月六日だった。工事担当者がふたり来て、既存の電話配管から光ファイバーを引き込むべく作業していたが、うまくいかない。配管のどこかが詰まっているか、外れているのだろうという。

「ほな、どうしたらええんですか」と訊くと、「新たに配管をしてもらうしかないですね」と来た。

 光ファイバーだけのために壁を壊すわけにはいかないから、床下にファイバーを這わせてくれといったが、そんな工事はできない、といわれた。裸配線は社内ルール違反らしい。

 担当者と話しあって、庭の隅にファイバー引き込み用のポールを立てることにした。そのポールから家の床下に配管を延ばして、いまモデムを置いているところまでつなぐのだ。その配管が完了すれば再度、引き込み工事をすることになった。

 わたしは近所の電気設備業者に電話をした。どこも光ファイバー用の配管工事はしたことがないといって断られた。それでも六軒目の業者が「現場を見ましょう」といい、配管工事をしてくれることになったが、法令でポールは四メートル以上の高さが必要だと分かった。たかだか一本のファイバーを引き込むために、えらく面倒な工事を強いられ、その工事費も安くはなかった。

 一週間後、ポールを立て、床下配管も終えてNTTに電話をした。ご指摘のとおりの配管をしました、と。

 するとNTTは、いまシステム入れ換えのため、六月八日までは対応できない、と答えた。なにごとも思いどおりにはいかない。

「六月八日は、そちらさんから連絡してくれるんですよね」「はい、こちらから工事連絡をします」

 そうして六月八日。午後四時半になっても連絡がない。さすがにムッとして電話をしたが、いつものごとく「ただいま混み合っています」だ。二十分待ってやっとつながり、事情をいうと「こちら部署がちがいますので担当者を調べて電話します」だった。「その担当者から電話がないから、こっちから電話してますねん」「承知しました。いったんお切りください」

 NTTの体質はまだ電電公社なのだろうか。新型コロナウイルスワクチン接種の予約をしたひとも同じようなめにあったのだろうか。

 次の工事日は七月二十七日と決まった。

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

※週刊朝日  2021年6月25日号