すでに見ごろを過ぎてしまった地域もあると思うが、関東では今来週あたりが見ごろを迎える紅葉の季節である。ずっと自粛を強いられていたせいもあろうが、高尾山や日光などの有名どころは、大混雑をしているらしくニュースにもなっていた。
いったい、日本人はいつ頃から「紅葉狩り」を楽しんでいたのだろうか。

万葉集にも歌われた紅葉狩り

 歴史を紐解くと、奈良時代に成立した「万葉集」にすでに紅葉狩りを楽しむ歌がいくつも詠まれており(当時は紅葉より黄葉が主)、また源氏物語の中でも貴族の遊びと紹介されていて、桜を愛でる風習より以前に始まっていたことがわかる。それでも、これが一般の庶民へと広がっていったのは泰平の世となった江戸時代中期のことである。桜と同様、野外での飲食を含めた行楽が楽しめる平和な時代が背景にあってこそなのであろう。ちなみに梅や桜の花見では使わない「狩り」の言葉を用いる理由はいくつか考えられているが、紅葉を愛でるためには山へ分け入る必要があったこと、これが「狩り」をすると同様に見立てていたという説が有力である。

ライトアップに浮かぶ紅葉の美しさを楽しむ

 お寺の境内で盛大な桜の花見会を催した豊臣秀吉も、紅葉狩りに関しては計画したところで終わったようで、神社仏閣で紅葉を楽しめるようになったのはやはりもっと時代が下ってからなのだろう。今では、紅葉スポットとして知られる寺社は全国に広がり、この時期にライトアップしているところも少なくない。「清水寺」や「永観堂」に代表される京都では、ライトアップされるこの時期だけ夜間の拝観ができる寺社なども数多い。

 上記2寺以外でも、毎年見事なプロジェクションマッピングを見せてくれる「高台寺」、京の奥座敷に位置する「貴船神社」、朱色の弁天堂と湖水に移る紅葉が美しい「醍醐寺」などは夜8時過ぎまで門が開いていて、昼間とは違う趣きを味わわせてもらえる。

紅葉と黄葉が最盛期の場所

 日本観光振興協会の「全国観るなび」では現在の「紅葉見ごろランキング」が発表されていて、見頃はすでに関東から西へと動いているようだ。ちなみに現在の1位は八王子付近の「甲州街道いちょう並木」で12月上旬までが最盛期となっている。次いで、茨城県・竜神峡、山口県・両足寺、岐阜県・永保寺が挙げられている。両足寺は別名もみじ寺とも呼ばれるほどで、この季節は境内は真っ赤に染まる。一方の永保寺は境内の大銀杏が見どころで、朱色に色づいたもみじと黄金色のコントラストが美しい庭園を彩る。

 これとは別に10年ほど前に選定された「日本紅葉の名所100選」というものがあって、こちらはかなり大雑把な位置指定になっている(例えば「日光」「奥多摩」etc)。



東京都内の紅葉スポット

 実は、東京都内には多くの紅葉狩りスポットがある。今年もライトアップを中止したところは多いが、探せば遠くにでかけずとも紅葉を楽しむことができる。例えば、文京区の六義園や小石川後楽園、中央区・浜離宮恩賜庭園、世田谷区・等々力渓谷、豊島区・目白庭園、葛飾区・水元公園等々。明治神宮の外苑に広がるいちょう並木や世田谷の九品仏・浄真寺の境内も美しい。

 なお、「もみじ饅頭」で知られる安芸の宮島の紅葉はもちろん有名でライトアップもされているが、今年の催事は終了してしまった。九州・中・四国の紅葉の終わりは意外と早い。

京から流れた紅葉が鬼女になるまで

 このように愛でられる紅葉であるが、「鬼女(きじょ)紅葉」という伝説が信州に伝わっている。

 これは創作が先か、言い伝えが先かは定かではないが、話は平安時代へ遡る。源経基の寵愛を受けた紅葉が京の都から流されてくるが、京を偲んで東京や西京、二条、三条と言った名を土地につけ、京での生活を地元に伝えて暮らしていた。やがて力をつけた紅葉は、山賊たちを仲間に引き入れ、力づくで京に戻ろうと企てるも、これを知った朝廷が平維茂に討伐を命じた、という話である。いつしか人をいいなりに動かす紅葉を人々は「鬼女」と呼び、退治されたためだろう、この伝説の残る土地の名は「鬼無里(きなさ)」となったとか。伝説の場所は他にも戸隠山や別所温泉など、信州に広がっていて、各地で「鬼女紅葉まつり」が行われている。紅葉が一方で恐ろしいものに変化した一例であり、もしかしたら源平合戦話のひとつなのかもしれない。

生きた化石「メタセコイア」の黄葉

 黄葉の代表格である銀杏は、街路樹として植えられている本数が国内で最多らしい。理由は手間がかからず排気ガスなどに強く、長寿であるからだが、一方で落ちて腐敗した実を踏んでしまうのが、私は何より恐ろしい(最近は雄木が中心になっているらしいが)。そんな中、近年黄葉の木として有名となっているのが「メタセコイアの並木」である。和名を曙杉といい、1946年までは化石として発見されるだけの絶滅した植物と考えられていた。これが中国四川省で生きた植物として発見されたのである。

 この後、日本各地で植林され、現在、滋賀県高島市では人気の紅葉狩りスポットとなっている。古い風習である紅葉狩りの看板として、生きた化石がこの先定着していくのか、ひとつ楽しみが増えたようである。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)