ツイッターの大改革を断行するイーロン・マスク氏。慢性的な赤字から脱するために、従業員の大量解雇や認証済みバッジの有料化に踏み切ったが、ツイッターの先行きには不透明感が残る。2022年12月12日号の記事を紹介する。

*  *  *

 米サンフランシスコ中心部のツイッター本社。大量解雇が始まったと報じられた11月4日、オフィスはほとんどの電気が消え、人影がまばらだった。建物から出てきたツイッター従業員という男性は「話はできない」と足早に去っていった。

 米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッターの買収を完了したのが10月27日。マスク氏はすぐさま「大改革」に向けて動き出す。

 マスク氏は着任直後、パラグ・アグラワル前CEO、ネッド・シーガル前最高財務責任者(CFO)ら幹部を解任。約1週間後の11月4日、約7500人いた全従業員の約半分にあたる約3700人の人員削減を開始した。日本法人も影響を受け、広報部門などの従業員らが対象となった。

■突然の「最後通告」

 マスク氏は、さらなるプレッシャーを従業員にかけていく。

「我々は極めてハードコア(熱烈)になる必要がある」「これは高い集中度で長時間働くことを意味する」。米メディアによると、マスク氏は11月16日、従業員あてのメールでそう訴えた。

 メールには「新しいツイッターの一部でありたいと確信がある人は、以下のリンクで『はい』とクリックしてください」とも書かれており、翌17日夕方までに同意できなければ、給与の3カ月分の退職金を得て会社を辞めるよう促したという。

 マスク氏が突然打ち出した「最後通告」で、社内はさらに混乱する。期限となった17日、ツイッター上にはマスク氏の意向に賛同せずに退社したという従業員らの投稿があふれた。

 米ネットメディア「ザ・バージ」によると、買収前に約7500人いたツイッターの従業員は、約2700人と3分の1ほどに減ったという。

 サービス面でマスク氏がまず打ち出したのが、「認証済みバッジ」の有料化だ。

 ツイッターはこれまで、著名人や政治家、ジャーナリストらによる申請に基づいて、アカウントが本人のものであることを示す認証バッジを無料で提供してきた。アカウント名の横についている青いチェックマークのことだ。マスク氏はこの認証バッジを月額7.99ドル(約1100円)の有料サービス「ツイッターブルー」の一部に含め、お金を払えば誰でも認証バッジが手に入るようにした。

 マスク氏がツイッターを総額440億ドル(約6.1兆円)で買収した際、金融機関からの借り入れが130億ドルにのぼり、その金利の支払いだけで年間10億ドルを超えるとされる。ツイッターは過去10年間で黒字化したのは2年しかなく、昨年まで2年連続の赤字。経営を立て直すためには、売り上げ増やコストカットが急務となっている。米ネットメディア「ジ・インフォメーション」は11月、マスク氏が従業員との会合で、来年のキャッシュフローが数十億ドルのマイナスになるとしたうえで、支出を上回るお金が確保できなければ、「破綻もありうる」と言及したと報じた。

■「トランプは復活する」

 だが、米中間選挙後に有料化を始めた直後から、トランプ前米大統領ら著名人などになりすました認証バッジ付きのアカウントが増加する。ゲーム大手の任天堂になりすましたアカウントでは、マリオが中指を立てた画像が投稿された。開始から数日後、マスク氏は認証マークの有料化を一時停止し、方針転換を迫られた。

 ツイッターの先行きへの不安から、大手広告主が広告を止める動きも広がった。米メディアによると、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)や独フォルクスワーゲン、米製薬大手ファイザーなどがツイッターへの広告出稿を一時的に止めた。

 最も注目されていた判断が、昨年1月の米議会襲撃事件後に「永久凍結」されていた、トランプ氏のアカウントの扱いだ。

「トランプ氏を復活させるかどうか」

 マスク氏は11月18日、ツイッター上のアンケートでそう尋ねた。24時間で1500万人超が投票し、結果は賛成51.8%、反対48.2%。マスク氏はその後、「人々は語った。トランプは復活する」と表明し、その日のうちにトランプ氏のアカウントが復活した。

 マスク氏は買収直後、ツイッターの投稿削除などを判断するにあたり、「幅広い多様な視点を持った協議会をつくる」と表明。協議会ができるまでは「アカウントの復帰について、重要な判断はしない」と公言していた。これまでに協議会を開いたという発表はなく、方針を翻した形だ。

 トランプ氏は、自身のSNS「トゥルース・ソーシャル」上で「心配するな。我々はどこにもいかない」として、現時点では自身のSNSにとどまる意向を示している。

 だが、トランプ氏のツイッターのフォロワーは、アカウント復活の翌日には8700万人以上に急増。昨年1月に永久凍結される前のフォロワー約8870万人を一夜にして取り戻した。

 トランプ氏のトゥルース・ソーシャル上のフォロワーは約470万人にとどまる。トランプ氏は先月、2024年の米大統領選への立候補を表明しており、今後ツイッターに戻る可能性は十分あるとみられる。(朝日新聞サンフランシスコ支局長・五十嵐大介)

※AERA 2022年12月12日号より抜粋