ジョー・バイデン氏が1月20日、新大統領就任を宣誓した。厳戒態勢でゴーストタウンとなった首都ワシントンの就任式は、新政権の前にトランプ前大統領の影を感じさせた。AERA 2021年2月1日号の記事を紹介する。

*  *  *
「本当にビューティフル、感動的な就任式で、家族皆で泣いていたの!」

 ホテルマネジャー、イブ・バルバネルさん(50)は、笑顔でこう語った。しかし、彼女らが涙していたのは、式があった首都ワシントンから約1400キロ離れたフロリダ州タンパだ。

 過去10カ月、バイデン候補(当時)を勝たせるために「何でもしてきた」。新型コロナウイルス対策に配慮しながらも、有権者の戸別訪問に歩き回るなどした。

「膨大な時間を選挙戦につぎ込んだから、ワシントンに行って就任式を見るべきだと思ったの。フェースシールドと航空券を買って興奮していた」

 しかし、1月6日、ワシントンの連邦議会議事堂への、トランプ支持者乱入事件が起きた。バイデン氏が大統領選挙の勝者であることを承認する上下両院合同会議が開かれる日だった。スペイン出身で、第2次世界大戦の傷跡を知るバルバネルさんと夫は翌7日、ワシントン行きの航空券を変更した。

 就任式があった20日正午、筆者はワシントン中心部で、「歓喜の歌」を鳴らす教会の鐘を聞いていた。厳戒態勢で、ホームレスとメディア関係者がたまに横切るゴーストタウンと化した街で、1カ所だけ約100人のバイデン支持者が集まっている通りがあった。「一般客用」と警官に教えられて行った検問所前だ。バイデン陣営の帽子や旗をまとった人々が、就任宣誓と演説をスマートフォンの画面で見守っていた。

■自由を取り戻したい

「結束こそが私たちが進む道」

 と、トランプ氏の分断時代を終焉させ、結束という言葉を繰り返すバイデン氏。「イエス!」「アーメン!」という言葉が飛び交い、強風と薄い冬の日差しの中でも、人々は笑顔だ。

「今、大きな変化が起きる歴史の真っただ中にいる。思いやりと伝統的な政治が再び、重んじられるようになる。女性や体が不自由な人をからかい、他人をこき下ろしていたトランプから解き放たれるの」とニューヨークから訪れていたデニーズ・リースさん(60代)は言う。

「女性、黒人、LGBTQであること、人工中絶や、人生で何でも選択することができる『自由』を取り戻したい」

 そう語るのは、人工中絶手術や性教育のサービスを提供する非営利法人(NPO)「プランド・ペアレントフッド」幹部の白人女性テリー・ピケンズさん(48)。保守派が多い北西部アイダホ州在住で、バイデン氏の選挙運動を手伝っていると通行人から脅されたり怒鳴られたりしてきた。それでも、バイデン氏の勝利を見極め、ワシントンに娘と息子を連れてきた。

 同じ検問所で4時間以上も待った揚げ句、やっと「会場」に入ったと思いきや、目を疑った。過去にオバマ元大統領やトランプ前大統領の就任式で見たような数々のお土産屋や、着飾った参加者や来賓は誰もいない。通りの1ブロックがバリケードで仕切られていて、そこに25人の訪問者が入れるというだけだった。コロナ対策のためである。バリケードの向こうは2メートル置きに並ぶ警官が冷たい視線を向ける。

 トランプ氏は「大統領選挙が盗まれた」と、支持者を扇動し議事堂襲撃事件を引き起こしたとされる。筆者の頭の中に「盗まれた就任式」という言葉が浮かんだ。

 オバマ氏就任式の際は推定で約180万人、トランプ氏の際は約60万人がワシントンの街に溢れかえった。通りに国旗がはためき、レストランも国旗の色の飾り付けで埋め尽くされていた。しかし今回、通りの角にいるのはマシンガンを抱えた警官と迷彩服の州兵。背の高さを超える黒い網のフェンスとバリケードが、就任式会場の議事堂やホワイトハウスの周りに何重にも張り巡らされ、最も近寄れる地点が1キロほど先になる。

 襲撃事件の直後、米連邦捜査局(FBI)が、ワシントンと50州の州都に武装市民がデモを行うと警戒を呼びかけた。ワシントンには2万5千人の州兵が集められた。現在イラクとアフガニスタンに駐屯する兵士数の3倍に当たるという。

■植え付けた憎悪は残る

 しかし、就任式後も州兵は、議事堂を中心とした米国の民主主義や歴史を象徴する建造物などの警備にあたる。つまり、バイデン氏の大統領就任、イコール、全米の社会的不安や危機の始まりでもある。共和党議員でもトランプ氏から距離を置いた議員が空港で囲まれて暴言を吐かれる事件さえ起きている。

 トランプ氏はホワイトハウスから去ったが、彼が支持者に植え付けたバイデン氏と民主党、リベラル派市民やメディアへの憎悪は、根強く残る。

 その中で、バイデン氏は就任直後に17本の大統領令に署名した。通常は舞踏会が続く就任式の日の公務は異例だ。気候変動問題へ対処するためパリ協定に復帰することなどに関する大統領令で、向こう10日間で53本に署名する。

「やっと国民に仕えてくれるノーマルな人が戻ってきた」(バルバネルさん)

「分断から結束へ」。バイデン氏は、バルバネルさんやワシントンに来た人々の期待を裏切るわけにはいかない。暴動を警戒し、ベニヤ板が打ち付けられたレストランや店舗が延々と続く異様なワシントンの光景を見ながら痛感した。

(ジャーナリスト・津山恵子(ニューヨーク))

※AERA 2021年2月1日号