現地時間17日午後に夫であるフリップ殿下(享年99歳)の葬儀を執り行ったばかりのエリザベス女王は、4月21日、95歳の誕生日を迎えた。



 例年ならば、夫、子どもたちや孫たちに囲まれた楽しい誕生日だが、73年間連れ添った夫を失った悲しみは大きく、

「人生に大きな穴があいた」

 エリザベス女王は夫フィリップ殿下を亡くしたことの悲しみをこう表現したと、次男アンドルー王子が記者団に語ったという。フィリップ殿下の訃報は現地テレビメディアで放送予定を変更して特番に差し替えて報道。葬儀の様子ももちろん中継された。

「そのご葬儀は“素晴らしい!”と大絶賛されました」とは英国王室評論家でジャーナリストの多賀幹子さん。

「フィリップ殿下のご要望が色濃く出たご葬儀でした。まず、霊柩車ですが10年以上かけて殿下本人が決めていったもので、ランドローバーの色をミリタリーグリーンに指定していた。工場まで何回も足を運び、車に載せる棺の留め金の調整もご本人がやったそうです」(多賀さん)

 コロナ禍で800人の参列予定が30人になり家族中心のまさに“家族葬”で、70年以上、英国の君主の配偶者の葬儀として控えめに映るものだった。

「ダイアナ妃のご葬儀の時は棺を砲台に載せて、ロンドン市内をめぐりましたが、フィリップ殿下はウインザー城の敷地内だけで完結する地味なものでした。かねてから“おおげさにするな”“質素に”“大騒ぎしてくれるな”とおっしゃっていたそうで、コロナ禍であったことが逆に殿下のお気持ちに沿ったご葬儀になったのではないかと現地では言われています。葬儀の時に流れる曲であるとか、棺の上の載せた海軍の帽子や剣、かける布までご本人が決めていたそうです。ここまで意思が強く表れたご葬儀に、現地では殿下への尊敬の念がさらに増しています」(多賀さん)

 フィリップ殿下が10年以上かけて決めてきた棺には、女王の思いが添えられたという。

「葬儀はテレビで見ましたが棺の上にメッセージカードがあって、手書きの文字であることは判別できるのですが何が書いてあるか話題になっていました」(現地在住日本人)。現地メディア「デイリーメール」によると、棺には小さなメモが載せられていたという。

「注目が集まったのは花輪に添えられた小さなメモ。ただ、そのメッセージはテレビ画面越しには解読不可能。報道によると、このメモはエリザベス女王の手によってしたためられたもので、“愛すべき思い出に(In loving memory)”と書かれており、さらに夫が彼女のことを呼ぶときに使っていたニックネーム”リリベット“で署名したとも言われている」(デイリーメール)

 棺に載せられた花冠も女王が自ら選んだ、ユリ、バラ、フリージア、スイートピーなどの美しい白い花々があしらわれていた。70年以上寄り添った夫を思う気持だけでなく、ヘンリー王子への気遣いも。女王はヘンリー王子のために葬儀直前に参列する男性たちに“軍服着用禁止”を命じた。

「王室公務を引退してしまったヘンリー王子のために喪服にしたんです。世界中のテレビで放映されるから、“恥をかかせてはいけない”“罰を与えているような感じにしてはいけない”と女王は葬儀直前の場に及んで、まだ孫息子のために気を遣っていらした。このことは冠婚葬祭では異例中の異例。結婚式でも英国では軍服です。軍服を着ないという指示には苦情も出たと言われています。ヘンリー王子はこんな有難い気遣いわかっていますかね? 君主と70年も寄り添った方の葬儀に喪服で参列なんてありえないです。凛々しく軍服を着て並ぶというのが王室の伝統ですよね。伝統を破ってまでも、居心地悪い思いをさせてはいけないと、女王らしい心遣いですよね」(多賀さん)

 そんな孫への最大の気遣いをヘンリー王子は察したのか現地メディア「People」によると「カリフォルニアから祖父の葬式に出席するために1年以上ぶりに英国に戻ったヘンリー王子は、女王の誕生日が終わるまで英国滞在を延長するという憶測もある」と。一方、フィリップ殿下の葬儀の列でヘンリー王子は兄・ウィリアム王子と並んで歩けなかったことを不満に思って「すぐにアメリカに帰国」と報じるメディアも。

 こうして迎えた女王95歳のお誕生日は例年であれば国民と共に祝う行事でもある。エリザベス女王の公式バースデーのお祝いとして6月に行われる「Trooping the Colour」(トゥルーピング・ザ・カラー)は昨年はコロナ禍で規模を縮小して開催。今年の開催予定は発表になっていない。

「コロナ禍で開催の予定が出ないというよりも、現在、喪に服している女王がその気になれるか……喪に服す期間は2週間なので4月22日明けるのですが。公務はフィリップ殿下の死後4日目に気丈につかれていた。しかし少しおやせになりましたよね。トゥルーピング・ザ・カラーをおやりになれるか、まだ、そこまでは気持ちが向かわないのでは。全てのことにおいて公務を優先させてきた方ではありますが、今回だけはなかなか……」(多賀さん)

 1939年、当時13歳だった王女は18歳のフィリップ王子に出会い恋に落ちて、70年以上――最愛の夫を失ったばかりでおひとりで過ごす初めてのお誕生日はさぞかし寂しいものだろう。