英王室を離脱したヘンリー王子(36)とメーガンさん(39)に、6月4日、第2子の長女リリベット・ダイアナ・マウントバッテン・ウィンザーちゃんが誕生した。何かと話題の夫妻だが、今回は長女の名前が波紋を呼んでいる。実は「リリベット」はエリザベス女王の愛称。英王室や英国民にとって思い入れのあるその名前は、英国民はもちろん、ほかのロイヤルファミリーでさえ使わない「聖域」だったからだ。そんな「聖域」に夫妻が踏み込んだ背景には、ある思惑が見え隠れする。AERA 2021年6月21日号で取り上げた。



*  *  *
 実は、「リリベット」と名付けたのには、メーガンさんの危機感がある。一つは、署名活動だ。昨年に暴露本『メーガンとハリー:真実の物語』を著したレディ・コリン・キャンベルさんが始めたもので、ヘンリー王子に称号放棄を求めている。開始から約3週間の6月8日時点で、6万人を超す署名を集めるなど、予想以上の反応である。

■皇太子の意向が影響

 もう一つは、チャールズ皇太子の意向だ。国王に即位した際には王室をスリム化すると明言している。ロイヤルファミリーを直系に絞り、第2子以降は自力で生きていくことを望んでいる。国民の税負担感を和らげるためで、欧州ではスウェーデンに先例がある。ヘンリー王子は王室から離脱したとはいえ、王位継承権は残り、いまは王室の称号も名乗れる。

 こうした状況から、メーガンさんは称号が剥奪(はくだつ)される日のことを考えているのだろう。夫妻はネットフリックスやスポティファイと契約を結び、児童書『ベンチ』を出版した。いずれも王室の称号があればこそ実現したことを、承知しているからだろう。講演も例外ではない。王子もメーガンさんも、「サセックス公爵と公爵夫人」と紹介されて舞台に上がったはずだ。

「リリベット」と「ダイアナ」。この二つの強力な名前があれば、王室との関係は切れようがない。そこに夫妻の強い意志が感じられる。アーチー君はロンドン生まれだが、むしろ英王室的ではない名前と言われた。そこでリリベットちゃんには、ロイヤルファミリーゆかりの名前を刻み込んだのだろう。

 リリベットちゃんの誕生に、王室側もお祝いのメッセージを送った。エリザベス女王は「サセックス公爵と公爵夫人」の称号を使用した。しかし、チャールズ皇太子とカミラ夫人(73)は、「ヘンリー、メーガン、アーチー、リリベット・ダイアナ」と称号がなかった。ウィリアム王子とキャサリン妃も「ベビーリリの誕生を喜んでいます。ヘンリー、メーガン、アーチーおめでとう」とした。称号がないのは初めてのことなので、注目された。もうすでにヘンリー王子一家は、一般人の扱いになったのだろうか。

 ただ、キャサリン妃は、一家の称号である「ケンブリッジ」の3人の子どもたちと、アーチー君とリリベットちゃん兄妹は、将来を考えると仲良くするべきだと考えているという。そのためにも、ヘンリー王子一家との確執はきちんと解決させたいとしているようだ。米国の雑誌は、ある情報筋の話として、ウィリアム王子夫妻はすでにリリベットちゃんにプレゼントを贈ったと報じている。

■和解のカギは除幕式

 また、ヘンリー王子夫妻はメーガンさんが退院後、自宅ですぐにリリベットちゃんをビデオ電話を通じて女王と対面させた。

 さて、7月1日にはダイアナさんの銅像の除幕式がケンジントン宮殿で行われる。ヘンリー王子も渡英するといわれており、女王は宮殿での「ランチ」に招いている。

 これは「オリーブ・ブランチ(平和・和解を求める象徴)」なのだろうか。その場の話題は、やはりリリベットちゃんに集中するだろう。

 リリベットちゃんは果たして王室とヘンリー王子夫妻を和解に導く立役者になるのだろうか。それとも亀裂はさらに深まるのか。

 生まれたばかりというのに、英米の国籍を持つリリベットちゃんが背負うものはあまりに大きい。(ジャーナリスト・多賀幹子)

※AERA 2021年6月21日号より抜粋