ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が6月12日の「ロシアの日」に演説した。注目されたのは、18世紀のピョートル大帝の名前を出したことだった。 AERA 2022年6月27日号の記事から紹介する。

*  *  *

 6月12日の「ロシアの日」は、プーチン大統領にとって素直に祝う気持ちになれない祝日かもしれない。

 祝日の由来は比較的最近で、1990年のことだ。6月12日、当時ソ連を構成する共和国の一つだったロシアが、国家主権を宣言した。問題はこの宣言が、ソ連が崩壊に向かう大きなきっかけとなったことだ。

 宣言の背景となったのは、ソ連を率いるゴルバチョフ氏と、ロシアを足場に台頭したエリツィン氏の権力闘争だ。だが地理的にも歴史的にも政治的にもソ連の心臓部を占めるロシアが分離独立志向を鮮明にしたことで、他の共和国にも同様の動きが雪崩のように広がった。ウクライナも7月に、主権宣言に踏み切った。

 ソ連の崩壊を「悲劇」と呼び、ウクライナを再び支配下に置こうとするプーチン氏としては、とても賛美することができない歴史だろう。

戦闘には直接言及せず

 今年のロシアの日に行った演説で、プーチン氏はウクライナで続く戦闘には直接言及しなかった。内外で主に報じられたのは「祖国と社会のために、人々が団結していることが重要だ」という、国民に結束を呼びかけたくだりだった。

 だが私が注目したのは、それに続く部分だ。プーチン氏は、ロシアの日とは縁もゆかりもない、18世紀の皇帝の名前を引き合いに出したのだ。

「ピョートル大帝と彼が進めた改革については、今も論争が続いている。しかし、彼の統治下でロシアが強力で偉大な、世界的大国の座を占めたことは認めざるを得ないだろう。彼の強力な個性、決めたことをやり遂げる際に発揮した恐れを知らぬ姿勢と粘り強さに対して、我々は今も敬意を抱く」

 ピョートル大帝をお手本に、ロシアを世界的な大国とする。そのためにも、ウクライナで始めた軍事作戦はどんな困難があっても最後まで貫徹するという、決意表明とも言えるような言葉だった。

 プーチン氏にとっては、ソ連崩壊への号砲となったロシアの日の6月12日よりも、ピョートル大帝の誕生日である6月9日の方がよほど重要な日付なのだ。今年は生誕350年という節目の年なのだから、なおさらだ。

 プーチン氏が、自らをピョートル大帝と露骨に重ね合わせたのは、まさにその6月9日のことだった。プーチン氏は、若手の起業家や科学者との対話集会で、ピョートル大帝がスウェーデンと戦って領土を大きく広げた大北方戦争の歴史を取り上げた。

「彼がスウェーデンから何かを奪ったように見えるかもしれない。しかし、何も奪ってはいない。取り戻しただけなのだ! 彼がやったことは、取り戻したうえで、それをしっかり確保したということだ」

 その上でプーチン氏は話を現代に引き戻した。

「どうやら我々も、取り戻して確保する巡り合わせにあるようだ。そうした基本的な価値観が我々の存在を支えていることを前提に進めば、直面する課題を必ず解決できるだろう」

真の目的は領土拡張

 自分はピョートル大帝と同じ歴史的使命を帯びている、というわけだ。これは、ウクライナで自らが進めている「特別軍事作戦」の真の目的が、領土拡張にあることを自白したにも等しい発言だった。

 2月の開戦時の「私たちの計画にウクライナ領土の占領は入っていない」というプーチン氏の説明はまやかしに過ぎなかった。版図を拡大し、占領地の「ロシア化」を進め、強大なロシアを復興させた指導者として歴史に名を残すことを、プーチン氏は目指している。

 ロシアの日の演説を踏まえると、プーチン氏はウクライナでの戦いがいかに困難であっても「恐れを知らぬ姿勢と粘り強さ」で最後まで貫徹する覚悟なのだ。いつかロシアで「ウラジーミル大帝」と呼ばれるという夢想にとりつかれているのかもしれない。

 実はプーチン氏は、若いころからピョートル大帝を崇拝していた。

 サンクトペテルブルク副市長だった1990年代半ば、自らの執務室にピョートル大帝の肖像を飾っていた。当時の多くの官僚がエリツィン大統領の写真を掲げる中、プーチン氏が選んだ肖像は、訪れた人たちに強い印象を残した。

 ただ、ピョートル大帝の人物像は、複雑で多面的だ。

 本格的な海軍を編成するなど軍事力を増強して領土を拡大しただけではない。欧州の科学技術や制度、風俗を大胆に取り入れて、ロシアを辺境の小国から欧州の大国に肩をならべる存在へと変貌(へんぼう)させた。

 ピョートル大帝は、ロシアの旧弊を憎んだ。当時多くの男性が長く伸ばしていたひげに税金をかけた逸話は有名だ。

世界への窓を閉じる

 サンクトペテルブルク副市長時代のプーチン氏は、領土拡大などを夢見る立場になかった。むしろ、ピョートル大帝の開明的な側面に学ぼうとしていたのではないだろうか。

 ソ連崩壊後の混乱の中、西側企業の誘致に奔走したのはほかならぬプーチン氏だった。情報機関KGBで身につけたドイツ語も大いに役立ったに違いない。

 ところが今のプーチン氏は、こうした過去を忘れてしまったようだ。

 ウクライナへの侵略の結果、欧米や日本から経済制裁を受けているだけでなく、多くの企業が競うようにロシアから撤退している。プーチン氏は、ピョートル大帝に倣って自ら開いた欧州や世界へとつながる窓を、再び閉じてしまったのだ。

 今、プーチン氏が好んで口にするのは、欧州のリベラルな価値観への蔑視と、ロシア古来の精神的遺産を守るというアナクロなお題目ばかり。これは、ピョートル大帝の精神とは対極だ。ロシアは再び、欧州から見て東方の遅れた小国に落ちぶれかねないのが実態だ。(朝日新聞論説委員[元モスクワ支局長]・駒木明義)

※AERA 2022年6月27日号より抜粋