イオン東北(秋田市)が運営する八戸市城下2丁目のスーパー「マックスバリュ八戸城下店」が24日、「イオンスタイル八戸城下」としてリニューアルオープンした。初日は開店前から約200人の来店客が並び、にぎわいを見せた。同社によるイオンスタイルは12店舗目で、青森県初出店。

 城下地区周辺は、少人数世帯が多いことから、小容量の商品や総菜、ストックが可能な冷凍食品などの品ぞろえを充実。ライフスタイルの変化に合わせ、すぐに食べられる「即食」や「時短」のニーズに対応した。

 野菜や肉は品目数を絞ることで、購入しやすい価格設定に。人口減少が進む中、リニューアルにより、市内で激化する商業施設の競争への対応にもつなげる。

 豊島紀子店長は「スーパーとしては約27年間営業している。さらに地元のお客さまに愛されるような、地域に密着した商品を提供したい」と話した。

 営業時間は24時間営業でこれまでと変わらない。