乃木坂46斉藤優里 1st写真集「全部ギュッとして夢を叶えてくれた作品」

乃木坂46斉藤優里 1st写真集「全部ギュッとして夢を叶えてくれた作品」

乃木坂46を6月で卒業する斉藤優里の写真集『7秒のしあわせ』(サイゾー)が発売され、発売を記念したイベントが、東京・福家書店サブナード店で行われた。

今作は乃木坂46メンバーとして最初で最後の写真集となり、25歳の等身大の斉藤をあますことなく存分に魅せた写真集になっている。撮影は斉藤にとって憧れの場所でもあるバリ島で行われた。


斉藤は、「私の行きたいところに行って、全部ギュッとして夢をかなえてくれた作品になっています。バリ島にずっと行きたかったんですよ。撮影スポットも自分で行きたい場所を提案して、行きたいと思った場所はすべて行きました」とにっこり。

撮影中に印象に残っている出来事について聞かれると「最初のころの撮影で水着のシーンがありまして、そのときにプールに入ったんですけど、思ったより深くて入った瞬間に全部、頭まで浸かっちゃっていまい、最初から髪の毛のセットをするのとか大変でした」と明かした。

一番のお気に入りのカットは、「メンバーから好評だったのが、顔のアップで鼻の上に花びらを乗せているの写真なんですよ。これはいつ撮られたかわからない写真で、いつの間にこの写真が出来上がって、私も写真集を見たときに「こんな写真撮られたっけ?」という気持ちでした」と紹介した。

メンバーからの高評価の写真集だが、「何人かのメンバーには見てもらいました。2期生の伊藤かりんちゃんには「ちょうどいい」と言われました。笑顔の写真と大人っぽい写真のバランスがいいらしくて、そういう感想をいただきました」と明かした。続いてセクシーなカットについては、「撮る前は恥ずかしいのかなと思ったんですけど、いざ撮るとなったらキレイに残さないと思ったので、そこはしっかりスイッチの切り替えができたので、恥ずかしいというより、キレイに美しく撮ってもらいたい気持ちが勝ちました」と満足しているようだ。

タイトルの『7秒のしあわせ』の意味について聞かれると「口にしたときに1番、かわいいなと思ったのと、もうひとつの理由は、デビューしてから7年になるんですよ。7にゆかりがあるので、この写真集のタイトルに相応しいと思いました」と説明した。

写真集の中には仲のいいスイカメンバー(斉藤優里・西野七瀬・川後陽菜・伊藤かりん・伊藤純奈)の座談会が収められているが、「これまでメンバーの写真集ではそういう企画はなかったと思うんですよ。今回は仲良しのメンバー5人でやらせてもらいました。私的にもすごい思い出になる作品になってうれしかったです」と喜んだ。

3月に乃木坂46からの卒業を発表して6月をもって乃木坂46を卒業する斉藤、「アイドルというお仕事がすごく楽しかったなと思えた乃木坂46生活でした。乃木坂というグループに入れて本当によかったです。メンバーもスタッフさんもみんな大好きです」と振り返った。

今後の活動について聞かれた斉藤は、「いろんなことに挑戦していきたいと思っていますけど、洋服が好きなので、ファッション関係の仕事に携われたらいいなと思います」と意欲を見せた。

最後に斉藤は、「いろんな表情も載っていますし、今まで見せたことのないような写真がたくさん詰まってます。みなさんたくさん見ていただけるとうれしいです」とアピールした。


関連記事

ドワンゴジェイピーnewsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索