馬場ふみか、ジャニーズWEST小瀧望らは「素敵なキモかわさんたちだった」

馬場ふみか、ジャニーズWEST小瀧望らは「素敵なキモかわさんたちだった」

ジャニーズWESTの小瀧望、女優の馬場ふみか、Snow Man/ジャニーズJr.のラウールが21日、NHK局内で行われた総合ドラマ『決してマネしないでください。』(26日スタート、毎週土曜 後11・30 ※全8回)試写会に出席した。


筋金入りの科学少年で、恋愛経験ゼロの工科医大理工学部の学生・掛田理(小瀧望)が、学生食堂で働く女性・飯島(馬場ふみか)に恋をするラブコメディー。小瀧は同作で連続ドラマ初主演を務める。


同じジャニーズ事務所に所属するラウールとはドラマで初共演。ラウールは掛田と同じゼミの友人でフランスからの帰国子女・テレスを演じているが、小瀧によると現場では「癒やし。みんながラウール、ラウールって。みんなの弟という感じ」だったという。さらに「よく寝るんです。ちょっとした空き時間でも休息を取っている。撮影前、僕の身長は184センチで、ラウールが183センチくらいだったけど、睡眠のおかげでラウールに撮影の間に身長を抜かされました。寝る子は育つ」と苦笑いで明かした。


ラウールは、小瀧について「かわいいお兄ちゃん」といい、「お互いグループの中では最年少なんです。僕と同じ末っ子感が出ていたかな」と現場での様子を紹介した。また「小瀧くんが僕の膝の上で急に寝てきたりとかする。そっちこそ(かわいい)という印象です」とにっこりだった。


小瀧が演じた掛田は、好きな科学を目の前にすると歯止めなく喋り尽くす…という変人キャラクター。ドラマの裏設定は“キモかわ”だった。小瀧は「キモかわがテーマだと聞いたけど、僕はジャニーズなもので(笑)。キモくできるかなと思ったけど、1話を観て見事ハマっていた」とまさかのハマり役。キモかわの役作りは「飯島さんを目の前にした時のギャップと、目の動き方を意識しました」と振り返った。

掛田から好意を寄せられる飯島を演じた馬場は「私の役はキモかわではない方なので、キモかわさんたちを楽しくいつも見ていた。とても素敵なキモかわさんたちだった。子供から大人まで楽しめる作品です」とアピール。また第1話で消化器で火を消すというシーンがあるが、「スタッフさんに消化器の重さは2キロくらいですって言われたけど、結局8キロあって結構な重量だった。消化器をまともに使ったのは防災訓練以来だったけど、消化器を持つ姿は勇ましくていいと言ってもらえました」と喜んでいた。


関連記事

ドワンゴジェイピーnewsの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る