躍進!新たな需要をつかむ ワークマン&ゴールドウイン=下桐実雅子/桑子かつ代

躍進!新たな需要をつかむ ワークマン&ゴールドウイン=下桐実雅子/桑子かつ代

 10月のとある日曜日の昼過ぎ。東京・杉並にある作業服大手ワークマンの店舗を訪れた。店内には軍手やヘルメット、作業靴、反射材の付いた安全ベスト、防水・防寒ジャケットなどがずらりと並んでいたが、若い女性や高齢者夫婦、妊婦の姿まであって驚いた。建設・工事のプロの作業員とおぼしき人はほとんどいない。特集:日本株 爆騰!銘柄

 東証ジャスダックに上場するワークマン株の勢いが止まらない。1997年9月に上場後、長く1000円を下回る値動きが続いたが、2018年初から上昇基調に転じて2000円を突破。あれよあれよと値を上げ、今年10月16日には一時9650円の過去最高値を付けた。11月6日終値の時価総額は6400億円超と、コンビニ大手のローソンも上回っている。

 株価だけでなく、業績も大幅に伸びている。11月5日に発表した19年4〜9月期決算(単体)は、売上高が418億円と前年同期比45・2%増、純利益も58憶円と51・8%増加し、いずれも過去最高を記録。店舗数も全国848店舗(19年9月末現在)へと拡大し、フランチャイズを含めたチェーン全店の売上高は20年3月期、初めて1000憶円を突破する見込みだ。

 ワークマンの業績の伸びは、建設・工事のプロだけでなく、客層の幅が広がったことが大きい。ワークマンのコンセプトは「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能の製品を低価格で届ける」こと。防寒ジャケットや作業靴など、自社開発する商品も少なくない。歌手の吉幾三さんをテレビCMに起用するなどしてPRを続けていたが、4年ほど前から客層に変化の兆しが現れた。

妊婦も高齢者も

 その一つが、雨天の屋外作業用の防水防寒着が土日によく売れるようになったこと。ワークマンの社員が調べると、バイクに乗る人たちが買っていると分かった。同じ時期、滑りにくい厨房(ちゅうぼう)用の靴が妊婦の間で売れるようになった。妊婦と見られる女性がツイッターで「滑りにくい靴がほしい」とつぶやくと、別の女性が「ワークマンなら滑らない靴がたくさんある」とコメントし、ネット上の口コミで広まったとみられる。

 プライベートブランドのこの冬向けの防寒レインジャケットは3900円、超軽量シューズは980円──。高齢者には軽くて動きやすい防寒着などの需要も高い。溶接作業などで着る火の粉が飛んでも燃えにくい服は、キャンプ好きが愛用。ケチャップやソースもはじくはっ水加工の服は子育て世代に人気だ。今ではワークマンの商品をカジュアルに着こなす「ワークマン女子」という言葉まで生まれた。

 ワークマン営業企画部の林知幸マネジャーは「一般の人たちが私たちの気付かない使い方をして、よかったと広めてくれる」と話す。この経験を生かし、より広い客層向けに開発した新業態の店舗が「ワークマンプラス」だ。昨年9月に東京都立川市でオープン。アウトドアやスポーツなどに使える商品をそろえると、こちらも人気を呼んで瞬く間に137店舗(19年10月末)まで拡大した。


週刊エコノミストの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る