CO2で都市ガス、脱炭素の新技術

―― 都市ガス事業の脱炭素化に向けて、今年1月に「メタネーション」と呼ばれる技術を将来導入すると発表しました。どのようなものですか。
藤原 水素とCO2(二酸化炭素)を触媒反応させることで、都市ガスの主原料のメタンが合成されます。これをメタネーションと呼びます。当社は、燃焼時のCO2排出量が石炭や石油に比べて大幅に少ない天然ガスを、国策に沿って普及拡大を図ってきました。ところが、政府が2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすると発表したことで、従来の方法では目標に到達できなくなります。そこで、CO2の削減が難しい鉄鋼業界や化学業界などと連携し、CO2が大気中に出ないうちに回収して水素と合成してメタンを作り、都市ガス原料に使おうと考えています。現状では、製鉄所などの工場、家庭からそれぞれCO2が出ていますが、メタネーションでは工場から排出されるCO2を再利用するので、トータルの排出量が削減できます。(2021年の経営者)

―― 技術的には完成しているのですか。
藤原 メタネーションの原理は100年以上前に発見されましたが、コストや大規模化に課題があって実用化されてきませんでした。当社はそこに独自の技術を盛り込んだ、新型のSOEC(固体酸化物を用いた電気分解素子)と呼ばれる装置を開発しました。メタンを合成する時の発熱を有効利用することで、メタンを取り出す効率が従来比で5〜6割向上しました。すでに技術的な課題は7、8割は克服したと思います。

―― 実用化の時期の見通しは。
藤原 30年には導入したいと考えています。当初は少量だと思いますが、50年ごろには相当量の、今の天然ガスと同じようにメタンを供給できると考えています。既存のガス管を利用でき、経済合理性が高いので、当社はこの技術を磨いてきました。