山東理二 千代田化工建設社長 再建へLNGと水素に注力

―― 今年2月、カタールで天然ガスを液化処理するLNG(液化天然ガス)プラントの設計、建設業務を受注したと発表しました。
山東 カタールの国営石油会社から受注し、年産3200万トンです。2020年の世界LNG生産量は3・6億トンでしたから、世界の1割弱の生産規模に相当します。しかし、完工には約6年かかります。汗水を流して建設に当たり、引き渡して初めて利益がもたらされます。社内では「契約したからといって浮かれてはいけない」と徹底しています。

 千代田化工は米国シェール開発「キャメロン」のLNGプラント工事などのコストがかさみ、19年3月期に債務超過に陥った。筆頭株主である三菱商事や、三菱UFJ銀行から総額1800億円の金融支援を仰ぎ、5カ年の再生計画を策定した。(2021年の経営者)

―― 再生計画の進捗(しんちょく)は。
山東 定量目標では「安定的に年間純利益100億〜200億円を計上し、5年間で900億円の利益を積み上げて、自己資本比率を20%以上に回復」としていました。しかし、最初の2年間(20年3月期〜21年3月期)の最終利益は計201億円でした。新型コロナウイルス感染拡大や脱炭素の流れの中、LNG事業の最終投資決定が後ずれたり、一時停止して、受注計画が若干後ろ倒しになっています。このため「5年間の利益積み上げ900億円」という目標は2〜3年後ろ倒しで達成見込みです。

―― 経営不振の原因は。
山東 当社の人的・技術的資本を超えて受注を増やしてしまったことです。この結果、人員が不足し、特に米国案件では協業先の現地工事会社に頼って臨みましたが、彼らの効率・進捗が想定以上に悪く、立て直しのために当社から人員を派遣しました。しかし、その時に既に後手に回っていたということでしょう。プラント建設を固定金額で請け負う「ランプサム」契約を結んだことも痛手でした。当時米国の労働者賃金が高騰し、その分を当社側で負担せざるを得なくなり採算が悪化しました。

―― ランプサムの見直しは。
山東 一部の顧客とは、人件費高騰や工期延長分は、ここまでは当社が負担するが、これ以上上がったら発注者で持つ、といったリスクを共有する契約内容を検討しています。ランプサム契約によって当社が一つの案件で失敗し、経営が傾くと工事が止まり、顧客も困ります。適正にリスクを分担しようという顧客も出てきました。