コロナ禍で伸びる男性用化粧品 魚谷雅彦 資生堂社長
 Interviewer 藤枝克治(本誌編集長)

── 女性向けシャンプー「ツバキ(TSUBAKI)」や男性用化粧品「ウーノ(uno)」などの日用品(パーソナルケア)事業を、投資ファンドに売却しました。
魚谷 大きな意味で原点回帰です。広告宣伝費をたくさんかけて、消費者にアピールして売り上げを伸ばすビジネスモデルでしたが、派手な印象とは違って、日用品事業が全体の売上高に占める比率は9%でした。資生堂での優先順位を考えると、予算や人など限りある経営資源の中では限界があり、日用品を独立させて専業にした方が成長できると判断しました。

 株主や投資家からみても、これからは化粧品に集中するという資生堂の立ち位置がより明確になりました。ただし、日用品の新会社には資生堂も35%出資しており、引き継ぎや営業の支援は続けますし、株も当面持ち続けます。(2021年の経営者)

── 社内で反対の声はありませんでしたか。
魚谷 ぜひ決断すべきだという声が強く、役員会で反対する声は全くありませんでした。

 新会社に移る社員に対して心苦しいところはあります。社員には「資生堂の社員という肩書ではなく、発想を変えて、自分のキャリアを仕事の中身で築く時代が来ている、考え方を切り替えてほしい」と話をしました。

── 2020年12月期決算は最終(当期)損益が116億円の赤字となりました。新型コロナウイルスの影響は大きかったですか。
魚谷 すべてコロナです。19年の売上高は1兆1315億円、営業利益は1138億円、純利益は735億円と過去最高を記録し、20年も良い年になると思っていたところでした。日本では訪日観光客(インバウンド)がなくなり、欧米も都市封鎖が相次ぎました。外出しないと化粧をしません。国内化粧品業界全体で口紅の売り上げが4割減少しました。