国内首位の遠心分離機、AIで制御も 山本仁 巴工業社長
 Interviewer 秋本裕子(本誌編集長)

── 機械メーカーと化学品を扱う商社という二つの顔を持つユニークな企業ですね。
山本 機械事業と化学品事業はそれぞれ顧客が異なります。顧客企業は設備投資計画に沿って、固定資産として機械を購入します。一方の化学品は製品を作るための消費財です。実は相乗効果はそれほどありませんが、二つの強力なエンジンを持っていると言えます。(2021年の経営者)

── 機械事業が扱う「デカンタ型」といわれる遠心分離機で国内シェアトップですね。どのような製品ですか。
山本 遠心分離機とは、中に入れた液体などの物質に遠心力を与え、比重差を利用して分離する機械です。回転筒を1分間で数千回転という高速で回して遠心力を得て、筒の内側に張り付いた固形物をスクリューで剥ぎ取っていくような構造で、短時間で分離することができます。遠心分離機の形がワインの容器に似ているためデカンタ型と呼ばれています。

── 構造はシンプルですね。
山本 実はどこの家庭にも遠心分離機はあります。遠心力で衣服と水を分ける洗濯機の脱水機です。ただ、洗濯機は1回脱水したらフタを開けて中を取り出さなければなりません。我々の遠心分離機は連続で液体などを投入でき、連続で分け続けることができます。また、遠心分離機自体にも遠心力が加わるので、非常に強い構造で作らなければなりません。

 我々の遠心分離機はほとんどがステンレス製で、危険物を扱う製品にはチタンを使うこともあります。すべてオーダーメードで、素材や大きさ、構造などにより異なりますが、比較的安価なもので数百万円、高いものでは数億円です。遠心分離機は売って終わりではなく、修理や部品の交換もあり、ここでも利益が出ています。

── どのような業界で使われているのですか。
山本 どの業界でも「混ぜる」「分ける」という製造工程は必ずあります。そのため、さまざまな業界で使われています。例えば、ペットボトル入りの緑茶は、ほとんど濁りがありません。これは、細かい茶葉などを取り除くために、飲料業界で遠心分離機が活用されているためです。食品やビールの製造工程でも活用されていますし、下水処理や石油化学製品の製造、医薬品製造などの現場でも活躍しています。

── 巴工業の製品の強みは。
山本 遠心分離機には横型と竪(たて)型がありますが、竪型を製造しているのは当社だけです。竪型は回転筒を上からつり下げて回転させる構造です。横型よりも密閉構造にしやすいため、ガソリン、毒物、劇薬のような危険物を扱うには望ましいのです。

 また世界で唯一、AI(人工知能)を組み込み、自動で運転制御できる遠心分離機の販売を始めました。これまではベテランの運転員が機械のそばに立ち、ダイヤルを回したりする微妙な調整が必要でしたが、これをAIにやらせようという狙いです。