今、巷ではどんなアイテムが売れているのか、なぜ売れているのか? そんなゴルフ界のトレンドを探るべく、有賀園ゴルフで、売れ筋商品のランキング調査。アイテム別に毎週、レポートをお届けします! 今回は2022年8月のボール売れ筋ランキングです。

有賀園ゴルフで2022年8月に売れた価格帯別ボールベスト5

 今、売れているボールはどのモデルなのか価格帯別に徹底調査。ランキングは有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上本数で、マークダウン商品をのぞいて算出してもらいました。最新のギアトレンドが一目で分かります。

3000円以上部門 第1位 タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)

タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)
タイトリストプロV1(アクシネットジャパン)

 ロングゲームでは低スピンで、風に負けない強い弾道と高い飛距離性能を発揮。グリーン周りではよりソフトな打感で、優れたスピンコントロール性能を発揮します。ウレタン・エラストマー・カバー3ピース。2021年2月5日発売。オープン価格(実勢価格:6230円・税込み)

不動の人気で首位の座を譲りません

 モデルチェンジをしても、ボールは「V1」と決めている方が多く、高価格帯ボールの首位の座を譲る気配はありません。

 世界で一番使われているボールというのも、うなずけるランキングですね。ソフトなフィーリングを好む人や、打ち込んでいくパワフルなスイングではなく、スウィープに打つタイプの方に支持されています。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

3000円以上部門 第2位 タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)

タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)
タイトリストプロV1X(アクシネットジャパン)

 さらなる飛距離性能と理想的な高めの弾道を実現した4ピースボール。グリーン周りではより優れたスピンコントロール性能と柔らかな打感を可能にします。ウレタン・エラストマー・カバー4ピース。2021年2月5日発売。オープン価格(実勢価格:6230円・税込み)

首位とはわずか、数ダースの差。こちらも長く支持されています

 首位の「V1」とは、わずか数ダースの差なので、こちらも人気の高さを感じます。

 構造も4ピースで異なるのですが、硬めのしっかりした打感を好む方、しっかりと打ち込んでいくタイプの方は「V1 X」を選んでいる印象です。

 球の高さは求めず、強めの中弾道が好みという人もこちらを購入されていますね。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

3000円以上部門 第3位 スリクソンZ-STAR XV(ダンロップ)

スリクソンZ-STAR XV(ダンロップ)
スリクソンZ-STAR XV(ダンロップ)

 ロングショット時は、ボールスピードアップとスピン抑制で飛距離性能を向上させた4ピースボール。ショートゲームでは滑りを抑制し、スピン性能を高めます。高耐久0.5ミリ極薄スーパーソフトウレタンカバー4ピース。2021年2月5日発売。オープン価格(実勢価格:5544円・税込み)

ツートンカラーの「DIVIDE(ディバイド)」が人気を押し上げた

 前回のランキングでは、4位に甘んじていたのですが、今回はツートンカラーのディバイドを購入される方が多く、それが再び順位を押し上げたのかもしれません。

 パターの転がりが見えて、面白いという声も聞かれました。贈り物にしたいというお客様もいらしたし、元々、性能のいいボールに話題性がプラスされた印象です。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

3000円以上部門 第4位 TOUR B XS(ブリヂストンゴルフ)

タイトリストHVC ソフト・ディスタンス(アクシネットジャパン)
タイトリストHVC ソフト・ディスタンス(アクシネットジャパン)

 ドライバーは飛距離性能を、アプローチは低初速の非常に高いスピン性能に加え、「乗り感」を進化。優れたスピン性能とソフトフィール+飛びのバランスが魅力のモデルです。リアクティブiQ・ウレタンカバー3ピース2022年2月11日発売。オープン価格(実勢価格:6930円・税込み)

3000円以上部門 第5位 E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)

E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)
E・R・C ソフト(キャロウェイゴルフ)

 新開発された新ハイブリッドカバーの採用で、飛距離性能に加え、グリーン周りからカップを狙っていくショートゲームにおいても優れたパフォーマンスを発揮します。新ハイブリッドカバー(パラロイド耐衝撃強化剤配合)3ピース。2021年4月16日発売。オープン価格(実勢価格:4752円・税込み)

3000円以下部門 第1位 ホンマD-1(本間ゴルフ)

ホンマD-1(本間ゴルフ)
ホンマD-1(本間ゴルフ)

 4代目となるD1は、さらなる飛距離アップを目指し、新開発した「ロースピンラバーコア」を採用。粒子状の再生材を10%使用し、環境にもお財布にもやさしい次世代ボールです。アイオノマーカバー2ピース。2022年3月16日発売。1680円(税込み)

2位の約4倍も売れていて、ダントツの人気

 リーズナブルなボールは、まとめ買いされる方も多いのですが、「D-1」の人気ぶりは「スゴイ」の一言に尽きます。

 2〜4位の売り上げは、わずかな差しかないのですが、こちらは2位の約4倍の数が売れています。

 高額ボールと合わせて、ランキングを出したとしても、ダントツの1位になります。とにかく大人気のボールです。(有賀園ゴルフNEW杉並店・小室直也店長)

3000円以下部門 第2位 ツアーステージ エクストラディスタンス(ブリヂストンゴルフ)

ツアーステージ エクストラディスタンス(ブリヂストンゴルフ)
ツアーステージ エクストラディスタンス(ブリヂストンゴルフ)

 力強い弾道で飛ばせるコストパフォーマンスに優れた飛距離追求ボール。ホワイトに加え、イエロー、オレンジもラインアップし、高い視認性も評価されています。高耐久アイオノマーカバー2ピース。2014年3月7日発売。オープン価格(実勢価格:2032円・税込み)

3000円以下部門 第3位 スリクソン ディスタンス(ダンロップ)

スリクソン ディスタンス(ダンロップ)
スリクソン ディスタンス(ダンロップ)

 高反発ソフトコアと高反発薄カバーで、前作からの飛距離性能を維持しながら、柔らかな打感も実現。シンプルなデザインのサイドマークは、アライメント機能を備えています。高耐久高反発アイオノマー薄カバー2ピース。2022年4月8日発売。オープン価格(実勢価格:1870円・税込み)

3000円以下部門 第4位 WARBIRD(ウォーバード)(キャロウェイゴルフ)

WARBIRD(ウォーバード)(キャロウェイゴルフ)
WARBIRD(ウォーバード)(キャロウェイゴルフ)

 ややしっかりとした、打ち応えのある心地良いフィーリング。高い反発力を発揮して、飛びに貢献する一方、ショートゲームにおけるスピン性能も向上しています。トライブレンド・アイオノマーカバー2ピース。2021年3月1日発売。オープン価格(実勢価格:1760円・税込み)

3000円以下部門 第5位 タイトリストHVC ソフト・ディスタンス(アクシネットジャパン)

タイトリストHVC ソフト・ディスタンス(アクシネットジャパン)
タイトリストHVC ソフト・ディスタンス(アクシネットジャパン)

 こちらも超ロングセラーモデルです。定評あるソフトな打感を備えた飛距離追求モデルとして長く愛されています。トゥルーフレックスカバー2ピース2005年3月発売。オープン価格(実勢価格:1490円・税込み)

「ボール選びに迷ったら1スリーブずつ購入して打ち比べてみましょう」(小室店長)

 リーズナブルなのに高性能という声が多い本間ゴルフの「D-1」人気は揺るぎませんね。やはり、消耗品にはあまりお金をかけないという方が圧倒的に多いですね。失くすことも多いし、少しでも安く……というニーズに応えていると言えそうです。

 しかし、ボールを失くさなくなってきたから値段は度外視でマイボールを決めたい、というお客様もいらっしゃいます。

 ボール選びのポイントとしては、自分が使っているクラブと同じメーカーを選ぶと相性がいいとお伝えしています。各社、新製品をテストするときは自社のボールを使っているので、クラブの性能を十分に引き出せるのは、そのメーカーのボールということになるからです。

 とはいえ、ピンやヤマハなど、自社でボールを作っていないメーカーもたくさんありますよね。そういった方の場合は、とにかく、打ち比べてみることが大切とお伝えしています。

 ボールを打ったときのフィーリングは、人それぞれで違うと思うのです。Aさんにいいと言われて使ってみたけど、アイアンの高さが自分のイメージと違うとか、グリーン上で思わぬ転がりをしたとか「何か違う!」と感じることもあると思います。

 ですので、最初は1スリーブずつ購入して、同じ日に打ち比べてみるのです。ドライバー、アイアン、アプローチ、パター。いろいろなシーンで「これは!」と感じるものがあるはずです。

 ピンと来たら、次は2スリーブ買って使ってみて、「間違いない!」と思ったら、ダースで購入。これが失敗しないボールの購入方法だと思います。ぜひ、試してみてください。

※ランキングは、有賀園ゴルフ全店舗、ネットショップも含めての売上総数で算出してもらいました。実勢価格は有賀園ゴルフでの最新販売価格です。取材協力:有賀園ゴルフNEW杉並店

下山江美