本格的なコンペシーズンが到来しました。そこで困るのが、景品を持ち寄るタイプのゴルフコンペ。一体何を持って行くのがいいのか迷います。喜ばれる&嫌がられる景品とは何か、ゴルフコンペマイスター・古谷理朗さん(エンタメゴルフ社長)に教えてもらいました。

サイズの合わないウエアもらっても… 持ち寄りコンペでの失敗例

 ゴルフコンペの中には、参加者が景品を持ち寄るタイプのコンペが結構あります。仲間内の和気あいあいとしたコンペでよく使われる方法です。お中元やお歳暮の残りのお酒が集まったり、参加者が宣伝を兼ねて自社商品を持ってきたり、景品がバラエティー豊かになって楽しいです。

 でも、いざ「予算3000円くらいで、景品を持ってきてください」と言われると、何を持っていけばいいか迷いますよね。せっかくなら、みんなに喜ばれる景品を選びたい! という方のために、持ち寄りコンペで景品を選ぶコツをお話します。

持ち寄り景品の定番といえば「使わなかったお中元やお歳暮」。消耗品であれば結構喜ばれる
持ち寄り景品の定番といえば「使わなかったお中元やお歳暮」。消耗品であれば結構喜ばれる

 まず、よくある失敗例からご紹介します。当たり前ですが、「自分がもらってもうれしくないもの」はNGです。持って帰っても使い道のない置物やインテリアなどは不評です。

 中には、結婚式の引き出物を持ってきた人もいます。いい物かもしれませんが、名前入りのものはご遠慮願いたいですね。

 また、自分がよいと思っているものでも、「趣味嗜好性の高いもの」や「サイズがあるもの」は避けましょう。ゴルフウエアなど、自分にはぴったりのサイズや好みのデザインのものでも、もらった側は困ってしまいます。

センスのよい持ち寄り景品選びのコツとは?

 では、どんな景品を持ち寄れば喜ばれるでしょうか? 「センスいい!」と参加者にほめられる3つのポイントをご紹介します。

・持って帰って家族が喜ぶもの

ゴルフ場で売っている地元の野菜や果物なども喜ばれる景品の一つ
ゴルフ場で売っている地元の野菜や果物なども喜ばれる景品の一つ

 家族に喜ばれる景品というのは、参加者にとってもうれしいものです。定番は食べ物ですね。お酒やコーヒーだと子どもが楽しめないので、お菓子や麺類、飲み物であればジュースを準備するのがオススメです。

・ゴルフ場のある地域のお土産になるもの

 ゴルフ場がある場所のお土産品を準備すると、他の人とかぶらずに喜ばれます。その季節の野菜や、その地域で有名なお菓子や特産品などです。普通のコンペだとなかなか手に入らない景品なので、表彰式でも注目の的かもしれません。

・その季節ならではの話題アイテム

 季節性のあるアイテムも、喜ばれます。例えば、夏のコンペであればひんやりグッズや暑さ対策グッズ(ポータブル扇風機など)、冬のコンペであればあったかグッズ(保温タンブラーやエコカイロなど)を準備してみましょう。イメージとしては、東急ハンズやLOFTといった雑貨店で、目立つ場所に展示してあるアイテムを準備する感じです。自分ではあえて買わないものが多く、話題性もあるので表彰式が盛り上がります。

 参加者が景品を持ち寄るタイプのコンペは、意外性のある景品が集まることも多く、結構楽しいスタイルです。

 いざそういうコンペに参加することになった方は、この記事を参考に参加者に喜ばれる景品を準備してください。

【ゴルフコンペマイスター】古谷理朗(ふるたに・みちお)

大阪生まれ堺市在住のゴルフ好き(幹事歴500回超)。コンペ賞品選びに苦労した経験から、ゴルフコンペ景品通販ショップ「エンタメゴルフ」を立ち上げ、「表彰式が盛り上がるおもしろ景品」に注力して企画販売を行っている。忙しい幹事さんの景品選びを手伝い、コンペ成功をサポートするのが生きがい。

古谷理朗