阿部航太 第一回監督作品

ブラジルのストリート・カルチャーをデザインと文化人類学視点から、ひとりの日本人が現地に滞在して描いたドキュメンタリー映画『街は誰のもの?』が12月11日(土)からシアター・イメージフォーラムにて劇場公開されることが決定。

グラフィテイロ(グラフィティアーティストの現地での呼称)がつぶやく背景に広がるのは、南米一の大都市サン・パウロ。そこには多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジル特有の都市の姿があった。東京でグラフィックデザイナーとして活動する阿部航太が、2018年から19年のブラジル滞在で体感した「街」。そこには歪んだ社会に抗いながら、混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ、スケーター、そして街を歩き、座り込み、踊り明かす人々がいた。イリーガルな表現活動から日常生活まで、地続きに営なまれるその風景は、私たちが知っている街の姿を痛快に批判しているように思えた。ブラジル4都市を巡り、路上から投げかけられた一つの問いへの答えを追うストリート・ドキュメンタリー。

画像,街は誰のもの? 画像,街は誰のもの? 画像,街は誰のもの? 監督はグラフィックデザインをベースとしながら文化人類学的アプローチで活動する阿部航太。本作が初めての劇場公開作となる。ブラジル滞在を経て、本作の元となる『グラフィテイロス』(2019年)を製作し、人類学者、建築史家、グラフィティライターなどをゲストに招いた日本各地での自主上映で好評を博す。

画像,街は誰のもの? 画像,街は誰のもの? 画像,街は誰のもの?

そして2021年、より広い視点で都市を捉えなおし、スケーターやカーニバル、デモンストレーションなどの約50分の新たな映像を加え編集し直したのが本作『街は誰のもの?』である。ブラジルのストリートが映し出された画面からは、淡々としながらも日本から来たひとりのデザイナーの新鮮な驚きが伝わってくる。人々と対話し、身振りを模倣し、街との関係性を観察していく過程で、“映し出された街”だけでなく、“鑑賞者にとっての街”の見え方までもが大きく揺さぶられていく。

画像,街は誰のもの? 画像,街は誰のもの?

画像,街は誰のもの?

予告動画

作品情報

■HP: https://www.machidare.com/
・監督・撮影・編集:阿部航太
・出演:エニーボ / チアゴ・アルヴィン / オドルス / 中川敦夫 / ピア
・整音:鈴木万里・配給
・制作・宣伝:Trash Talk Club
日本 | 2021年 | 98分 ポルトガル語題:De quem é a cidade?
(c) KOTA ABE

2021年12月11日(土)よりシアター・イメージフォーラムにてロードショー

画像,街は誰のもの?