香港人撮影監督レオン・ミンカイ待望の初監督長編!

タイの女性監督アノーチャ・スウィチャーゴーンポンとずっとタッグを組んできた、香港人撮影監督レオン・ミンカイ待望の初監督長編!

あらすじ

四つの短編映画から構成されたオムニバス。

『禁断の都市』(原題:出城記)世代が異なる二人の女性移民が、田舎から都会へ出かけようとするが…

『玩具物語』(原題:玩具故事)性格が異なる二人の兄弟が、母が経営する玩具の店で宝探しを始める…。

『鴛鴦(ユンヨン)』(原題:鴛鴦)専門分野が異なる二人の中学校教師が、香港、九龍、新界でグルメ巡りをする。最後に辿り着く先は…。

『深水埗(サムソイポー』(原題:It’s not gonna be fun)深水埗の区選挙では民主派の女性が立候補して、親中派に真っ向から挑戦する。

キャスト

グレゴリー・ウォン、 ラム・イウシン

監督

ミンカイ・レオン、ケイト・ライリー

《夜香、 鴛鴦 、深水埗》2020年/78min
(C)香港映画祭2021

香港映画祭2021について

2020年に施行された「香港国家安全維持法」により、香港の映画への検閲、規制はますます厳しくなり、香港の言論と表現の自由が一段と狭まる事態が懸念されています。しかしそうした中でも、社会の変化を反映し、映画人たちの豊かな感性によって、多くの魅力ある作品が生み出されています。2021年6月より開催された、「2021年香港インディペンデント映画祭」は全国3都市において開催され、大きな話題を呼びました。

今回、初開催となる「香港映画祭2021」は、より香港映画の面白さと、多様な魅力を味わえる、日本初公開となる7作品をラインナップしました。5作品が新人監督の作品でありながら、ジャッキー・チュン、カリーナ・ラムなど、香港を代表するベテラン俳優が出演しており、香港映画ファン必見です。

香港映画祭2021,B幸福な私,画像

香港映画祭2021開催概要

期間・会場
2021年11月27日より全国5都市にて順次開催!
11月27日(土)〜12月3日(金)シネ・ヌーヴォ(大阪)
12月3日(金)〜12月9日(木)出町座(京都)
12月11日(土)〜12月17日(金)元町映画館(兵庫)
12月18日(土)〜12月24日(金)シネマスコーレ(愛知)
12月29日(水)、30日(木)ユーロライブ(東京)

■プログラム
香港を知る、香港を楽しむ、いま観るべき、日本初公開となる珠玉の7作品をラインナップ!全国5都市にて緊急開催決定!!上映スケジュール等詳細は、公式HPをご覧ください。

主催:香港映画祭実行委員会
助成:文化庁、ARTS for the future
協力:Golden Scene, Emperor Motion Pictures, Connoisseurs Production
宣伝:大福
公式サイト: https://hkfilm2021.wixsite.com/official
Twitter:@hkfilm2021

2021年11月27日より全国5都市にて順次開催!