最新作『COME & GO』で大注目!
リム・カーワイ監督特集上映
東京&大阪にて12月緊急開催決定 !

日本アジア関係と、変容する社会え、アイデンティティ見つめ続けてきた、映画監督リム・カーワイ

大阪を拠点に、香港、中国、バルカン半島などで映画を製作し、どこにも属さず彷徨う“シネマドリフター(漂流者)”を自称する、中華系マレーシア人のリム・カーワイ監督。2020年の東京国際映画祭で初上映され、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパール、日本の9カ国・地域の豪華キャストでも注目された最新作『COME & GOカム・アンド・ゴー』は、11月19日(金)より公開となり、連日話題となっている。

最新作『COME & GOカム・アンド・ゴー』では、台湾映画を代表するツァイ・ミンリャン監督の常連俳優リー・カンションが出演し、映画ファンに衝撃を与えた。いままでも韓国映画界からキム・コッピ、ヤン・イクチュンが出演した『マジック&ロス』、元ミス・マレーシアで、2013年に香港で歌手デビューも飾ったスーパーモデルのシェリーン・ウォンや、2020年東京パラリンピックの閉会式にて総合演出を担当した小橋賢児が出演した『Fly Me To Minami 恋するミナミ』など、自らが交渉するスタイルで、斬新で多彩なキャスティングを実現させてきた。“シネマドリフター”であるリム監督は、アジアだけに留まらず、『どこでもない、ここしかない』ではバルカン半島で撮影を決行している。

常に未知の場所をひとりで訪ね、その場所の人々と出会い、その土地の、その瞬間を切り取っていく前代未聞の映画制作は、リム・カーワイ監督作品の大きな魅力として、世界の映画人、そして観客を魅了している。

またリム監督は映画監督だけではなく、日本と世界の映画界を繋ぐ架け橋としても注目される存在だ。本年の山形国際ドキュメンタリー映画祭にてロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞した映画『理大囲城』など、変容する香港を捉えた衝撃作をラインナップした『香港インディペンデント映画祭』(21年6月より大阪、京都、名古屋にて開催)を主催し、11月27日より全国5都市で開催中の『香港映画祭2021』のキュレーターを務めている。 “シネマドリフター”として世界を彷徨う中で、各国の映画人と交流して構築した独自のネットワークを駆使し、自分で作品の選定、交渉までこなすその手腕は、日本映画界に新しい風を送りこんでいる。

COME & GO カム・アンド・ゴー,画像

リム・カーワイ監督特集上映に寄せるコメント

■リム・カーワイ/映画監督

2019年6月4日にデビュー作『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』が北京でクランクアップしてから、あっという間にもう12年以上経ちました。先日、9作目となるロードムービー『あなたの微笑み』を、日本各地で撮り終えたばかりです。この10年間、ずっと大阪をベースにして世界各地で映画を作り、毎年年末には過去の作品をまとめてシネ・ヌーヴォが特集上映してくれるのが恒例になっていました。今回、最新作『COME & GO  カム・アンド・ゴー』の 劇場公開に合わせて、初めて東京でも開催できて嬉しく思います。『COME & GO  カム・アンド・ゴー』をきっかけにして、私の過去作品にも興味を持ってくれたら幸いです。

小田香/映画作家

大阪で活動していると度々リムさんと会います。

映画館や映画祭でリムさんにすれ違う度に、おそろしい熱量で今観た映画について語り、次に作る映画と次の旅のことも愉しそうに喋って帰っていく、突風みたいな人だなという印象でしたが、実際その身のこなしの軽やかさと、同時にある種の頑固さのようなものがユニークなかたちで共存している稀有な方だと感じます。『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』に魅せられてから、リムさんの作品はできるだけ追っていますが、どれも異なった映像言語で撮られ、リムさんという人間の謎をより深めてくれました。新作『カム・アンド・ゴー』ではどんな世界に連れて行ってくれるのか、リムさんの混沌がさらに広がるのか、拝見するのが楽しみです。

■上映作品に寄せられたコメント

黒沢清/映画監督 ————『アフター・オール・ディーズ・イヤーズ』

アジアのパワーと混沌が、ヨーロピアンな深い思索をもって構築され、最後にはまるでハリウッド映画のような興奮で観客の心を釘付けにする・・・世界映画の理想的なカタチがここにある。つまりこの作者はエドワード・ヤンがやったさらにその先を提示しようとしているのだ。彼の名前はリム・カーウァイ、是非とも覚えておかねばなるまい。

ヤン・イクチュン/俳優 ————『マジック&ロス』

見たことのない奇妙なピクニックに皆さんをご招待します!

オダギリジョー/俳優 ————『新世界の夜明け』

リムくんが映画を撮った。昔からの友達だし、見るしかない。それはムチャクチャで突っ込みどころ満載の映画だった。しかし、どこかで真実を突いているような気もした。そう言えば、昔からリムくんには口癖があったんだった。『笑うしかないね』笑うしかないが頷ける。そんな映画。

濱口竜介/映画監督 ————『どこでもない、ここしかない』

「今ここ」を自分の生きる場所と見定める主人公の姿は、自分のそのとき居る場所を映画にしてしまう、

シネマドリフター林家威と重なる。見れば監督として、人間として尊敬せざるを得ない。

田中泰延/作家 ————『いつか、どこかで』

リム・カーワイの世界ではつねに水が流れている。

横にたゆたう川面や海流は人が繋がる契機を示し、

縦に落下する滝は人が断絶する瞬間を示す。

いま、コロナウイルスという滝に打たれている地球で、リム・カーワイは、

いつか、どこかで人間が繋がるための静かな水面を写し続けている。

映画祭概要

名称:リム・カーワイ監督特集上映
期間・会場202112月18日(土)〜29日(水)シネ・ヌーヴォX(大阪)、1229()30()ユーロライブ(東京)にて開催
プログラム最新作『COME & GO カム・アンド・ゴー』で大注目のリム・カーワイ監督!リム監督の軌跡を追う6作品をラインナップ!上映スケジュール等詳細は、公式HPをご覧ください。
主催:cinema drifters  宣伝:大福
公式サイト
Twitter:@LkWfilms

2021年12月18日(土)〜29日(水)シネ・ヌーヴォX(大阪)、
12月29日(水)・30日(木)ユーロライブ(東京)にて開催!

COME & GO カム・アンド・ゴー,画像