「妻のトリセツ」が話題!映画『女の機嫌の直し方』原案者・黒川伊保子先生インタビュー

「妻のトリセツ」が話題!映画『女の機嫌の直し方』原案者・黒川伊保子先生インタビュー

妻のトリセツ」で話題のAI研究者・黒川伊保子氏のベストセラー「女の機嫌の直し方」を原案とした同名映画作品『女の機嫌の直し方』が6月15日(土)より全国順次公開中です。
本作は、結婚式場でアルバイトをする大学生で理系女子(リケジョ)の真島愛(役:早見あかり)が、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを、男女脳の違いを分析した最新のAI研究をもとに次々と解決していく物語。

なぜ女たちは不機嫌になるのか、どうして男たちはわかってくれないのか……男と女の間には理解し難い深い溝があるけれど、お互いの感じ方や伝え方の違いを理解して向き合えば、すべての男女がハッピーになれることを伝えてくれるハートフルコメディです。

今回は、本作の原案「女の機嫌の直し方」の著者・黒川伊保子先生に研究過程を振り返っていただきながら、言葉や男女の研究をどのような想いで進め、どのように解明してきたのか、そして映画『女の機嫌の直し方』を観て感激したことなどたっぷりとお話を伺いました。

―――― まず、研究者としてご活躍されていた先生が執筆やセミナーの形で知見をお伝えしていく側になっていったきっかけを教えていただけますか?

黒川伊保子先生
私の人生が変わった瞬間ですね。私は大体流されて生きているので、人生の転機も流されてたどり着いた感じなんですけど(笑)。
ことの発端は、1991年4月1日に日本語対話型AIを作って、それを全国の原子力発電所で稼働させたこと。大型機のビジネス環境では、世界初の日本語対話となりました。35歳美人女性司書という要請で開発したAIで、女性を感じさせることばや対話の流れを実装させたんです。
コンピュータに言葉を喋らせる、つまりコンピュータに日本語の対話をさせて、その相手に女性だと感じさせていくわけです。原子力発電所の技師の方々に使ってもらったら、文字だけで画像も声もないのに「彼女は美人さんだね」と言われました。それが言葉だけで、ヒトとAIに情緒の交換をさせた最初の一歩でした。
実は、AIの稼働時に私は妊娠5か月で8月には子供を出産したので、自分の子供が言葉を獲得していくシーンも並行して見ていったわけです。
その後、1993年にある新聞社が「人間と言葉」というタイトルの論文を公募したんです。たまたまその公募を見て“言葉と人間なら、私、今書けることがある!だって機械に言葉を喋らせて、その機械に情緒を感じるユーザーの方がいて、しかもちょうど子供が言葉を獲得していく時期だったから、これは書ける!”と思って論文を書いたんです。今でも素晴らしい論文が書けたと思っているんですけど、私の論文は箸にも棒にもかからなくて、最終選考にも残らず、当然選ばれませんでした。賞金が100万円、副賞がハワイ旅行、さらにコンピュータも貰えたりして。名誉欲じゃなくて物欲だったんですけど、世の中そんな簡単じゃないなぁって思ったんです。
そこから3ヶ月くらい経って暮れも押し迫った頃、家の電話が鳴りまして出たんです。すると「京都の鶴見俊輔ですが」と仰る。あの哲学者の鶴見俊輔先生が電話をかけてきてくださったんです。意外にお声が若くて、私は奈良女子大出身で京大生とよく合コンをしたので、合コンした誰かかな?って(笑)。
「僕ね、あの新聞公募の審査員長だったんです」って言うんです。「黒川さんの論文は選ばれなかったけど、あの論文が世の中に埋もれるのはあまりにも忍びない。僕は『思想の科学』という哲学系の雑誌を刊行・主宰しているからそれに出したい。よろしいですか?」と仰っていただいた。当然私には反対する理由もないですから「よろしくお願いします」と答えました。その時、鶴見先生がふと思いついたように「あなたの文章は、必ずあなたを助ける。何があっても一生書き続けなさい」と仰った。「必ず書き続けてください」と重ねて言ってくださったんです。あの瞬間が、私がものを書いて生きていこうと決めた瞬間です。
『思想の科学』に載った論文を筑摩書房の編集者の方が見てくださり、オファーをいただき最初の本が出来ました。またそれを読んだ別の出版社の方がきてくださって…。以来、ずっと本を書かせていただいています。

―――― 先生の作品にも「女性が上司に言われた一言で頑張れる」…みたいな逸話が紹介されていましたが、先生にもまさにそんな一言があったんですね。

黒川伊保子先生
そうですね。思い返してみると人生を変えた瞬間は他にも幾つかありますけど、富士通の中原工場の片隅で開発をしていた普通のエンジニアが、なぜ本を書くようになったかと言えば、そんな事情でした。
ちょっと仕事が途切れた隙間に、賞金につられて書いた論文がきっかけだなんてね。
私が死んだ後、もしNHKの朝ドラの題材に私がなるとしたら、このエピソードは前半のクライマックスですね(笑)。朝ドラっぽい。


関連記事

おすすめ情報

映画ログプラスの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索