60年前世界中で大ヒットした子供映画の傑作がスクリーンに戻ってきた‼

フランスの国民的作家ルイ・ペルゴーの小説「ボタン戦争」を舞台俳優出身の監督イヴ・ロベールが、『禁じられた遊び』のシナリオを書いたフランソワ・ボワイエと共同で脚色した作品。

南フランスの田舎の風景をバックに、軽快なタッチで描かれる子供たちによる争いは、当時のフランス社会を面白おかしく風刺している。日本も含め世界中でヒットし、その後も各国でリメイクが作られるなど人気を博した。中でも愛くるしいキャラクターの”ちびジビュス”の口癖「嫌になっちゃう、来なきゃよかったよ」はフランスではあまりにも有名な流行語となった。そんな不朽の名作が製作から60年の時を経て、デジタルリマスター版となってスクリーンに戻ってきた!出演した100人の子供たちは演技経験の全くない素人だったが、元気あふれる自然な演技に世界中の観客が魅了された。
わんぱく戦争,画像
美しい自然に囲まれた南フランスの片田舎
今日も悪ガキたちが”わんぱくマーチ”に乗って戦争ごっこに明け暮れる…

『わんぱく戦争』予告編映像

あらすじ

南フランスの片田舎。美しい自然の中で、今日も人々は平和な営みを続けている。だが、子供たちの世界は別だった。
彼らは自分たちの秩序をつくり、その中であり余る生命力をぶっつけ合うのだ。となり合った二つの村、ロンジュヴェルヌとヴェルランの子供たちは、いつも睨み合っていた。ロンジュヴェルヌの大将は体の大きい ルブラック。片やヴェルランの首領は ラズテック。戦場は村の境界にある砂地の原っぱ。勝った方が戦利品として相手の服のボタンをむしり取っていた。ある日のルブラックは、戦いに負けてボタンを奪われた挙げ句、家に帰ると親に大目玉を食らってしまった。
今度は何とか無傷で勝ちたい。そこである妙案を思いつくのだった…。

キャスト

アンドレ・トレトン、アントワーヌ・ラルチーグ、ジャン・リシュール、ジャック・デュフィロ

監督

イヴ・ロベール

原作

ルイ・ペルゴー「ボタン戦争」

音楽

ジョゼ・ベルグマン「わんぱくマーチ」

脚色:フランソワ・ボワイエ、イヴ・ロベール 
撮影:アンドレ・バック
製作:イヴ・ロベール、ダニエル・ドロルム
原題:LA GUERRE DES BOUTONS
日本語版字幕:横井和子
提供:ZAZI FILMS and GAUMONT

(1961年(日本初公開:1963年)/フランス/フランス語/モノクロ/ヨーロピアンビスタ/94分)

配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
公式HP:https://wanpaku.united-ent.com/
Ⓒ1962 ZAZI FILMS

公開日:8月6日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次ロードショー!