フランス映画祭は29回目開催

1993年から日本で開催されているフランス映画祭。2018年より横浜に戻り、新たなステージを迎え、今年で29回目となります。本年11月11日(木)〜14日(日)の期間で開催することが決定しました!10月14日(木)に実施された記者会見には、フィリップ・セトン駐日フランス大使、山中竹春横浜市長らが出席し、フランス映画祭2020 横浜の作品ラインアップを発表しました。また、今年のフェスティバル・ミューズに決定した杏さんにも登壇いただきました。
フランス映画祭,画像

大きなスクリーンでフランス映画をお楽しみください!

フランス映画祭,画像

フィリップ・セトン駐日フランス大使
「関係者の皆様の常に変わらぬご支援に感謝しています。今年のミューズは杏さんに引き受けてもらいました。とても素晴らしい女優さんだと思っています。来年は通常通り、来日が可能である様に、映画ファンとの方との触れ合いができますように願っています。」

ユニフランス セルジュ会長(ビデオメッセージ)
「昨年は世界がウィルス感染の脅威にさらされて、フランス映画際は姿を変えました。昨年の映画祭の成功を未導いた皆様に感謝しています。今年こそは日本で皆さんにお会いしたかったですが、その中でも良かったことは映画がこの状況の中で、我々をもっと近づけてくれたことです。大きなスクリーンでフランス映画をお楽しみください。フランスの監督たちも皆様の情熱と信頼に答えたいと、オンラインで皆様との交流を楽しみにしています。」

山中竹春横浜市長
この美しいフランス大使公邸で、皆様にフランス映画祭のラインナップをお披露目することができ、大変光栄です。美しい国フランスは、世界を牽引する文化芸術の国です。南仏カンヌで開催される国際映画祭は、世界で最も有名な映画祭のひとつです。私自身は大学生の時に「ポンヌフの恋人」のアレックス三部作をきっかけに、他のフランス映画も観てきました。フランス映画は他の追随を許さない、一つのジャンルになっていると思います。今回は、秋の横浜にお招きして、フランス映画祭が開催できること、横浜市としてはフランスと日本の友情の証であると考えております。皆様に安心してご鑑賞いただけるよう、ホストシティとして万全の感染症対策を講じ、フランスが誇る映像文化の結晶を、皆様にお届けします。」

日産自動車株式会社
田川 丈二(たがわじょうじ)専務執行役員 チーフサステナビリティオフィサー

「横浜は日産自動車の創業の地でありホームタウンです。今年も地元横浜で、日仏文化交流のお手伝いができますことを大変嬉しく思っています。昨年は日本で初めて、日産リーフを使ったドライブインシアターを開催し、ご参加いただいた方からご好評をいただきました。これは電気自動車だからこそ実現した、環境に優しい取組みです。共にSDGs、カーボンニュートラル達成を目指す皆さんと、今年もこうしたイベントができることを意義深く感じています。」

ユニフランス ダニエラ・エルストナー 代表
「多彩で豊かなフランス映画の中から、今年は11作品を選びました。「ヴォイス・オブ・ラブ」をはじめ、女性の活躍をうかがえる作品をご紹介します。」

フェスティバル・ミューズ杏さんが登場

大きな拍手の中、フェスティバル・ミューズ杏さんが登場しました。「大変光栄です。女優として早10年、こうして国際的な文化芸術の架け橋ということで大役を任されました。来月の映画祭も楽しみにしています。」とにこやかにご挨拶をいただきました。
フランス映画祭,画像
好きなフランス映画について聞かれると、女優では「アヌーク・エーメさんがすごく好き」と明かし、芸術にも興味があるので、好きな作品については画家アメデオ・モディリアーニの伝記映画である「モンパルナスの灯」を挙げた。

また、フランス映画を観ることによる自身への影響について聞かれると「絵がとにかく美しいですよね。空の色、人の表情が絵葉書の様につながっている様に感じる。自分が表現していく上で参考になるな、というように観ています。」と言い、フランス映画へ出演のオファーがあったら?の質問には「その様な話があったら嬉しい。ひとつオーディションをうけた作品もあったが実現しなかったので、チャレンジしてみたい。」と前向きに返答をした。
フランス映画祭,画像
また、フランスという場所に対しての思い出については、「私にとってパリ、フランスは青春そのもの」という杏さん。10代の頃からパリコレ等で活躍していた当時に想いを馳せ、「今のようにスマホもなかった時代なので、地図を持ってアドレスをめくりながらオーディションに行き、英語もフランス語も分からない状態でとにかく飛び込んで、最先端のファッションの現場に行くことができた。」となつかしく語る。そしてその時の経験が「私のどこかで熟成されている。」と、今も大事にしていると語った。

また、今回会場となる横浜の印象については、「とにかく映える街ですよね。「デート〜恋とはどんなものかしら〜」の撮影が全て横浜だったので、朝も昼も夜も綺麗。歴史もあって、美味しいご飯もあって、とても思い出のある場所となっている。」と語りました。
フランス映画祭,画像
最後に、フランスに旅行に行くとしたら、何をしたいか?と問われると、「カフェでお茶をしたり、パンを買ったり、そんなあたりまえのことをしたいなと思います。ミュージアムにも行きたいな。」と大好きな街に想いを馳せました。

フランス映画祭2021 横浜 Festival du film français au Japon 2021 開催概要
◼️期間:11月11日(木)〜11月14日(日)
◼️会場:みなとみらい21地区中心に開催
■主催:ユニフランス
■共催:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、横浜市 ■特別協賛:日産自動車株式会社
公式HP:https://www.unifrance.jp/festival/2021
■フランス映画祭とは
1993 年、当時のユニフランス会長で映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエにより横浜で誕生。2006 年に会場を東京に移し、2011 年より 2016 年まで、有楽町朝日ホール及び TOHO シネマズ日劇で開催。2012 年からは、アンスティチュ・フランセ日本の協力により、地方での開催を実施。各地の映画ファンにも喜ばれるイベントとなった。フランス映画祭を通し、日本国内におけるフランス映画全体の活況を図ること、フランス映画を配給する各社の助けとなること、また、まだ買付のついてないフランス映画、新進の監督や俳優に日本で紹介される機会を作ることがその狙い。加えて、来日するゲストによるマスタークラスを実施し、日本の未来の映画の作り手との繋がりも重要視されている。
第 25 回という節目である 2017 年には、フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーヴが団長として来日。フランスでも人気の高い北野武監督が親善大使を務めた。2018 年に 13 年ぶりに横浜へ場所を移し、過去のフェスティバル・ミューズは常盤貴子さん、中谷美紀さん、米倉涼子さんが就任し、華やかに開催されている。

11月11日(木)〜11月14日(日) 全4日間開催