ホテルオークラで過ごしていたという幼少期のエピソード回想

 俳優の高嶋政伸が17日、フジテレビ系バラエティー『ぽかぽか』(月曜〜金曜、午前11時50分)に生出演。幼少期の仰天エピソードを明かした。

“華麗なる芸能一家”として知られる高島ファミリー。スタジオメンバーを驚かせたのは、幼少期の夏の思い出だった。

 夏休みは、ホテルオークラで長期間過ごすのが恒例だったそう。オークラのプールで遊んでいたところ、丸メガネをかけたまま泳ぐ外国人を興味津々に見つめていた記憶があるという。

 あとで家族に聞くと、なんとビートルズのジョン・レノンだったのだという。また子どもとも一緒に遊んでいたそうで、「今思えばあれはショーン・レノンだったんですね」と、ジョンの次男でミュージシャンのショーンとの交流を振り返っていた。

“高島ファミリー”の仰天エピソードにネット上では「すげー!」「スケールが違う」「初めて聞く、ジョン・レノンの日本でのエピソードだわ」「高嶋政伸面白い」などの声が上がっていた。

※高嶋政伸の「高」の正式表記は、はしごだかENCOUNT編集部