絶滅危惧種の純内燃機関のスポーツ・モデル。BMWの「M」も例外なしか。いまのうちにと、クーペ、セダン、ツーリングの3つのボディ、4台の「M」モデル、M3コンペティション、同ツーリング、M4クーペ・コンペティション、M2クーペに自動車評論家の国沢光宏氏が試乗して、存分に純エンジン車の「駆けぬける歓び」を堪能した。M3コンペティションとツーリングに乗った【前篇】に続いて、今回はM4コンペティションとM2の【後篇】をお送りする。

本当のM3後継モデル

M3&M3ツーリングに続いて乗ったのが、M3本来の後継モデルといって良いM4だ。先代M4の後輪駆動+マニュアル車(450馬力)にじっくり乗る機会があったけれど、存分にスパルタンでしたね。リアシートの広いポルシェ911というイメージ。トラクションコントロールをカットしてクラッチを乱暴にリリースするや、長い長いホイール・スピン! 現行モデルのマニュアル車は480馬力になるけれど、存分に速いと思う。



今回試乗したのはスポーツシートなどが付いている510馬力の4WD、8段ATモデル。基本的にM3と同じなんだろうが、走り出すや一段とハードボイルド。ボディ剛性という点でセダンが有利なのかもしれない。少しばかり路面の継ぎ目を拾った時のお行儀は良くない感じ。ただ「これが正しいMの味だ!」と言われたら、そうかもしれないとも思う。普通の道で眠くならないほどスパルタンだ。



環境問題がかまびすしい中、燃費の悪い純エンジン車は間違いなく絶滅危惧種になった。M3もM4もM2も、いつ受注停止してもおかしくない状況。純エンジン車のポルシェなんか“ほぼ”完売状況だ。というタイミングでのM4はステキだと思う。こういったクルマ、今後は出てこない。最後の純エンジン車を買おうと考えてるなら文句無し! となるとATかマニュアルか迷う?

ジックリ悩みたいM2

そんな人の参考になるのが新型M2である。アーキテクチャー(基本構造)はM4と共通。ホイールベースを詰めただけと言って良いほど。最高出力こそ460馬力/550Nmにダウンするものの、後輪駆動車として考えたら必要にして十分。使い切れないほどのパワーだと思う。何を隠そう私も最後の純エンジン車として悩んでいる(そろそろ結論を出さないと売り切れですね)。



一番の注目点はマニュアル・ミッションだ。今後しばらくハイブリッドやPHVの高性能モデルが出ると思う。されどマニュアル・ミッションと組み合わされることは考えにくい。総合して考えたらM4と並び最後の高性能マニュアル車になりそう。スポーツモデル=マニュアルで乗りたいという人は多いんじゃなかろうか。私もそんな一人です。果たしてどうか?

「買うかどうか目線」でジックリ評価してみた。ポジティブな点と言えばダイレクトなドライビング・フィールである。クルマを操っている感覚をキッチリ味わえます。ただ「凄く楽しいか?」と自分に問うてみたら、ネガティブな面もある。おそらくミッションの容量の問題なんだろう。300馬力+αまでのマニュアルだと、シフトフィールも良いしクイックな操作が可能。

 今回の試乗車の中で唯一のMT車。オート・ブリッピング機能も備わる。パステル・カラーの外装色は「Mザントフォールト・ブルー」。内装はM4試乗車と同形状のバケット・シートが備わり、MTのシフト・レバーとその周辺のパネル配置が多少異なる以外は、M3/M4と基本的に同じ意匠である。


されど500馬力級になると、スパスパと変速できるような容量じゃなくなるのだろう。ギアそのものの慣性重量も大きい。考えて頂きたい。1万馬力に耐えるミッション、重くて大きくなる。それと同じで、M2のミッションは素早い操作は苦手らしい。だからこそ0〜100km/h加速を見るとマニュアル4.3秒の8段AT4.1秒なんだと思う。こうなると大いに悩む。

M2の購入を考えているなら、ぜひマニュアルと8段ATに試乗してから決めて欲しい。徹底的にマニュアル好きの私ながら、M2なら8段ATかなと日和ってしまう。まぁ贅沢な悩みですね。さてさて! M2、M3、M4共にいつ受注終了になったっておかしくない。もし新車で買えなくなったら走行距離の少ない中古車を狙おう! 私ならM2の8段ATかな、と思う。

文=国沢光宏 写真=茂呂幸正

■BMW M4クーペ・コンペティション
駆動方式 エンジン・フロント縦置き4WD
全長×全幅×全高 4805×1885×1395mm
ホイールベース 2855mm
車両重量(車検証) 1790kg(前軸960kg、後軸830kg)
エンジン型式 直噴直列6気筒DOHCツインターボ
排気量 2992cc
トレッド(前/後) 1615/1605mm
最高出力 510ps/6250rpm
最大トルク 650Nm/2750-5500rpm
トランスミッション ZF製8段AT
サスペンション(前) マクファーソン・ストラット/コイル
サスペンション(後) マルチリンク/コイル
ブレーキ(前後) 通気冷却式ディスク
タイヤ(前/後) (前)275/35ZR19、(後)285/30ZR20
車両本体価格(税込み) 1440万円

■M2クーペ
駆動方式 エンジン・フロント縦置き後輪駆動
全長×全幅×全高 4585×1885×1410mm
ホイールベース 2745mm
車両重量(車検証) 1710kg(前軸900g、後軸810kg)
エンジン型式 直噴直列6気筒DOHCツインターボ
排気量 2992cc
トレッド(前/後) 1615/1605mm
最高出力 460ps/6250rpm
最大トルク 550Nm/2650-5870rpm
トランスミッション 6段MT
サスペンション(前) マクファーソン・ストラット/コイル
サスペンション(後) マルチリンク/コイル
ブレーキ(前後) 通気冷却式ディスク
タイヤ(前/後) (前)275/35ZR19、(後)285/30ZR20
車両本体価格(税込み) 972万円

(ENGINE2024年1月号)