DSオートモビルの「DS 3」はエントリー・モデルでありながらも、内外装ともにクラスを超えた高い質感を持つプレミアム・コンパクトSUV。パリをイメージした独創的で洗練されたデザインも大きな魅力だ。

ファッション業界からのインスピレーション

そんなDS 3に設定された特別仕様車の「DS 3 Esprit de Voyage」(DS 3エスプリ・ド・ヴォヤージュ)はファッション業界からのインスピレーションにより生まれた「DSコレクション」シリーズの第2弾。ちなみに、2023年7月発表の「DS 4エスプリ・ド・ヴォヤージュ」と「DS 7エスプリ・ド・ヴォヤージュ」が第1弾となっている。

匠の技を際立たせる

DSコレクションはファッション・ブランドがシーズンごとに新作を発表する「コレクション」から着想を得たもので、フランスのオートクチュールの世界観をDSモデルに落とし込み、DSが採り入れている「サヴォア・フェール」(匠の技)を際立たせているのが特徴。

モデル名のエスプリ・ド・ヴォヤージュは、「感性豊かな旅の精神」を意味する。明るく、華やかさが漂うインテリアにはDSらしくディテールまでこだわり抜かれた特別な意匠を施すことで、持ち前の上質感をさらに高めた。オーナーを旅に誘うおもてなしが随所に配されている。

明るいブルーのナッパレザー

内装は明るいペブルグレーのナッパレザーがシートの各部やダッシュボード、ドアドリムに配されていて、明るく、質感の高い仕立てになっている。また、ダッシュボードとフロント・ドアのサイドステップにはDSコレクション共通の装備となる「DSデザインスタジオ」の拠点があるパリから広がる旅路を表現したエンボス加工が施されている。また、足元の専用フロアマットも上質な仕立てで質感の向上に寄与するなど、細部にまで徹底的にこだわりが貫かれている。

機能面では、フランスのスピーカー・ブランドであるFOCAL(フォーカル)社製の「フォーカル・エレクトラ・サウンド・システム」が備わり、上質な音楽を堪能できるのも美点だ。

ブラック仕立てのディテール

外観も細部にまで抜かりはない。新たに採用された新意匠のフルLEDヘッドライトは3つの長方形モジュールからなり、大胆かつシャープなムードを放っている。また、精悍なフロント・マスクを演出するシャイニーブラックの「DSウイング」やサイド・ウインドモールも見どころだ。足元には彫刻的な美しさが際立つ18インチ・アルミホイールの「KYOTO(キョウト)」が特別装備されている。

さらに、レーザーエッチング加工で施された「Esprit de Voyage」のデザインが与えられた特別加飾のドアミラー・ハウジングが備わるほか、フロント・ドアには「Esprit de Voyage」のバッジを特別に配置している。なお、ボディ・カラーは「クリスタル パール」と「グリ プラチナム」の2色を設定した。

パワーユニットは、1.5リッター直ディーゼル・ターボ・エンジンのブルーHDiで、「EAT8」と呼ぶ8段ATが組み合わされている。最高出力130PS/最大トルク300Nmというアウトプットにより、トルクフルな走りと21.0km/リッター(WLTCモード)という低燃費が美点で、環境性能割およびエコカー減税の対象になる。

DS 3エスプリ・ド・ヴォヤージュ・ブルーHDiの価格は504万円となっている。

文=塚田勝弘

(ENGINE WEBオリジナル)