プルプル抹茶わらび餅とモチモチ白玉がたまらん!京都のあの老舗茶舗が手がける贅沢抹茶スイーツに夢中♪

老舗茶舗のこだわりを感じる!京都ならではの抹茶スイーツ/日比谷 林屋新兵衛


林屋新兵衛 あんみつアップ


こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは「日比谷 林屋新兵衛」。
宝歴3(1753)年創業、京都・三条に本店を構えるお茶専門店「京はやしや」が手掛けるカフェ併設店舗です。東京ミッドタウン日比谷の開業に合わせて、同施設の2階にオープンしました。



林屋新兵衛 オープンキッチン


お店でまず目を引くのが、京はやしや系列で唯一となるオープンキッチン。キッチンを囲むように配されたカウンター席では、職人さんがデザートをカットしたり、急須からお茶を注いだりする様子を間近で見ることができます。



林屋新兵衛 店内


奥にはテーブル席も完備。木の温もり感じる落ち着いた雰囲気の中、ゆっくりと抹茶スイーツを味わえますよ。




抹茶好きをトリコにするメニューが充実!


林屋新兵衛 メニュー1


同店のスイーツメニューで人気なのが、抹茶の美味しさを何層にも重ねた同店限定の「濃茶パフェ」(1,620円)と、つるんとした喉越しと抹茶の風味が楽しめる「抹茶わらび餅あんみつ」(1,242円)の2種類。

いずれも京都産の高品質な宇治抹茶のみを使用した、至極の一品です。



林屋新兵衛 メニュー2


パフェやあんみつの他に、「抹茶ロールケーキ」(ケーキセット/1,404円)や「抹茶わらび餅と抹茶葛ねり」(和菓子セット/1,404円)といった、抹茶好きにはたまらないメニューも充実。魅力的な抹茶スイーツばかりで、どれにしようか迷っちゃいますね。



林屋新兵衛 濃茶パフェ 寒天入れる


今回は特別に、人気の「濃茶パフェ」を作る様子を見せていただきました。

まずは寒天と抹茶ゼリーを専用のグラスに入れていきます。



林屋新兵衛 濃茶パフェ 生クリーム絞る


パイナップルとミルクパンナコッタをのせたら、その上に抹茶の生クリームを絞っていきます。



林屋新兵衛 濃茶パフェ トッピング


その後、器の中心に小豆をのせ、白玉や抹茶ゼリー、抹茶のスポンジ生地をバランスよくのせていきます。



林屋新兵衛 濃茶パフェ アイス2つ重ね


最後に、自家製の抹茶アイスを2つ重ね、栗の甘露煮と丸い形をした最中をのせて完成です。自家製の白玉やアイスをたっぷり使った抹茶尽くしのパフェは、見ているだけで幸せな気持ちになりますね♡




自家製にこだわった贅沢な抹茶パフェに舌鼓!


林屋新兵衛「濃茶パフェ」(1,620円)


いよいよやってきました!こちらが人気の林屋新兵衛限定「濃茶パフェ」(1,620円)。自家製の抹茶アイスや抹茶ゼリーなど、鮮やかなグリーンが映える美しい見た目が印象的です。



林屋新兵衛「濃茶パフェ」アップ


自家製の抹茶アイスには、ほろ苦さと甘みのバランスがとれた最適な宇治抹茶を使用しているのだそう。抹茶の豊かな風味と濃厚な味わいがたまりません。



林屋新兵衛「濃茶パフェ」アイスアップ


スポンジ生地や抹茶ゼリーには、アイスとはまた渋みの異なる抹茶を使用しているとのこと。抹茶ゼリーなどと一緒に食べ進めるうちに、だんだんとさっぱりとした味わいに変化していきます。それぞれの層が絶妙に重なりあっていることで、抹茶本来の美味しさが引き立ち、存分に堪能することができます。



林屋新兵衛「濃茶パフェ」下から


素材一つ一つの食感や味が違うので、一緒に食べるといろんな味わいが楽しめますよ。濃厚ながら上品な風味に、舌の肥えたオトナ女子も満足すること間違いなしです。



林屋新兵衛「古都の庭園パフェ」(1,566円)

▲画像提供:京はやしや


宇治抹茶と自家製マスカルポーネクリームでティラミス風に仕上げた同店限定「古都の庭園パフェ」(1,566円)もオススメ。イチゴフレークや黒豆の甘露煮などをあしらい、京都の庭園をイメージした見た目も鮮やかな一品です。

ちなみにパフェメニューは、新作も登場予定。フルーツの旬の時期によって限定パフェが登場するので、いつ行っても飽きることなく楽しめるのがうれしいですね。




定番の「あんみつ」や「生チョコレートケーキ」も外せない!


林屋新兵衛「抹茶わらび餅あんみつ」


他にも食べていただきたいのが、定番メニューの「抹茶わらび餅あんみつ」。北海道産の小豆を使ったあんこに自家製の抹茶わらび餅などをあわせた贅沢な一品です。



林屋新兵衛 白玉アップ


そのままでも十分に美味しいのですが、別添えの黒蜜をかけると、さらにコクが増すのでオススメ。黒蜜の濃厚なコクと抹茶のほろ苦さが絶妙なハーモニーを奏でます。はじめは何もつけずにいただいて、途中からは黒蜜をかけて味の変化を楽しんでみるのもアリですよ。



林屋新兵衛 白玉アップ


わらび餅や抹茶ゼリーのとぅるんとした喉越しは、モチモチとした白玉とも相性バツグン。抹茶本来の上品な美味しさを存分に楽しめるので、ぜひ食べてみて。



林屋新兵衛「生チョコレートケーキ」


より濃厚な味わいを楽しみたい方には「生チョコレートケーキ」(ケーキセット/1,404円)がイチオシ。抹茶とクーベルチュールのホワイトチョコを合わせた、重厚感のある大人のケーキです。

ちなみにケーキセットにすると、11種類のお茶の中から好きな種類を1つ選ぶことができます。取材時は、渋みと旨味のバランスがとれた「煎茶(左近の桜)」を選んでみました。




生チョコレートケーキは、舌に絡みつくようなねっとり感とホワイトチョコの上品な甘さがたまりません。別添えの抹茶アイスをつけると、濃厚ながらまろやかな味わいを堪能できますよ。





フレッシュなイチゴをあわせれば、爽やかな風味が増してさらに美味しさ◎。イチゴの程よい酸味がケーキの上品な甘さを一層引き立ててくれます。

イチゴと抹茶アイス、そして生チョコレートケーキとの絶妙なハーモニーを楽しんでくださいね♪
※添えられるフルーツは季節によって変わります




夏の風物詩「かき氷」や手土産商品にも注目!


林屋新兵衛「宇治氷」

▲画像提供:京はやしや


宇治抹茶をたっぷり使った、老舗お茶屋ならではのかき氷もお見逃しなく。

上質な宇治抹茶の蜜を使った「宇治氷」(1,350円/9月下旬頃まで提供)は、薄く削った氷の中に、抹茶アイスと粒あんを忍ばせた一品。さわやかな香りとすっきりとした味わいで、暑くなるこの時期に、グッと人気が出てくるのだそう。



林屋新兵衛 抹茶葛ねり

▲画像提供:京はやしや


ねっとりなめらか食感の「抹茶葛ねり」(390円)は、テイクアウトとしても大人気。高級宇治抹茶「松の齢(まつのよわい)」を使用し、そこに純生クリームや和三盆をブレンドしたこだわりの一品です。

良質な素材のみを使用した究極の一品は、他にはない唯一無二の味わい。自分用に、または家族や友人への手土産にすれば喜ばれそうですね。




まとめ


林屋新兵衛 スイーツ集合


老舗茶舗のこだわりが凝縮した抹茶スイーツはいかがでしたか?

連日混み合う同店ですが、曜日に限らず開店直後や19時以降は、比較的入りやすいそう。老舗お茶屋の上品な雰囲気に囲まれて抹茶スイーツを堪能すれば、お腹も心も満たされること間違いなしです。


日比谷 林屋新兵衛

住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷2F
電話番号:03-6550-8727
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:施設に準ずる
最寄駅:日比谷





はなとも

◆取材・執筆/はなとも

スイーツコンシェルジュ・スイーツライター。
スイーツをこよなく愛するスイーツ男子。食べ歩きが趣味で、1日に5〜6軒を食べ歩ける鉄の胃袋を持ち、何時間でも並べる気力と根性が最大の武器!



※2019年6月17日時点の情報です。メニューや価格等は、現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※価格はすべて税込です。



こちらの特集もチェック!

>>>おしゃれでリーズナブル!満足度◎の女子会に使えるおすすめのお店

>>>東京周辺のおいしくてコスパ抜群な食べ放題があるお店をご紹介!東京食べ放題特集


関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索