トゥルントゥルンすぎ!この夏食べたい冷た〜い“生”わらび餅♪「甘味処 甘寛」で食べられるよ〜

手作りにこだわった新食感の生わらび餅が楽しめる!/甘味処 甘寛


甘味処 甘寛 生わらび餅


こんにちは!スイーツコンシェルジュの「はなとも」です。

今回ご紹介するのは、下北沢にある甘味カフェ「甘味処 甘寛(あまひろ)」。数年前、惜しまれつつ閉店した「ぎおん徳屋 原宿店」の店長・青山真浩氏が2019年2月にオープンした、今話題のお店です。



甘味処 甘寛 行燈


お店は、下北沢駅から徒歩約5分。東通りにあるビルの2階にあります。店名の入ったレトロな行灯が目印です。



甘味処 甘寛 内観


大正時代の喫茶店をイメージしたという店内は、シックなテーブルやイスが並ぶ落ち着いた空間。ステンドグラスに板張りの床が、和モダンな雰囲気を醸し出しています。レトロかわいい、非日常的な空間に、友達とのおしゃべりもついつい盛り上がりそう♪


甘味処 甘寛 メニュー


こちらが同店の甘味メニュー。

お目当ては、来店した人の多くが注文する「生わらびもち」(1,080円)。注文後に練り上げるわらび餅に、自家製の黒蜜ときな粉をかけていただく至福の一品なんです。

他にも甘味処の定番「あんみつ」(850円)や、自分でお餅を焼いて楽しめる「甘寛セット」(1,100円)などがメニューに並びます。



わらび餅の概念が覆る!圧倒的なみずみずしさと“とぅるる〜ん”食感に感動!


甘味処 甘寛 生わらび餅


こちらが楽しみにしていた「生わらびもち」(1,080円)。上質な国産本わらび粉と和三盆を丹念に練り上げた、こだわりの一品です。 別添えには、自家製の黒蜜と花の型をあしらったきな粉が用意されています。



甘味処 甘寛 生わらびもち


従来のわらび餅は、練り上げた後に時間をおいて冷やすそうですが、同店では、その工程を省き、アツアツのわらび餅を冷水ですぐに締め、そのまま提供しているのだそう。そうすることで、弾力を残しつつ、柔らかくとろけるような食感を楽しめるのだとか。

湿度や、わらび粉の状態によって、練り上げた時の重みや弾力が違ってくるため、作るたびに水分量などを調節し、常に同じ柔らかさを出すようにしているとのこと。まさに職人の成せる技です。



甘味処 甘寛 生わらびもち


そんな手間暇かけて作る「生わらびもち」は、箸でつまむと、つきたての餅のように、柔らかく伸びるのが特徴。箸で持ち続けるのも難しいくらいの柔らかさなので、ぷるぷるを通り越して、もう“とぅるる〜ん”と表現させてもらいます。

まずはひとくち、何も付けずにそのままの味わいを楽しんでみてください。国産本わらび粉ならではの柔らかさと粘り、風味や食感が、もうたまりませんっ!



甘味処 甘寛 生わらびもち


次に、きな粉や自家製の黒蜜を絡めていただきます。質にこだわったきな粉の香ばしさと、自家製黒蜜のコクが、トゥルトゥルなわらび餅を引き立てます。つるんとしたのどごしも心地良く、これはもはや飲み物と言ってもいいくらい!

ひんやりとぅるる〜ん食感のわらび餅は、一度食べるとヤミツキになること間違いなし!この夏食べるべきひんやりスイーツです。



自家製蜜でいただく「かき氷」や餅を焼いて楽しめる「甘寛セット」もオススメ!


甘味処 甘寛 番茶レモンティー


他にも食べていただきたいのが、筆者オススメのかき氷「番茶レモンティー」(900円)。氷の上に削った茶葉を振りかけ、周りにスライスのレモンを合わせた、同店オリジナルのユニークなかき氷です。



甘味処 甘寛 番茶レモンティー


濃いめの番茶に砂糖を合わせた自家製シロップを掛けていただきます。はちみつ漬けにしたレモンのさわやかさと、鼻から抜ける番茶の香ばしさがたまりません。中層には、レモン風味のはちみつが入っているので、食べ進めるうちに、だんだんとレモンティーの味わいに変化していきます!甘さ控えめでさっぱりとしているため、夏の暑い時期にはピッタリです。



甘味処 甘寛 甘寛セット


続いて、自分で餅を焼いて楽しめる「甘寛セット」(1,100円)。

卓上にあるコンロで餅を焼き、きな粉やしょうゆとのり、シソの実など好きなように合わせられる、和スイーツ好きにはたまらない一品です。ちなみにこちらは、ぜんざい、又はおしるこのどちらかを選ぶことができます。今回はぜんざいをチョイスしました。



甘味処 甘寛 甘寛セット餅


焼きたての餅はとっても柔らかく、ビヨ〜ンと伸びます!自分で焼くスタイルがとっても楽しい!お餅は6個あるので、こちらは友達とシェアしてトッピング変えながら、自分たちの“ベストオブ餅のお供”を見つけてみて。


まとめ


甘味処 甘寛「生わらびもち」


連日行列ができる同店ですが、平日なら開店直後、土日祝なら18時以降が比較的空いているので狙い目ですよ。人気の「生わらびもち」は、夕方頃に完売してしまう日もあるそうなので、時間に余裕を持って足を運んでくださいね。

今度の休日は、和スイーツ好きな友達を誘って、こだわりの素材で作る贅沢な甘味を食べに、おでかけしませんか?



甘味処 甘寛
住所:東京都世田谷区北沢2-9-24 博雅ビル2F
電話番号:03-6804-9287
営業時間:12:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日:月曜
最寄駅:下北沢





はなとも

◆取材・執筆/はなとも

スイーツコンシェルジュ・スイーツライター。
スイーツをこよなく愛するスイーツ男子。食べ歩きが趣味で、1日に5〜6軒を食べ歩ける鉄の胃袋を持ち、何時間でも並べる気力と根性が最大の武器!




※2019年7月22日時点の情報です。メニューや価格等は現在と異なる場合がありますので、事前にご連絡ください。
※価格はすべて税込みです。


こちらの特集もチェック!

>>>おしゃれでリーズナブル!満足度◎の女子会に使えるおすすめのお店

>>>東京周辺のおいしくてコスパ抜群な食べ放題があるお店をご紹介!東京食べ放題特集


関連記事

レッツエンジョイ東京の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索