1年を通して手に入る「キャベツ」。なかでも11月〜3月頃に出回る冬キャベツは、葉1枚1枚がしっかりしていて煮崩れしにくく、加熱すると甘みが増し、スープなどの煮込み料理にピッタリです。実はキャベツはビタミンや食物繊維が豊富で、積極的に摂りたい野菜のひとつ。スープにすれば、流れ出た栄養もすべて飲み干せるので、しっかりと栄養を摂取できますよ。


出典:E・レシピ「キャベタマスープ」


キャベツのスープは味つけや合わせる具材次第で、アレンジ無限大です。そこで今回は、キャベツを使ったスープのレシピ【20選】をご紹介します。

■10分以内で作れる、簡単スープレシピ6選
・シンプル野菜のトロミスープ

出典:E・レシピ「シンプル野菜のトロミスープ」


キャベツ、玉ネギ、ニンジンなどの具材をオリーブオイルで炒めて煮るだけ! 特別な調味料は使わず、野菜の甘みたっぷりのやさしい味わいなので、食べ過ぎた日の翌日や食欲のない朝におすすめです。



・キャベツとトマトのスープ

出典:E・レシピ「キャベツとトマトのスープ」


キャベツとフレッシュトマトを使った、ほんのりショウガを効かせた一品。トマトの酸味がキャベツの甘みを引き立ててくれます。寒い時期にピッタリです。



・簡単中華スープ

出典:E・レシピ「簡単中華スープ」


こちらの中華スープはキャベツやニンジンなどの具材をせん切りにしているため、火の通りが早く、忙しい朝でもパパッと作れますよ。最後にゴマ油をたらすことで、風味豊かな仕上がりに。



・キャベタマスープ

出典:E・レシピ「キャベタマスープ」


キャベツの甘みとベーコンの旨味がマッチし、大人から子どもまで大好きな味わいのスープです。キャベツとベーコンをバターで炒めることで、コクもアップ! 溶き卵をゆっくり少しずつ回し入れると、ふわふわに仕上がります。



・キャベツのみそ汁

出典:E・レシピ「キャベツのみそ汁」


キャベツを芯ごと千切りにし、余すことなく使える節約レシピ。キャベツの芯は葉の部分よりも食物繊維が豊富で、腸活にも役立ちます。キャベツのやさしい甘みが感じられて、美味しいです。



・アサリとキャベツのスープ

出典:E・レシピ「アサリとキャベツのスープ」


アサリの旨味を生かし、だし汁不要で簡単に作れます。アサリは殻ごと使用することで、旨味と香りが増し、見た目も豪華に! アサリの出汁がしみ込んだキャベツは、甘みが際立ち絶品です。



■食事代わりになる、具だくさんスープレシピ5選
・ポトフ風スープ

出典:E・レシピ「ポトフ風スープ」


寒い日は身体を温めてくれるポトフ風スープはいかがですか? 大きめにカットしたゴロゴロ野菜とソーセージ入りで、ボリューミーかつ栄養満点! 野菜やソーセージから旨味がたっぷり出るため、シンプルな味つけでも美味です。



・キャベツのトロトロスープ煮

出典:E・レシピ「キャベツのトロトロスープ煮」


キャベツはじっくり煮込むと甘みが増し、硬い芯の部分も柔らかくなります。キャベツ半玉を使っていますが、クタクタになって、かさが減るため、たくさん食べられますよ。



・とろ〜り春雨スープ

出典:E・レシピ「とろ〜り春雨スープ」


キャベツ、モヤシ、春雨…節約食材を使ったボリューム満点の一品。とろみがあって冷めにくく、ほんのりショウガが効いているのがポイントです。食べ進めると、身体の芯からポカポカに。ダイエット中の主食代わりにもなります。



・キャベツの巣ごもりスープ

出典:E・レシピ「キャベツの巣ごもりスープ」


キャベツと玉ネギの甘みが詰まったスープに、卵を落としてボリュームアップ! 半熟卵がとろ〜んと溶けて、食欲をそそります。ボリューム満点で朝食にも最適です。



・野菜たっぷり! ミネストローネ

出典:E・レシピ「野菜たっぷり! ミネストローネ」


キャベツ、玉ネギ、ニンジンなどの野菜がゴロゴロと入ったミネストローネです。野菜やベーコンをじっくり煮込むため、スープに旨味が凝縮! 朝ごはんや忙しいときの食事にピッタリです。



■子どもが喜ぶスープレシピ4選
・キャベツとソーセージのスープ

出典:E・レシピ「キャベツとソーセージのスープ」


子どもが大好きなコンソメソープに、キャベツと相性抜群なソーセージを入れれば、野菜嫌いな子でもパクパク食べてくれますよ。具材に冷蔵庫の残り野菜をプラスしても◎。どんな野菜も美味しく食べられます。



・キャベツのポタージュ

出典:E・レシピ「キャベツのポタージュ」


キャベツが苦手な子どもも、ポタージュにすれば見た目や食感が気になりません。ジャガイモを組み合わせることで、トロッと濃厚な味わいに仕上がり、食べ応えも十分です。



・カレー風味のチキンスープ

出典:E・レシピ「カレー風味のチキンスープ」


いつものコンソメスープにカレー粉を加えれば、手軽にカレー風味のスープが完成。キャベツや玉ネギの甘みがカレー味によく合います。鶏肉の旨味もアクセントに。お好みの野菜をプラスするのもいいでしょう。辛さはカレー粉の量で調整してくださいね。



・キャベツのミルクスープ

出典:E・レシピ「キャベツのミルクスープ」


炒めたキャベツとベーコンの旨味を堪能できるミルクスープです。水は使用せず、牛乳のみで作っているため、濃厚な味わいに。カルシウムたっぷりなのも魅力です。少ない材料で作れて助かります。



■新感覚! アレンジスープレシピ5選
・トマトとキャベツのエスニックスープ

出典:E・レシピ「トマトとキャベツのエスニックスープ」


隠し味にナンプラーを使って、エスニック風に。ナンプラーと豚肉のエキスにより、少ない調味料で味が決まります。ボリュームアップしたい場合は、フォーなどの麺類をプラスするのも良さそうです。



・和風ポテトポタージュ

出典:E・レシピ「和風ポテトポタージュ」


キャベツを使ったポタージュですが、白みそとユズコショウを使って、和テイストに仕上げます。白みその甘みとコク、ユズコショウのピリッとした辛みのコラボがたまりません。ぜひお試しを!



・キャベツとニラのスープ

出典:E・レシピ「キャベツとニラのスープ」


キャベツとニラを使った中華スープです。市販の白だしをベースに牛乳を加えれば、あっさりまろやかな白濁スープに大変身! 意外な組み合わせが相性抜群です。仕上げにゴマ油やすりゴマをかけるので、香りも◎。



・焼きキャベツのスープ

出典:E・レシピ「焼きキャベツのスープ」


キャベツ4分の1個を丸ごと使い、インパクト大! キャベツは焼くことで甘みが増し、断面につけた焦げ目が旨味や香ばしさに変わります。しっかりと焦げ目をつけるためには、フライパンの底に押しつけるように焼きましょう。



・鶏と春雨の酸味スープ

出典:E・レシピ「鶏と春雨の酸味スープ」


キャベツ、鶏肉、卵を使ったサンラータン風のスープです。酸っぱさと辛さが後を引く美味しさで、身体がポカポカに温まります。鶏肉にしっかりと下味をつけておくことで旨味がアップ。春雨をたっぷり入れれば食べ応えのある一杯に。



今回ご紹介した、和洋中さまざまな味つけのレシピから、ぜひお気に入りのキャベツスープを探してみてくださいね。アツアツのスープで身体を温めて、寒い冬を乗り越えましょう。



(川原あやか)