「シュトレン」はクリスマスを待つ4週間のアドヴェント期間に薄く切っていただくドイツの伝統菓子。

バターたっぷりの生地にドライフルーツとナッツが入った満足感の高い焼き菓子で、スパイスとラム酒の香りが冬の気候とよく合い、コーヒーや紅茶のお茶請けにもピッタリです。
・まず手に入りやすい材料で
今回は手に入りやすい材料で作るシンプルなレシピをご紹介します。ラム酒漬けレーズンとアーモンドをたっぷりと混ぜ込んだリッチなシュトーレンです。溶かしバターやレーズンに染み込んだラム酒が生地にゆっくりと混じり合いながら馴染んでいくので、完成してから1週間は冷蔵庫に置いておきましょう。

・好みでドライフルーツを加えても
ドライフルーツはラム酒漬けレーズンだけでも美味しいですが、オレンジピールやクランベリーを合わせても美味しいです。(ラム酒漬けレーズン90g・オレンジピール20g・ドライクランベリー10g)また、スパイスはシナモンパウダーにカルダモンやナツメグパウダーを合わせるとより風味豊かに仕上がります。この季節に製菓店でよく見かける「ミックススパイス」を使うのも便利です。

© Dariia Belkina- stock.adobe.com



お店や料理教室では中心に栗の渋皮煮やマジパンを包んでいます。渋皮煮の煮汁も生地に馴染んでより贅沢な風味を味わえます。

■「レーズンとアーモンドたっぷりのシンプルシュトレン」調理時間3時間(1週間寝かせる時間は除く)

レシピ制作 保田美幸


【材 料】
<前種>
 準強力粉…50g

※準強力粉はリスドォル等のフランスパン専用粉ですが、手に入りにくい場合は強力粉と薄力粉を「強力粉:薄力粉=8:2」に置き換えて作ります。その場合の分量はページ最下部のレシピをご参照ください。


 きび砂糖…小さじ1
 牛乳…65g
 インスタントドライイースト…3g

<生地>
 無塩バター…70g
 塩…2g
 きび砂糖…30g
 卵黄…1個分
 アーモンドパウダー…50g
 シナモンパウダー…2〜5g
 準強力粉…150g
 ラム酒漬けレーズン…120g
 アーモンド…30g

無塩バター…70g
粉砂糖…適量

【準 備】
・<前種>の牛乳を人肌程度に温めてボウルに入れ、きび砂糖とインスタントドライイーストを加えて泡立て器で混ぜて溶かし、準強力粉50gを加えて30秒よく練り混ぜる。ラップをかけて温かいところに置き、ひとまわり大きくなるまで45分置く。
・<生地>の無塩バター70gを常温に戻しておく。
・ラム酒漬けレーズンは水気をきる。
・アーモンドは粗く刻んでおく。



【作り方】
1、大きめのボウルに<生地>の無塩バターと塩を入れて泡立て器で混ぜ、砂糖を加えて全体が白っぽくなるまでよく混ぜる。

2、(1)に卵黄を混ぜ合わせ、アーモンドパウダーとシナモンパウダーを加えてさらに混ぜる。

3、(2)に準強力粉150gを加え、ヘラで切るように混ぜてそぼろ状にする。

4、(3)に<前種>を加え、ヘラで切るように8割程度合わせる。

5、(4)にラム酒漬けレーズンとアーモンドを加え、手でまとめる。捏ねすぎないようにする。

6、生地を楕円形に伸ばし、端を少しずらして二つ折りに成形する。オーブンシートを敷いた天板に移し、ビニール袋等をかぶせて1時間置く。

7、予熱をしていない170℃にセットしたオーブンで20分焼く。いったん取り出してレーズンの焦げを防ぐためアルミホイルをかぶせ、さらに15分焼く。

8、無塩バター70gを湯せんでとかし、刷毛で(7)全体にぬる。

9、シュトレンが入る大きさの容器の底に粉砂糖を振り、(8)を置き、粉砂糖を全体にたっぷりとかける。冷蔵庫で1週間以上置き、薄くスライスしていただく。
※焼いた当日は崩れやすいですが、寝かせると馴染んでしっとりとおちついてきます。

クリスマスが近くなるとあちらこちらのケーキ屋やパン屋で見かけるシュトレン。今年は手作りしてみてはいかがでしょうか?

【準強力粉が手に入らない場合】
「強力粉:薄力粉=8:2」の配分で置き換えます。※粉以外の分量は上記と同じです。
<前種>
 強力粉…40g
 薄力粉…10g 
 きび砂糖…小さじ1
 牛乳…65g
 インスタントドライイースト…3g
<生地>
 無塩バター…70g
 塩…2g
 きび砂糖…30g
 卵黄…1個分
 アーモンドパウダー…50g
 シナモンパウダー…2〜5g
  強力粉…120g
 薄力粉…30g 
 ラム酒漬けレーズン…120g
 アーモンド…30g

無塩バター…70g
粉砂糖…適量




(保田 美幸)